Skip to main content

Posts

Showing posts from December, 2016

Kurt Vile & The Violators / Woods @ Terminal 5

12/30/2016 Text by Yoko Sawai Kurt Vile とWoodsと言う、 2組のインディロッカーのショーに行きました。 Woodsはブルックリンのサイケ・フォーキー・ロックバンド。 最近では、インディ・ロックから、レゲエ、アフリカン、ジャズ などのトロピカルな色が入り、 ドラマー、ギター、ベース、 ボーカル/ギター、サックス/キーボード、時にホーンが入り、 イ ンディの中でも、キャレキシコやマイ・モーニング・ ジャケットのような大御所の貫禄を醸し出しています。 Kirt vileは、フォーク、ニューウエイブ、 カントリーなどをミックスしたちょっと変わったバイブを持つシン ガーです。語るように歌う、彼の歌詞にはユーモアがあり、 バンジョー、ピアノなどの音が、 よりフォーキーにフリーキーに響き、 酔いどれのダーティシンガーという、 憎めないキャラができ上がるのです。 個人的には、ボブ・ ディランに通じる所があります。彼のバックバンドのthe violatorsには、mice parade, the swirlies のrob raaskoなど、玄人ミュージシャンが参加しているので、 音はマジシャンのように、スルッと入ってきます。 バンドを見たのは、 ターミナル5と言うミッドタウンの大会場です。この会場は、 遠い(56 st & 11 ave)し、音がプラスティック見たいに聞こえるので、 好きではないですが、この日はどちらも、 年明け前の忙しない時を、至福の時間に変えてくれました。 良いバンドがいれば、その時は幸せ、他の事は全て忘れ、 そこに集中します 。 彼らに共通していたのは、 フォーキーでダーティで、サックス、 ホーンなどの管楽器が入る所です。 メンバーが、 マルチプレイヤーなので、曲毎に楽器をコロコロ変えていくのも、 2016年ショーでよく見ました。 サックスとマルチプレイヤーが 2016年のキーとして、2017年も、 沢山の良いバンドに出会える事に期待します。 Terminal 5 610 w 56 th st New York, NY 10019 http://www.terminal5nyc.com/

Northern spy - All hands

12/21/2016 Text by Yoko Sawai Northern Spy  というインディ・ レコードレーベルがブルックリンにあります。 以前は trans pecos  と いう、音楽会場にオフィスを構えていて、 オネイダとレイ・ チャザム、オキュウン・リーとクリスチャン・ マークレイなどのコラボレーションなど アンダーグランドで、 実験的、良質な音楽をリリースしています。 そのレーベルと同じ名前のレストランがイースト・ ビレッジにありました(関連はないのですが)。今では、 地元の新鮮な素材を使った料理を出すレストランは珍しくないです が、2009年にオープンしたノーザン・スパイ・フードは、 ローカヴォア・ブームの先駆けでした。斬新的で良心的な値段のフード(ケール・サラダ・ ブームもここから)、 自家製のソーダ (アイスコーヒー・ソーダはびっくりの美味しさ!) も含む小売サイドでは、リダビット・スウィーツ・ キャンディやアップステイトからのチーズやグレインなども販売し ていました。 彼らがクローズして一年、ノーザン・ スパイのシェフだったピーター・リプソンが all hands で腕を振るうという噂を聞き、早速、 ウィリアムスバーグの川沿いにあるチャーミングなレストランにお 邪魔しました。 このお店は、6年の歳月をかけ今年オープン、 元々 車庫だった場所を改装し、 キックスターターで資金を集めた という 叩き上げです。 シーフードが看板メニューなので、 入ると波のインスタレーション(コモドアやシェイ・ スタジアムを思い起こさせる)があり、ニヤッとさせられます。 一 階はレストラン、地下はオープンキッチンで、 そこで食事もできます。 オイスター、 ブルーフィッシュのセビーチェ、グリルド・オクトパス、 マッスル・オン・トースト、メカジキのステーキ(、アンコウ( w/カリフラワー、フェンネル)、ハマグリのパスタなど、 魅力的なメニューのオンパレードでした。 どれも味がしっかりしていて、盛り付けも美しく、 ここにリークか!などシェフの創造性を楽しみました。 ウエイターは、個性のある人を揃えていて、 何かオーダーする度に、じっと目を見つめられたり、 なかなかオーダーを取りに来てくれなかった

