Skip to main content

Posts

Showing posts from November, 2016

Iceland airwaves 2016 レポート

11/7/2016
By Yoko Sawai
11月は、毎年恒例でアイスランド・エア・ウエイブスにいます。 個人的には4回目になり、一番滞在期間が少なかったのですが(2日!)が、より充実し、アイスランドーレイキャヴィックが、日常的に感じるようになりました。
毎年思うのは、気候がどんどん温暖化しているので、心配にもなります。今年は、少しなめて軽装で行ったのですが、難なく快適に過ごせ少し拍子抜けです。オーロラが日常的に見れるし、ブルーラグーンやこの世の物とは思えない美しい自然が目の当たりに見れるから、観光客もエア・ウエイブスに関わらずとても多いです。道を聞くとたいてい、「私はここ出身じゃないから」といわれ、地元の人は何処にいるのかとも思うくらいです。レイキャビックの町は小さくNYで言うとベッドフォード辺りくらいで、端から端まで歩いても、多分1時間ぐらいなので、自転車に乗っている人が多いのです。町の中心にある、ミュージック・ホールのハーパ周辺の港と景色は、何処を写真撮っても絵になり(ピンク色の空)、歩いていると、すぐに止まってしまい、なかなか目的地に着きません。歩くのがとても楽しい街です。

一般的なレイキャビック・ガイドは、これぐらいで、エア・ウエイブスへ。
私のメインは、オフ・べニューと呼ばれる、昼間行われるイベントです。日本やアメリカでは見れない、地元のアーティストから、ツアーバンドまでが、レイキャヴィックのバー、レストラン、洋服屋、洗濯屋、レコード屋、ホテル、銀行など、音楽をプレイできる所なら何処でもライブをしているのです。バンドによっては一日3ステージこなし、エアウエイブス期間に10以上のライブをすることもあるし、新しいバンドに出会うのに、こんなに良い機会はない。何となく予定は立てますが、もちろん予定通りに行った事はありません。偶然良いバンドに出会ったり、知り合いに出くわしたり、人が親切なので、心地の良い所にずーっと居てしまったりするのです。エア・ウエイブスのいい所は、時間にきっちりしているので、何かをミスっても、すぐ予定を立てやすいのです。
今回の新しい会場ベスト2は、港近くのbryggjan brugghúsとBar Ananas。方向音痴なので、名前は前回も見ていたと思うのですが、たどり着けなかったのでしょうね。どちらも、レストラン・バーで、普通のお客さんもいながら、…

ICE CHOIR (アイスクワイヤー)at Music Hall of Williamsburg

Wed, 11/2/2016
Text by Twisty

Ice choir  の日本ツアーに先駆け、彼らの活動の拠点であるブルックリンでライブがありました。ミュージック ホール オブ ウィリアムズバーグ という、キャパシティが550人のライブハウス。ステージやバーもしっかりとしています。
今回はイギリスからツアーでやってきた KERO KERO BONITO という、若者に人気のエレクトロポップグループのフロントアクトという事もあり、チケットはソールドアウト!


Ice Choir は、80年代の日本のシティーポップやシンセポップに大きな影響をを受けています。メンバーのカートとパトリックが、 影響を受けた音楽をテーマに作ったミックステープがこちら:

http://www.listentothis.info/2016/09/ice-choir-mix-for-designs-in-rhythm.html

彼らのライブは、メロディーやコードに爽やか且つ懐かしい印象もありながら、繊細な音作りからギーク感までも伝わります。ステージはアグレッシブではないものの、彼らのリズムとサウンドは心地よい空間を創り出します。

この日は サニーサイドイングラスゴーのジェンが、一曲、ゲストボーカルとして登場。彼女のエネルギッシュな雰囲気で、ステージがパッと明るくなりました。


Ice choir の日本ツアーが下記の日程でありますので、是非足を運んでみてください。
http://fastcut.jp/feature/ice-choir-japan-tour-2016/






【 神戸公演 】
2016年12月3日(土)
開場19:00 / 開演19:30
場所 : 神戸・旧グッゲンハイム邸 [http://www.nedogu.com]
料金 : 前売り 3,500円 / 当日 4,000円 (共に1ドリンク代不要)



【 広島公演 】
presented by Live Room BANQUET
2016年12月4日(日)
開場17:30 / 開演17:45
場所 : 広島・BANQUET [http://space092.hiroshima.jp]
料金 : 前売り 2,500円 / 当日 3,000円 (共に1ドリンク代別途)


【 東京公演 】
2016年12月5日(月)
開場19:00 / 開…

Primal Scream @irving plaza

Tue, 11/1/2016
Text by Yoko Sawai
1982年からのキャリアという事は、34年!プライマル・スクリームってそんなに経歴長かったのですね。過去にはフジロックで、2夜続けてみた(他に沢山バンドがいるに関わらず)のを覚えていますが、ボビー・ギレスピーのカリスマ性にいつもはっとさせられます。やる気なくぬぼーっとしているのに、何かキレがある。マラカス振っても、タンバリンを叩いても、観客を煽いでも、一つ一つの仕草が絵になるのです。



ニューアルバム「カオスモシス」を引っさげやって来たNYの会場はアーヴィング・プラザ。ユニオン・スクエア周辺なので、アクセスは良く、観客はボビーと同世代、男、イギリス人率高しでした。















