Skip to main content

Metrograph

11/30/2016
Text by Yoko Sawai

ローアー・イースト・サイド、チャイナ・タウン近くに、デザイナーのアレキサンダー・オルチ(ネクタイが素敵!)が経営するインディ映画館、メトログラフがあります。今年ひっそりオープンした割には、私の周りでは話題になっていて、私も既に何度かお邪魔しています。
映画は、古き良き、アンダーグラウンドな名作、キュレーターが選ぶ特別な世界の映画など、普段はお目にかかれない映画を揃えています。1920年代のニューヨークのシアターの雰囲気の中で、キュレーターや監督の話が聞け、質問コーナーがあったり、一流映画のユニークな経験が出来るのは嬉しいサプライズです。

私は、ニック・ケーブのレアなドキュメンタリーを見たり、黒澤明の作品、そして今回はポール・オースターがキュレートしたフランスの映画「A man escaped」を見ました。
どの回も、どこから人が来るのかと、同じ映画を見ている人に同士的なものを感じました。映画は見た事なかったのですが、ポール・オースターがキュレートしていると言うだけで、十分見る理由があります。感想は、時間がゆっくり、同じ事が繰り返されるのですが、それに従う真剣なキャラクター達が可笑しく、最後は思わず吹き出してしまいました。

彼がキュレートしていなかったら見ていない訳で、こんな機会を作ってくれる映画館は素敵ですね。メトログラフは、2階がオシャレなレストランになっていて、モデルのようなサーバーに案内され、ランチからディナーまで楽しめます。一階のラウンジは、ゆったりしたソファー、バーカウンターがあり、待ち合わせにもぴったりです。本屋やキャンディ・ショップも併設されているので、飽きることがないのです。

ひっそりと佇むインディ映画館なので、知る人ぞ知る感じですが、隠れ家的な所が好きなニューヨーカー、ブッシュウィックのsyndicatedと並んで、すぐにハイプな場所になりそうです。



Metrograph 
7 ludlow St
New York, NY 10002
Mon-Thu 6:00 pm - 12:00 am
Fri 6:00 pm - 2:00 am
Sat 11:00 am - 2:00 am
Sun 11:00 am - 12:00 am

Comments