Skip to main content

Spoonbill & Sugartown books

12/3/2016
Text by Yoko Sawai

ウィリアムスバーグのベッドフォード・アベニューにスプーンビルとシュガータウンという本屋さんがあります。私がニューヨークに来た1999年にオープンし、その近くでカフェを経営していた事もありよく通っていました。働いている人はミュージシャン、アーティストで、カフェにもよくお客さんとして来てくれ、お互い行ったり来たりですぐに顔見知りになりました。ここは古本、珍しい本、コンテンポラリーの新書、建築やデザイン系のアート本他、文学、哲学、映画、雑誌、赤ちゃんのための本、輸入物や手に入りにくい本まで、何千とあり、毎月、新しい本が追加されるのでいつ行ってもワクワク楽しい、宝探し感覚が研ぎ澄まされます。その昔は、コミュニティボードがドア近くにあり、そこでアパートやバンド・メンバーや仕事を見つけたりもしました。当時、アーティスト達が、ふらふらして暇を潰していたのがここと隣のヴァーブカフェでした

最近、本屋さんやレコード屋がどんどん閉店する中で、彼らは17年目にして、今年の5月に、ひっそりと2号店をブッシュウィックにオープンしました。
モントローズ駅から歩いて5分ほどにある小さなスペースですが、品揃えはさすがで、ベッドフォード店と同じように、不定期でイベントを催したり、地元のコミュニティに貢献しています。
今回は、タロットの本のリリースパーティーに行ったのですが、奥では勿論タロット占いが行われており、お客さんは、ドリンク片手に談笑したり、本を吟味していました。



宣伝も殆どしていなく口コミのみ、というのが彼ららしいですが、我が道を行く、スプーンビルとシュガータウンの本のセレクションを見ていると、スタッフ達の熱意が伝わって来ます。インテリアもいちいち素敵です。好きなんですね。好きな人達が集まれるこんな場所があるのは良いですね。

Spoonbill & Sugartown books
218 Bedford Ave
Brooklyn,NY 11211
99 Montrose Ave
Brooklyn, NY 
Mon-Sun 10 am to 10 pm


Comments