Skip to main content

Posts

Showing posts from 2017

DIY会場の奮闘とキャバレー法廃止

12/27/2017 Yoko Sawai 2017年も残す所数日です。今年はブログで、色んな音楽会場、バンド、バー、レストランなどのイベントを紹介してきましたが、2017年、DIY音楽業界で、気になった事を以下に綴ります。
ウィリアムスバーグの終結から、完全にブッシュウィックとその向こうに移行したDIYシーンですが、2016年トランプ大統領になってすぐ、動きがありました。ブッシュウィックのDIY会場の先駆けであるシェイ・スタジアムに、突然、NY警察の手入れが入り(8年間は何の問題もなかった)、コードに反する、と膨大な罰金を請求されました。彼らは、このまま違法でやって行くのは無理だと考え、合法に運営出来るように、キックスターターで資金を集めました。$50,000目標の所$86,000も集めたのですが、キャンペーンの途中で、大家がリースを更新しない事を知ります。NYの家賃の値上げは厳しく、現在も、新しい場所を探し中です。

シークレット・プロジェクト・ロボット(SPR https://www.secretprojectrobot.org/)  は、ウィリアムスバーグから、何度も場所を移動し、この5月にブッシュウィックに合法に再オープンしました。アートギャラリーだけでやって行くには、NYは家賃が高過ぎ、アートショーを開いても、フリーワインやビールを目当てに来る人が殆どです。「アートは口実で、人は飲みながら話す事が出来る場所を求めている。だったらバーを兼ねたアート・ギャラリーはどうか。」今回のSPRのコンセプトはここです。バーを全面に押し出し、隣にアートギャラリー、パフォーマンス・スペースを備えました。毎日違うアーティストがバーを担当し、彼らに選曲を担当させ、DJが入り、アーティストにも、仕事を与える事が出来るのです。彼らは、以前のSPR場所を締める前に、2つのバーを近所にオープンし、新SPRの改装費用を賄いました。集いの場所から、アートや音楽が生まれ、そこから仕事や文化も生まれるのです。 ハウス・オブ・イエス(http://houseofyes.org)は、ジェファーソン駅を出た所にあるナイト・クラブで、ブッシュウィックの奥地にあった小さなDIYスペースから、合法にこの場所に移転してきました。キャバレー、バーレスク、サーカス、パフォーマンス、ライブ音楽などのイベントを毎日のように催…

Escape Room

12/17/2017 Yoko Sawai
皆様、エスケープ・ルームを知っていますか?
知り合いが、「今度エスケープ・ルームのクーポン買ったんだけど行かない?」と誘ってきたので、「何それ?」と尋ねると、グループでやるゲームで、部屋に仕掛けられた、ヒントを手掛かりに、謎を解いて、部屋から脱出するゲームなのだそうです。
「うーん、何それ?お化け屋敷?」と笑いながら断ったのですが、別の知り合いからも、「今度エスケープ・ルームに行かない?」と誘われました。数人から、同じ事を誘われるなんて、ちょっと興味が出て来たので、行ってみることにしました。
予約をして、場所に着くと、ホストがにこやかに対応してくれます。とても気のいいホストで、ジョークをガンガン飛ばしたり、待っている間も楽しませてくれました。なぜか知恵の輪があり、それをみんなでやっていました。ゲームに挑む為の、エクササイズなのでしょうか。ゲームは何種類から選べ、私達は探偵物語を選びました。60分で、ヒントを集め、部屋から脱出しなければなりません。部屋に案内され、軽く注意事項を聞いたら(無理やり物をどかしたりしないなど)、ゲームの始まりです。ストーリーは、省略しますが、みんなで暗い部屋にとじ込まれ、電気をつける所から始まりました。これがまた難しいのです。普通に付くはずがないので、色んな事を試し、そしてかなーり頭を使うゲームでした。「お前あっちを解いて、その間にこれ解読しておくから」など、誰かが鍵を見つけたら、それに合う鞄を見つけたり、数字のコードがわかれば、それに合うロックを探したり、カセットを聞いて書き留めたり、もう無我夢中でした。結局私達は、60分を少し超えて脱出出来ました。終わった後は、スポーツした後のように爽快で、チームワークと友情が強まりました。お値段は、6人で参加し$155。ゲームも本当よく出来ていました。作った人は、頭がいいのでしょうね。かなりの計算が必要でしたから。
実は、エスケープ・ルームは、私の行きつけのバーの隣(ウィリアムスバーグ)にもあり、前を通るたび、「何のお店だろう」と気になっていました。ゲームだったのですね。人が全然いないはずです。知り合いが行ったのは、グリーンポイントで、私が行ったにはトライベッカ。どうやら色んな場所に、あるようです。
調べてみると、エスケープ・ルームは、2017年のトレンドで、リテイルが…

