Skip to main content

Posts

NY shutdown-NYが閉まった日

NY shutdown -NYが閉まった日


世界的に、コロナヴァイラスが大流行している。NYでは、3/4に10人ぐらいが感染していると発表があった後、瞬く間に7000人を超える大流行となった(3/21現在)。中国からイタリアへと大流行しているのを受け、3/11の水曜日、トランプ大統領が、13日の金曜日から、ヨーロッパからの飛行機を制限すると発表した。3月末にポルトガル行きを予定していた私は、ヨーロッパ行けなくなるかも、と、能天気に考えていたが、そこからの下落が早かった。



3/13金曜日、沢山の観光客で賑わうチェルシーマーケットが閉まった。500人以上のショーが中止になったと思ったら、10人以上の集まりも禁止され、15日日曜日までにNYのレストラン、バーがシャットダウン警告を出され、17日火曜日までにテイクアウトとデリバリーのみになった。コスメティックブランドのセフォラは全店閉鎖、リテイルストアも閉鎖、空いているのはスーパーマーケット、銀行辺りで、NYは完全に真っ暗である。
オフィスも閉鎖され、自宅勤務にシフト。ホスピタル業、サービス業、人と人が会う仕事は全てアウト。メトロポリタンオペラは全員クビ、フェスティバルやショーは全てが延期かキャンセル、地下鉄も殆ど人がいなく、マスク、手袋をして、お互い6フィート以上離れるソーシャル・ディスタンスをとる事を推奨している。「家で待機」が合言葉で、必要な外出以外はダメ、と言う状況である。

NY地下鉄


コロナセルツアーの買い溜め

私は、突然降ってきたバケーションと取り、友達の家に行ったり、ビーチに行ったり、滝を見に行ったり、毎日気を紛らわそうとしているが、仕事がない事や、家に篭りっきりは本当に辛い。スーパーに行くと、トイレットペーパーが売り切れていたり、冷凍食品、缶詰、パスタ辺りが全くなかったり、みんなの不安も感じる。13日の金曜日に、日本から来たミュージシャンと一緒に共演する予定だったのだが、そのショーもキャンセル、そし彼らは今、何もないオースティンにいる。本体なら、一番人が多い時期のオースティン。SXSWが中止になった今、NYと同じようにゴーストダウンらしい。




ビーチへ

私は、3月の頭にオースティンに行って、ピーランダーZと、たこ焼きイベントをしてきたばかりだったが、NYの窮屈さと、アメリカで一番感染者の多さもあり、少しNYを離れ、オーステ…
Recent posts

Honey’s tuesday vol.37 - 3 year anniversary march 10th 2020 レポート

Honey’s tuesday vol.37 - 3 year anniversary march 10th 2020 レポート
Honey’s Tuesday 3 year Anniversary —Ceremony—
Visual work by Aki, Yurihyang, Carmen, Semi, Dropout, Ume and AriiClothing by neutral labLive music by Minami and ChuyaDJ by Joe Kobayashi
Takoyaki by Yoko nipsStuffed Roti Mataba by Mony (Little Tiffin)Three colored bowl by Kumiko3 year anniversary cocktail by Honey’s 









3年前に始まった月一たこ焼きイベント、ハニーズ・チューズデーは3周年を迎えました。今月の第二火曜日は3/10で、記念イベントとして、クリエイター達の創作ヴィジュアルワーク、「セレモニー」を開催しました。
neutral labの洋服を着たモデルさんが、太鼓の音に合わせて、巫女イメージで登場します。鏡と木の枝を交換し、おはらいし、ヴィジュアルがモデルさんの真っ白な洋服にあてられます。ヴィジュアルは少しずつ変形していくパターンで、着ている洋服がキャンバスになり、立体的に映ります。様々な色とスポットライトが、ヴィジュアルやモデルを引き立て、環境音楽、太鼓と鈴の音、清らかな出立と動きが一つになり、心が浄化されるようでした。ヴィジュアルワークを担当してくれた、あきちゃん、シロちゃん、マイク、シャロンの作品が一つになり、洋服と音楽のコラボ。チームのアイディアと作品で、3周年にふさわしいセレモニーとなりました。
セレモニーのテーマは“neutral lab 中庸/本来の自分への帰還“心地よく やさしい気持ちで ありのままに
古人たちが当たり前のように使っていた、目に見えないものを見ようとする力、本能、直感を呼び起こす儀式 日本神話「古事記」より、天照大御神を祈祷主とし、式を構成しました
温暖化、コロナウイルス、政治経済、日々不安に感じる情報が飛び交う中、日本では東日本大震災3/11/2011 より9周年でもありました 世の中全てのみなさまの心身…

SPRING/BREAK Art Show (ミッドタウン)

SPRING/BREAK Art Show (ミッドタウン)




スプリング/ブレークアートショーに行ってきた。NYで、年に一回行われるアート展示会で、NYの十分に使われていない、変則的、歴史的なビルを使って開催される。そこに展示スペースを稼働させ、典型的な、アートマーケットの伝統的な文化景色の挑戦だけでなく、アーモリー週間中に行なわれる。
過去には、セント・パトリック学校、郵便局、コンデネストビル、UNプラザなど、NYのランドマークの場所で行われた。独立したキュレーター達が、アートマーケットのボーダーを超えた、インスタレーション、パフォーマンス、インターアクティブ、ビデオ作品など斬新な展示会を開催している。駆け出し、中堅アーティストが参加し、値段を抑えた展示会スペース、入場料で、幅の広いオーディエンスに開かれている。








今年は9回目、3/3-3/9で、in excess(超過)と言うテーマで、ミッドタウンのオフィスビルの10、11Fで行われた。in excessと言う事で、かなりやり過ぎな展示が多く(良い意味で)、ここまでやるか、と思う同時に、見る価値のあるものが多く、全部を見て周るのは一日中かかるほどだった。全ての展示にアーティストが駐在していて、何でも質問に答えてくれる。ブッシュウィックやグリーンポイント・オープンスタジオみたいだが、レベルは高い。私が好きだったのは、ラクロアのケースや色んなものが乗ったカップケーキなどのtoo muchアートを作っていたハンナ、朝のある一ページを切り取り、トイレットペーパー、歯ブラシ、コーヒーカップなどが動く展示、動物の形をしたピンクのペーパーが所狭しと散りばめられた部屋、など、ピンクや動物などが目を引いた。



























10Fにはオープンスペースがあり、飲み物、グッズなどが売られていた。最近の流行はハードセルツァー。アルコール入りのソーダなのだが、日本で言うとチューハイの缶?のようなもの。飲みやすいので、すぐに酔っ払ってしまう危険な飲み物である。




目が疲れるほど、アートを見た後も、またアートショーに行ったのだが、NYは本当にアーティストが多いし、うわーと思わせるアートも沢山ある。アイディアの宝庫で、インスパイアを受けた。
SPRING/BREAK Art Show 
March 3 - 9, 2020625 MADISON AVENUEBUY TICKE…