Do or dive @ Bedstuy / Sincerely Burger @ Bushwick/ Barbe @ Parkslope

12/19/2016 text by Yoko Sawai 毎日のように出かけるので、ネタは有り余るほどあるのですが、 実際行ってみないとその場所が本当に好きかどうかはわからないで すね。この週末に、3つの違うバーに行きました。 それぞれ売りがあり、お客さんの層も場所も違うので、 比べてみました。 まず do or dive 。ベッドスタイにあるダイブバーです。元々do or dineというヒップスター・レストラン(フォアグラ・ ドーナツが売りだった)があった場所に、 アルファベット一文字だけ変えて、新しいバーにしたので、 看板も殆ど変える必要がなかったそうです( 上からVを書いただけ)。因みにここは、 lucky dog  やSkinny Dennis, Rocka Rolla という、これまた典型的なダイブバーのオーナーがやっています。 エアホッケーに似たゲームや、安いビール($3-$7)、 カクテル(コーヒーカクテルが売り)があり、 20- 40代ぐらいの地元の人がハングアウトしています。 ベッドスタイには、まだバーが多くないので、 地元にとっては有難いのでしょう。テレビあり、 レトロ感覚なデコレーションもあり、 グループでワイワイ出来るバーです。 ブッシュウィックの Sincerely Burger 。ここは、dear Bushwickという名前のレストランの時から、 よくこの前を通っていて、気になっていたのです。 隣にはYours Sincerelyというカクテル・バーで、 タップ・カクテル( =すでにミックス済みのカクテルがタップで出て来る) が有名です。ここはdo or diveの様にガヤガヤしていなく、 少人数でゆったりしたい時にオススメです。バーガーは、 クラフト式で、自分で、パテ、バンズ、ソース、野菜を選びます。 さらに付け合わせ(フライズ、ナチョス、ブロッコリーラブ) にも追加で、チリやチーズ、ベーコン・ジャムなどが選べます。 かなり濃いのですが、癖に なる美味しさです 。 ドリンクの売りは、 ホームメイドのレモネードやグレープフルーツソーダを 使ったカク テルやミルクシェイク・カクテル(バーボンやラム入り) などです。お客さんは近所の人が殆どで、テイクアウトも多く、 地元に馴染んでる

Win Son

12/14/2016 Text by Yoko Sawai 先日、スプーンビル・シュガータウンの本屋さん( ブッシュウィック店)に行ってきた事を書きました。 http://www.4533nyc.com/2016/ 12/spoonbill-sugartown-books. html?m=1 その帰りにふらふら歩いていると、 可愛らしいレストランを偶然発見しました。 以前はデリだったかな、と思える白(少し水色と黄色) のアーウィングの上に「WINSON RESTAURANT 」と涼しげな水色文字の看板が描かれています。メニューを見ると、台湾フュージョンのようです。 台湾料理はあまり馴染みがないので、日にちを改めて出直すと、 なんと1時間待ちの人気店で、 用意が出来たらテキストメッセージをくれます。その間にも、 お客さんはひっきりなしにやって来ます。 席に案内されると、 とてもナイスなウエイターが軽やかに料理の説明をしてくれます。 私達は、台湾ビール、 パン・グリドル・ ポークバン、 ニュートリシャス・サンドイッチ、ダンジ・ヌードル(豚挽肉、 エビ、極秘ブロス)をオーダーしましたが、 どれもが斬新なのです。ポークバンは、 蒸して焼かれひっくり返り、その上にスカリオンとチリ・ ヴィネガーでアレンジされ、サンドイッチは、揚げパン( 柔らかい!)にヴァージニア・ハムとピックル・パイナップル、 ハラペーニョが入っているのです。 台湾ビールもキュウリのカクテルも食事にぴったりで、まだまだ、 頼みたい気分になりました。 内装はヒップで、大きなペインティングや、植物が飾られ、 アーティな雰囲気です。 シャンデリアは、 なんとペットボトルで出来ていました( よく見ないと気づきませんでしたが)。 デザートはフライドバンに挟まれたアイスクリームで、 サンドイッチのパンともまた違う( どちらかというとブリオッシュ)で違う感食を楽しみました。 不定期でパーティーもやっているようなので、 チェックしたい所です。 オーナーは若いアメリカ人で、 チャイナタウンやフラッシングに通い詰め、ポップ・ アップを経て、このレストランをオープンしたらしいです。 働いているスタッフもイキイキして、 かかる曲も程よくインディ感のある所が、

