Skip to main content

The Glove (グローヴ)

Sat, 10/29/2016
Text by Yoko Sawai

この夏にオープンした、ブッシュシックの新しいDIY音楽会場the gloveに行って来ました。元々bohemian groveという会場(人の家の地下)の仲間8人が、bohemian groveにあった様々な制限を超え、大きなスケールでプロジェクトを進行しようと、新たな場所をオープンしたのです。新しい会場は1500sqftで、アートギャラリー、音楽、パフォーマンス会場、リハーサル・スペースなど、様々な顔を持っています。入り口を入ると、右奥がショー・スペース、その奥がバー、そこからまた回れ右をし、ショースペースを右に抜けると、日本庭園みたいな休憩場所があり(ライトアップも良い)、その奥の階段を上がると、ルーフトップにアクセスできます。その他にも、階段の下には、まだ部屋があり(多分誰かの部屋)、もう少し散策すれば良かった、と悔やまれます。迷路みたいに面白いです。ただ問題はバスルームが一つだけ。

今回のショー(10/29)は、ツインピークスをテーマにした、ハロウィン・パーティで、お客さんもスタッフ達も、キャラクターをイメージした仮装(トラッド系の女の子)でした。ツインピークスのシーンをイメージした、音楽パフォーマンスだったり、シアトリカル・パフォーマンスだったり、スタンダップ・コメディがあったり、更に、パイが振る舞われたり、何が出るかわからないショーで、音楽の選曲も懐かしく(ツインピークスなので)、ノスタルジック感が満載していました。ビニール袋にグルグル巻きになってる人が数人いましたが、何のキャラでしょうか。

公式オープンが7月だったのですが、6月から、ソフトオープンとして、ショーを行い、別DIY会場の、シェイ・スタジアム、アヴィヴ、パリセイズなどのマネージャー、オーナー達が、オープンの1週間の間に続々駆けつけ、the gloveの信頼感をアピールしてました。グループは、カンサスシティ、ピッツバーグ、アトランタ、そしてブルックリンでスペースを運営していた、DIY経営のプロ達なのです。

毎日何かを悪だくみ(?)しているようなので、ふらっとローカルバンドを見に行くのには良い場所です。ダメならルーフトップでのんびりするのもよし、バーで飲んだくれるのもありです。この場所には、いつも人が集まり、面白いエネルギーが感じられます。


The glove
885 Lexington ave
Brooklyn, NY 11221
J to kosciuszko station

Comments