Rookery Bar

12/13/2017 Yoko Sawai
L線ジェファーソン駅近くの、トラウトマン・ストリートには、アーティチョーク・ピザ、Kcbc、ロット 45, マッド・トロピカル、ザ・ジョンソンズ、プレシャス・メタル、などなど、行きたいバーが盛り沢山ありますが、有名なユニオン・ピザ・ワークスに隠れて、いつも見逃しそうになるガストロパブ、ルーカリーが自分の中でブームです。
2013年にオープンしたルーカリーは、10年前のウィリアムスバーグのような、リラックスしたフレンドリー感が漂っています。ビールは、ドラフト、ボトル、缶があり、近所のKcbc、ブレーヴェンから、オメギャング、ベルへーヴェン、ファイブ・ボローから、馴染み深いテカテ、ミラー・ハイライフ、カールスバーグまでが揃います。ダウンイースト・サイダーは、まるで新鮮なアップルジュースのような味わいで、ゴクゴク飲めます(=危険です)。
カクテルは、ピムズ・カップ、メズカルのマルガリータ他定番から、冬は、ホット・トディ、スパイスド・サイダー、ジャマイカン・コーヒーなどのホット・ドリンクもあり、円形のバーなので、誰が何を飲んでいるのかを、観察するのも楽しいです。
フードは、イギリス、西インドにインスパイアされたメニューで、ムール貝&フライ、サラダ、フィッシュ&チップス、フライド・ピクルスなど、ガストロパブという名前がよく表しています。めったに見ない、フライド・オレオに挑戦した時は、死ぬほど甘いのでは、という想像を超え、甘さ控えめのフレンチ・トーストみたいな味で、安心しました。パブ・タイム(5 pm—)とレイト・ナイト(10 pm —)では、メニューが少し変わりますが、夜遅くに美味しいフードが食べられるのは、とても貴重なのです。
バーテンダーがかける曲も、インディ・フレンドリーで、普通に話しやすいボリュームで、混みすぎる事がなく、地元の人に愛される、バーのお手本です。

The rookery bar 425 Troutman St Brooklyn, NY 11237 718-483-8048 Mon-Fri 12 pm-4am Sat, Sun 11 am to 4 am http://www.therookerybar.com