Dobbin St & Los Sures

12/12/2016 Text by Yoko Sawai 先日Dobbin stにLos Suresと言うドキュメンタリーを見に行きました。 http://freewilliamsburg.com/ los-sures-is-screening-in- brooklyn-on-dec-9th/ Los Suresは、 今ではヒップな、サウス・ ウィリアムスバーグの事で、 1984年に作られたドキュメンタリ ーです。当時は、プエルトリカンの地域で、 ドラッグ、ギャング、 暴力、犯罪などが蔓延る、アメリカで一番ゲットー/ 貧しい場所で した。そこには、建築関係、ソーシャル・ワーカー、土方、 シングルマザーなど、どれも1日1日生きるのに、精一杯な、 彼らの生々しい日々の暮らしが映されています。 今ではすっかり変わったこのウィリアムスバーグに、 16年住んでいる私としては、見るしかありません。内緒ですが、 今、家を追い出されそうになっていて、相談しているソーシャル・ サービス機関がLos Suresと言うのです。ある日Los Suresに行った時に、「Los Sures」を上映すると言うポスターを見た事があったのです。 30数年前の映像は、周りの雰囲気は違いますが、 ストリートに見覚えがあったり、ふとする所で、 同じ場所を彼らと共有していると、不思議な気分になりました。 この日はunion docと言う機関がオーガナイズして、 上映会の後にこのドキュメンタリーの説明がありました。彼らは、 このドキュメンタリーを、偶然にも見つけたのだそうです。 それでこのウィリアムバーグ地域のプロジェクトを立ち上げ、 登場人物達にも会っています。その後、 彼らがどうしているのかも話してくれましたが、 残念ながら殆どは 、もうこの辺りには住んでいないそうです。 彼らのビルにある壁画は、登場人物の1人だそうです。 https://uniondocs.org/living- los-sures/ これ以外にもunion docは、 アンダーグラウンドなドキュメンタリーを随時上映した、教育、 生産、発行、 プレゼンテーションなどでウィリアムスバーグのコミュニティに貢 献しています。 会場のDobbin Stは多目的イベント・スペー

Spoonbill & Sugartown books

12/3/2016 Text by Yoko Sawai ウィリアムスバーグのベッドフォード・ アベニューにスプーンビルとシュガータウンという本屋さんがあり ます。私がニューヨークに来た1999年にオープンし、 その近くでカフェを経営していた事もありよく通っていました。 働いている人はミュージシャン、アーティストで、 カフェにもよくお客さんとして来てくれ、 お互い行ったり来たりですぐに顔見知りになりました。 ここは古本、珍しい本、コンテンポラリーの新書、 建築やデザイン系のアート本他、 文学、哲学、映画、雑誌、 赤ちゃんのための本、 輸入物や手に入りにくい本まで、 何千とあり、毎月、 新しい本が追加されるのでいつ行ってもワクワク楽しい、 宝探し感覚が研ぎ澄まされます。その昔は、 コミュニティボードがドア近くにあり、そこでアパートやバンド・ メンバーや仕事を見つけたりもしました。当時、 アーティスト達が、 ふらふらして暇を潰していたのがここと隣のヴァーブカフェでした 。 最近、本屋さんやレコード屋がどんどん閉店する中で、 彼らは17年目にして、今年の5月に、 ひっそりと2号店をブッシュウィックにオープンしました。 モントローズ駅から歩いて5分ほどにある小さなスペースですが、 品揃えはさすがで、ベッドフォード店と同じように、 不定期でイベントを催したり、 地元のコミュニティに貢献しています。 今回は、 タロットの本のリリースパーティーに行ったのですが、 奥では勿論タロット占いが行われており、お客さんは、 ドリンク片手に談笑したり、本を吟味していました。 宣伝も殆どしていなく口コミのみ、というのが彼ららしいですが、 我が道を行く、 スプーンビルとシュガータウンの本のセレクションを見ていると、 スタッフ達の熱意が伝わって来ます。 インテリアもいちいち素敵で す。 好きなんですね。 好きな人達が集まれるこんな場所があるのは良いですね。 Spoonbill & Sugartown books 218 Bedford Ave Brooklyn,NY 11211 718-387-7322 99 Montrose Ave Brooklyn, NY  Mon-Sun 10 am to

