Skip to main content

Posts

NY 2020 ホリディシーズン 

NY 2020 ホリディシーズン  NYは、サンクスギヴィングが近づき、ホリデイモードのはずが、コロナヴァイルスのスパイクで、今年は実家に帰らない人も沢山。ホリディマーケットもなし、イベントもなしで、うきうきモードも特にない。レストランは、9/30から、25%のキャパで、ようやくインサイドダイニングが始まったと思ったら、スパイクのせいで、11/13(13日の金曜日)から、 夜の10時 以降は、アルコールを提供してはダメ(テイクアウトはそれ以後も大丈夫)、というクオモ知事の命令がでた。なので、 10時に なると、みんな家に帰らなければならない。今までショーの後、 12時頃 からご飯を食べに行っていた、お気に入りのレストランにも行くことがなくなった。レストランは、インサイドは、25%なので、入れない人は外でご飯を食べることになる、外にヒーターをつけたとしても寒いのだが。レストラン毎に、いろんな知恵を絞り、お客さんに来てもらう努力をしている。アウトサイドのパテオの上に電気のヒーターをつけ、周りをビニールで囲み、バーサイドだけオープンにする、これが一般的。中には、バックヤードに、かまくらドームを作ったり、コタツを外に置いたり、ホットポット(鍋)をはじめたり。ショーがないので、友達に会う所は、レストランかバー、もしくは家になるので、どこのレストランに外にヒーターがあって、インサイドダイニングがあって、などという情報が重要になってくる。毎日天気に左右されるのも特徴で、今日は雨だから、レストランを閉める、という所も多い。お客が見込めないなら、閉めてしまえ、ということだ。私はたこ焼きポップアップを、パンデミック中に始めたが、熱い食べ物なので、寒い時によく売れるかと思えば、寒いと売れない。そもそも、人が外に出ない。 先週末は、初めてマンハッタンでストリート・フェアに参加したが、今までで一番売れた。初めての場所は、一般的によく売れるが、天気がよく、気温も高かったからだ。友達は、オイスタービジネスをやっているが、寒い中では、生カキが売れない。が、オイスターショットは売れる。寒い地域の人が、ハードリカーを飲む気持ちが、わかったような気がする。体がポカポカしてくるのだ。どちらにしても、外でのイベントは、終わりに近づいている。12月は、もうポップアップも難しいだろう。 ライブストリームが王道に
Recent posts

Halloween to Election 2020

Halloween to Election 2020 ハロウィンも終わり、早いもので11月だ。ハロウィンは、公園で、仮装をした人でいっぱいのダンスパーティがあったり、子供たちが、可愛く仮装して、家やお店にキャンディをもらいに行ったり、ハロウィン・パレードはキャンセルされたが、ソーシャルディスタンスを取りながら、みんな思い思いに、子供は昼、大人は夜に、ハロウィンを楽しんでいたようだ。 沢山仮装した人達とすれ違ったし、勿論何処かでパーティがあるのだろうな、と踏んでいたが、ブッシュウィックやブロンクスで、500人以上集まっていたウエアハウス・パーティーが、警察に見つかり、シャットダウンされていた。 寒くなってきたので、野外でのハングアウトが辛くなってきたが、NYでは、まだレストランは、25%しか屋内に座れない。なのでパーティとなると、どうしても誰かの家になってしまう。 私は、ハロウィンカバーバンドを友達のルーフトップで行った。7ヶ月も公共でプレイしていないので、久しぶりのオーディエンスは有り難かった。とは言っても、プライベートなので、オーディエンスは身内のみ。人を招待出来ない所が辛いが、この状況だから仕方がない。天気も良く、ジャムが始まったり、仮装した人達も現れて、ハロウィンらしい、楽しいパーティーだった。 外の席にヒーターを付けてくれる所もあるが、コストの関係で付けない所も多い。なので、行くのは、大きいスペースで、沢山の人が入れる場所になる。個人でやっているお店は辛いので、お店によっては、冬の間は閉める所も出てきた。 さて、明日は選挙の日。ジョージ・フロイドやブリオナ・テイラーの時のように、また抗議活動が起こるのではと懸念され、ソーホーの高級ブティックは、木の板をショーウィンドウに貼り付け、抗議活動に備えている。今は、ニュースも、ソーシャルメディアも、サタデーナイトライブも、選挙の話題で一杯である。水曜日(選挙の次の日)に、やけ酒に付き合ってくれと、いう友達もいるし(既にお酒も購入済み)、人に会うと、どちらが優勢と言う話も出るが、どうなるかは、4年前のように、最後まで分からない。みんなであーだこーだ言いながら、モヤモヤしたNYから、選挙を見守っている1日前である。 Yoko Sawai 11/2/2020 By http://4533studio.nyc/  More