フォーチュネイト・ブラザーズ

12/3/2017 Yoko Sawai
私は、16年前にウィリアムスバーグに引っ越してきました。イースト・ヴィレッジに住んでいた時は、狭く、うるさく、高く、もう少し広くて、静かで、リーズナブルな値段のアパートを探した結果がウィリアムスバーグでした。2001年9月11日に引っ越した時は、それこそ9/11事件の真っ只中でしたが、前から9/11に引っ越しすると決めていて、オロオロしている暇もなく、ウィリアムスバーグ・ブリッジを自転車で渡り、引っ越しました。ルームメイトも、本当に私が引っ越して来てびっくりしていました。
当時ウィリアムバーグには、小洒落たレストランもカフェもバーもなく、引っ越したばかりの時は、私には仕事もなく、黒人2人組にホールドアップにあったり、持っていたハンドバッグを自転車で盗まれたり、ブルックリンは怖い所だ、と言う印象で、家に帰る時はとても注意していました。
そんな時に、2ブロック先に、フォーチュネート・ブラザーズを見つけ、殺伐とした近所に、オアシスを見つけた気分になりました。昔からこの近所にあるイタリアンカフェで、ケーキ、ジェラート、クッキーなど、スウィーツが豊富で、そこにラップトップを持ち込んで(wi-fiはない)、色んな記事を脇目も振らず書いていました。店員も嫌な顔何一つせず、近所のおじいちゃん、おばあちゃんに紛れながら過ごすカフェの日々で、段々とこの近所が好きになったものです。
いつ行っても開いている、という安心感と、昔ながらの雰囲気が、今も続いているタイムカプセルのようなカフェです。チーズケーキやティラミスやジェラートや、カノーリや、イタリアンクッキー(ジェリー入り)など、色々試しましたが、今は、スワン型のシュークリームとコーヒーに落ち着いています。周りはヒップなお店が増えていますが、ここにいると、1980年代のウィリアムスバーグにいるような気分になるのです。ウィリアムスバーグに長く住んでいる人には、こことbamonte’sと言われるほど、近所に根付いた、ランドマーク的なカフェなのです。昨日行くと、すでにクリスマス満開で、やはり、近所のおじいちゃん、おばあちゃんで賑わっていました。






Honey’s Wednesday vol.10 - Holiday Market 12/13/2017

12/16/2017 Text by Yoko Sawai




2017年、最後のハニーズ・チューズディは、ウエンズディに変更しての開催となりました。今回はホリディ・スペシャルとして、ホリディ・マーケットを開催しました。オンタイムです。
いつものたこ焼きに加え、牛の角煮、豚汁、どら焼きがヴェンダーに加わりました。シェフが作る料理なので、ちょっと摘むには、申し訳ないくらい美味で、角煮には、ほうれん草やゆで卵、マッシュポテトなど、きちんとサイドも計算されていました。どら焼きにミードのペアリングが、意外にいけました。





他には、地元のアーティストが作る、アート、小物、オモチャ、バッグ、香水他、世界で一つしかないアーティザングッズが並び、ライブ・ドローイングがあったり、タロットリーディングがあったりと、どれも目に良い刺激でした。タロット・コーナーには、いつも人がいて、皆さん真剣に聞いていました。何を読んでもらったのでしょうか。






音楽は、Ravens and Chimes(http://ravensandchimes.com)のAsherが、インディ・アート・ロックな曲をアコースティックでインティメイトなセットを披露し、DJは、Lost childrenとBogaroの安定チームが担当し、ダーク・ウエイヴス、シンセポップから、まったりしたホリディ・ソングまで、多様な選曲で場を盛り上げてくれ、心地よいパーティとなりました。



本年は、ハニーズ始め、参加してくれた皆様どうもありがとうございました。


来年一月はニュー・イヤーズ・パーティとして、1/9に開催しますので、カレンダーの記入をお忘れなく。2018年も、音楽&たこ焼き+豚の角煮(!)&ビヨンド・パーティが盛り沢山でお送りします。 





Honey’s  93 scott Ave Brooklyn, NY 11237 401-481-9205 Mon-Thu, Sun 5 pm to 2 am Fri, Sat 5 pm to 4 am http://enlightenmentwines.com
Honey’s tuesday  毎月第2火曜日 8 pm to 11 pm

Honey's Wednesday!

今日です!



外はとても寒いですが、一度ハニーズに到着してしまえば、ワインやカクテルを嗜みながら、豚汁やたこ焼き、アートや音楽で、心も身体もあたたまるはず!