Metrograph

11/30/2016 Text by Yoko Sawai ローアー・イースト・サイド、チャイナ・タウン近くに、 デザイナーのアレキサンダー・オルチ(ネクタイが素敵!) が経営するインディ映画館、メトログラフがあります。 今年ひっそりオープンした割には、 私の周りでは話題になっていて、 私も既に何度かお邪魔しています。 映画は、 古き良き、アンダーグラウンドな名作、 キュレーターが選 ぶ特別な世界の映画など、 普段はお目にかかれない映画を揃えています。 1920年代のニューヨークのシアターの雰囲気の中で、 キュレーターや監督の話が聞け、質問コーナーがあったり、 一流映画の ユニークな経験が出来るのは嬉しいサプライズです。 私は、ニック・ケーブのレアなドキュメンタリーを見たり、 黒澤明の作品、そして今回はポール・ オースターがキュレートしたフランスの映画「A man escaped」を見ました。 どの回も、 どこから人が来るのかと、 同じ映画を見ている人に同士的なものを感じました。 映画は見た事なかったのですが、ポール・ オースターがキュレートしていると言うだけで、 十分見る理由があります。感想は、時間がゆっくり、 同じ事が繰り返されるのですが、 それに従う真剣なキャラクター達が可笑しく、 最後は思わず吹き出してしまいました。 彼がキュレートしていなかったら見ていない訳で、 こんな機会を作ってくれる映画館は素敵ですね。メトログラフは、 2階がオシャレなレストランになっていて、 モデルのようなサーバーに案内され、 ランチからディナーまで楽しめます。一階のラウンジは、 ゆったりしたソファー、バーカウンターがあり、 待ち合わせにもぴったりです。本屋やキャンディ・ ショップも併設されているので、飽きることがないのです。 ひっそりと佇むインディ映画館なので、知る人ぞ知る感じですが、 隠れ家的な所が好きなニューヨーカー、 ブッシュウィックの syndicated と並んで、 すぐにハイプな場所になりそうです。 Metrograph  7 ludlow St New York, NY 10002 212-660-0312 Mon-Thu 6:00 pm - 12:00 am Fri 6:00 pm

Martin Courtney and Eleanor Friedberger @ Union Pool

11/15/2016 Text by Yoko Sawai 大好きなバンド(リアル・エステイツとフェアリー・ ファーナシス)のメイン2人がアコースティック・ライブをする( フリー、RSVP必要)というので意気揚々出かけました。 ブルックリン・ブリュワリーがスポンサーで、 ブルックリン提供ラガーとアメリカン・エールの缶が$5、 ラガーとJamesonのショットのペア$9という、 スペシャルを提供していました。着いた時には既に、 人数制限に達しているという人気ぶり。アコースティック・ ライブなので、 普段彼らをバワリーボールルーム辺りの会場で見るのと違い、 かなりの親近感がありました。 マーティンはリアル・エステイトや自分のソロ、 カバー曲などを披露。ニールヤングの「ハーベスト・ムーン」は、 これだけでも来た甲斐ありでした。マーティンの甘い声が、 切なくまだ響いています。 エレノアのセットもマーティンと同じで、フェアリー・ ファーナシス、ソロ、そしてカバーソングを披露しました。 ジーン・ ジャケットとジーンズというカジュアルな出で立ちでしたが、 彼女が着ると絵になるのが不思議です( 普通の人がやるとダサくなる)。 「次のアルバムはいつ?」や、ミスった時も、「大丈夫! あなたは完璧よ」など、ステージが近いので、観客とのコール・ アンド・レスポンスも友達に話しかけるような感覚でした 。 この日は、エレノアの物販の売り上げを全て、planned parenthood機関に寄付するという事でした。 plann ed parenthood= 家族計画は、米国と世界中で妊娠・ 出産に関わる健康サービスを両方とも提供する非営利組織で、 エレノアは、「サンクスギビング用に、 お父さんにXLのTシャツはどう?必要よね」 と呼びかけていました。Tシャツを売ってたのは、 グリーンポイントにお店を構える、Mカーターのミルトン。 よく行くバー、コモドアでバーテンをしていた彼です。 因みに、会場のユニオンプールは、毎週月曜日、 Reverend Vince Anderson and the Love Choirというバンドがやっていて(17年間!Tv on the RadioやLone Wolfのメンバーもプレイ)、毎週通っている常連の会場