Honey’s tuesday v.39 10/13/2020 report

Honey’s tuesday v.39 10/13/2020 report 10/13は第二火曜日、恒例ハニーズ・チューズディの日。9月から再開したハニチューだが、その日が雨予報だったので、次の日に延期する予定を立てていた。が、その日奇跡的に雨が止んだ。いつもの行いのおかげ、と思い、早速チームを集める。今回は、DJは、以前Takoyaki Boyz名義で参加してくれたAi & Hideto。アニメ、日本の懐メロ、ヒップホップ、R&B、ロックなど、多彩なジャンルをかけるDJデュオ。今回はラップトップDJなので、たこ焼きの隣に配置。彼らの世界を作ってくれる。たこ焼きは、今回のバースデーガール、アルコール大好きなエリ嬢に合わせて、近所の酒ブリュワリーから頂いた酒粕で、酒粕たこ焼き。ほんのり酒粕の味がする、たこ焼きは大好評。最近、オイスターたこ焼き、キムチたこ焼き、チーズたこ焼きなど、多彩なジャンルのたこ焼きが登場している。ソースを提供してくれる予定(?)のおたふくの方も駆けつけてくれたので、また新しいたこ焼きを開発予定。10月は予想以上にポップアップが入っている。 まだ、Covid19の真っ只中なので、オーダーする以外は、みんな座っていることが基本。サクッと、立ち話ができないのが残念だが、仕方がない。ハニーズのオープンスペースは、コンクリートに囲まれているので、道にいても安心感がある(その周りは車が走っている)。この状況で、パーティーを続けるのは苦労があるが、それでも、みんなで集まれると嬉しいし、こういう場を作れることに感謝。まだアウトサイドでのパーティだが、11月も引き続きやるので、ジャケットを着込んで宜しくです。寒い方がたこ焼きは美味しいので。 Yoko Sawai By http://4533studio.nyc/  What’s honeys tuesday: http://4533studio.nyc/honeystuesday.html More about Yoko Sawai: https://yokos555.wixsite.com/yokosawai

NY nowadays 2 October NY 今日この頃2

NY nowadays 2 NY今日この頃 2 10月になった。9/30からNYでは、店内ダイニングが始まったのだが、私のよく行くレストラン、バー(基本個人経営の小さなお店)ではまだ、店内を解放していない。というのは、まず店内には、25%しかお客さんを入れることができない、テーブルは6フィート離れていること、テーブルについている時以外はマスク着用、体温を測り、代表者の電話番号を聞き、こまめに部屋を換気し、お客さんの帰った後には、テーブル、椅子を消毒など、かなりの仕事量が増えるのである。店内ダイニングが始まる前の9/25、野外ダイニングが、一年を通して大丈夫になった今、野外ダイニングの方が、レストランに取っても簡単なのである。野外ダイニングの問題は、夏は蚊に噛まれるだったが、冬は上着を着ながらの、ダイニングということになるだろう。 博物館も小売店も少しずつ開きだした 10月は、私事だが、6件たこ焼きポップアップが入っている。もともとハニーズ  https://enlightenmentwines.com/ というミードバーで、音楽とたこ焼きを組み合わせたイベントを始めたのだが、バーがドリンクと一緒にフードをオーダーしなくてはならなくなった今、フードポップアップが人気である。バーでドリンクをオーダーすると、自動的にフードをオーダーしなくてはならない。これはクオモ知事による命令で、 https://bushwickdaily.com/bushwick/categories/food-and-drink/6615-the-crazy-foods-bushwick-bars-are-offering-to-comply-with-cuomos-order バーによっては、まるちゃカップラーメン(!)や、冷たいチーズサンドイッチ、ホットドッグなどがサーブされている。 それなら、断然温かいたこ焼きの方が良いでしょう、ということで、自分の仕事はなくなったが、たこ焼きは好評を得ている。ライブバンドはまだ演奏できないが、素敵な雰囲気を作ってくれるDJ・VJと共に、イベントを開催している。最近はブルックリン・ヴィーガン https://www.brooklynvegan.com/というブログの友達がよくDJしてくれる 。イベントを開催すると、お客さんや、 ずっと会っていなかった友達が戻っ