ギター、ベース、ドラム、キーボード、ボビーの5人が、ドラマチックに、ライトアップを浴びながら、厚みのあるショーを繰り広げます。











この日のボビーの衣装、黒のジャケットの下は、ピンクの水玉のシャツ!これが着こなせるのは彼のみでしょう。
新曲、昔のヒット曲を混ぜているのに、どの曲も今のプライマル・スクリームっぽく感じさせ、少しずつ観客を盛り上げる感じも、いつの間にか乗せられた、という感じで、まるで肩に力が入ってないのです。いつの間にか会場は、プライマル・スクリームに完全に乗せられていました。メンバー達のテクニックは勿論、観客を煽りながら、時々笑顔になるボビーもチャーミングだし、親父達が、目をキラキラさせて、黄色い声援を送っているのを見ると、ローリング・ストーンズを見ている気分になりました。きっと70歳になっても、こんな感じでライブしているのでしょうね。胸のドキドキが止まらない、興奮気味で、頭の中がキューっとなるショーでした。
物販テーブルには、前座のサイキック・イルズの物しか並んでないという。これもプライマルっぽいのですが。。。
Irving Plaza 17 Irving Place (b/w 15th St & 16 th St) New York, NY 10003 212-777-6817 http://venue.irvingplaza.com/

The Glove (グローヴ)

Sat, 10/29/2016
Text by Yoko Sawai

この夏にオープンした、ブッシュシックの新しいDIY音楽会場the gloveに行って来ました。元々bohemian groveという会場(人の家の地下)の仲間8人が、bohemian groveにあった様々な制限を超え、大きなスケールでプロジェクトを進行しようと、新たな場所をオープンしたのです。新しい会場は1500sqftで、アートギャラリー、音楽、パフォーマンス会場、リハーサル・スペースなど、様々な顔を持っています。入り口を入ると、右奥がショー・スペース、その奥がバー、そこからまた回れ右をし、ショースペースを右に抜けると、日本庭園みたいな休憩場所があり(ライトアップも良い)、その奥の階段を上がると、ルーフトップにアクセスできます。その他にも、階段の下には、まだ部屋があり(多分誰かの部屋)、もう少し散策すれば良かった、と悔やまれます。迷路みたいに面白いです。ただ問題はバスルームが一つだけ。
今回のショー(10/29)は、ツインピークスをテーマにした、ハロウィン・パーティで、お客さんもスタッフ達も、キャラクターをイメージした仮装(トラッド系の女の子)でした。ツインピークスのシーンをイメージした、音楽パフォーマンスだったり、シアトリカル・パフォーマンスだったり、スタンダップ・コメディがあったり、更に、パイが振る舞われたり、何が出るかわからないショーで、音楽の選曲も懐かしく(ツインピークスなので)、ノスタルジック感が満載していました。ビニール袋にグルグル巻きになってる人が数人いましたが、何のキャラでしょうか。
公式オープンが7月だったのですが、6月から、ソフトオープンとして、ショーを行い、別DIY会場の、シェイ・スタジアム、アヴィヴ、パリセイズなどのマネージャー、オーナー達が、オープンの1週間の間に続々駆けつけ、the gloveの信頼感をアピールしてました。グループは、カンサスシティ、ピッツバーグ、アトランタ、そしてブルックリンでスペースを運営していた、DIY経営のプロ達なのです。
毎日何かを悪だくみ(?)しているようなので、ふらっとローカルバンドを見に行くのには良い場所です。ダメならルーフトップでのんびりするのもよし、バーで飲んだくれるのもありです。この場所には、いつも人が集まり、面白いエネルギ…

Evil Beef Show at Bizarre (ビザー)

10/25/2016
Text by Yoko Sawai
ブッシュウィックの Bizarre(ビザー) にevil beef showを見に行って来ました。毎月最後の火曜日にやってるドラッグ・クイーン・ショーです。 https://www.facebook.com/events/1257907960920989/






王様イスに座ったホストのLee Valone (スキンヘッド)、マスコット・ボーイのDave (Leeの王様イスをステージに上げ下ろしする役目)、共同ホストのVigor Mortisが、悪魔なパフォーマー達を紹介し、更に自分達もパフォーマンスするのです。忙しい!基本、みんなダンス、トウィークしながら、どんどん服を脱いでいき、簡単に言えば、ストリップがちょいアーティーになった感じです。ゴーゴーダンスあり、キャバレーあり、ドラキュラ、引きこもり男子、ヒップホッパー、狼少年などのキャラあり、更に音楽が、みんなを挑発する、懐かしめの踊れる選曲なのです。
音楽担当のDJチーズケーキ(格好は高級バーのホスト)も、DJブースから引っ張り出され、パフォーマンス(演説?)していました(彼だけは脱がなかったですが)。パフォーマーは、男子だと思ったら、女子だったり(服を脱いだ時に分かった!)、みんな若く、押し付けがましくない、現代的なミレニアルらしいエンターテイメントでした。パフォーマーも凄いけど、ホストの盛り上げ方から、愛を感じました。一番楽しんでるのは、この人達だな、と。
この前一緒に見た、サーカス・ショーとの違いは、こちらは、基本出演者は男子(or男子っぽい女子)であると言う事。オーディエンスも含め、男か女か判断不可能な人だらけでした。次は11月末です。
今回はディナーもして、フレンチ・オーナーだけにフレンチ・フライがカリッとしていて美味しかった(ケチャップ必要なし)。サラダやハムス、タコス、サンドウィッチ、ステーキなど、メニューも豊富です。







Bizzare  12 Jefferson st Brooklyn, NY 11206 347-915-2717 Mon-Fri 4 pm to 4 am Sat, Sun 11 am to 4 am http://www.bizarrebushwick.com/
J,M,Z to Myrtle Ave