是非いらしてください。

ドクター・マーティン・プレゼンツ

Text by Yoko Sawai 12/3/2017
NYでは、シューズブランドがインディバンドをサポートするような形をとって、ブランドのプロモーションをすることがあります。
何故かいつもシューズブランド、+インディーバンド、なのですが。
2016年までは、コンバースによる、「Converse Rubber Studio」 というレコーディングスタジオ / イベントスペースがブルックリンにありました。そこで無料でレコーディングしたバンドの、コンピレーションダウンロードカードが店頭で配布されたり、Converse Rubber Studio でライブイベントが催されたりもしていました。 

また、インディ・バンドといえば VANS(vans.com)、と言っても良いくらい、グリーンポイントのヴァンズのイベント・スペース「ハウス・オブ・ヴァンズ」では、毎月のようにインディ・バンドが演奏していました。そこでは、ヴァンズのカスタム・シューズやTシャツ、ネイル・アート、フォトブースがあり、ビタミン・ウォーター、ジーコなどのドリンクが振る舞われ(全部フリー)、バンドも、ダム・ダム・ガールズ、ドラムス、プリンセス・ノキア、ロイヤル・へッドエイクなどの旬のバンドが、ラインアップされていました。 そのハウス・オブ・ヴァンズが、来年のセッションを最後に、クローズすると聞いた時は、大企業がインディ・バンドを応援する事は、もうないのだろうか、と思いました。 http://www.brooklynvegan.com/house-of-vans-brooklyn-will-close-after-2018-season/
https://www.vans.com/house-of-vans.html

が、最近ブーツで有名な、ドクター・マーチンが、頻繁にインディ・バンドと組んでショーを開催しているのです。 http://www.drmartens.com/us/dm-presents-music-tour
https://worndifferent.drmartens.com/?lang=us
ベッドフォード・アベニューにもお店をオープンし、ヒップスター御用達のステイタスを獲得しようと必死なのか、地元のイケている音楽会場と組んで、毎週のように、ショーを開催しています。
12/1金曜は、最近オープンした会場、エルスホエ…

シューペリオリティ・バーガー

Text by Yoko Sawai 11/29/2017
最近はイーストヴィレッジづいていますが、今回は大人気の、シューペリオリティ・バーガーを紹介します。 オーナーは、かの有名なイタリアンレストランのデル・ポストでペイストリー・シェフをしていたブルックス・ヘッドリーです。手先の器用さと前向な考え、技術を持って、季節的、革新的なデザートが評価され、2009年には、大阪の阪急デパートで、イタリアン・デザートの講座を開いたり、2013年には、シェフのオスカー賞でもある、ジェイムス・ベアード賞も取っています。
が、彼はその前に、パンク・ドラマーでもあります。バルチモア出身、ユニバーサル・オーダー・オブ・アルマゲドン、ボーン・アゲンスト、メンズ・リカバリー・プロジェクト、な数々のワイルドなパンク/ハードコア・バンドのドラマーとして活躍していました。
数年前に、ブルックリンはウィリアムズバーグにあった、今はなきブラック・ベアというライブハウスに、ミュージック・ブルース(ハーベイ・ミルクのスティーブ・タナーのソロ・プロジェクト)を見に行った時に、ドラムを叩いていたのが、ブルックスでした。そのショーが、彼のレシピ・ブック「ファンシー・デザーツ」のリリース・パーティだと知ったのは、会場で、ファンシーなデザートが配られていたからです。「彼を知らないの?」と言われながら、食べたブルックスお手製デザートの味は、クリーム・ブリュレっぽく、舌に優しく、もう一つ、二つと欲しくなるスウィーツでした。
そのデザート・シェフで有名な彼が、オープンしたのは、ベジ・バーガー屋なのです。今まで3回ほど足を運び、あまりの人の多さに諦めていましたが、ようやく食べる事が出来ました。 シグニチャー・メニューのバーガーは小ぶりですが、ベジパテの味が濃くて、複雑で美味しく、思わず何が入っているのかあけてしまいました。バンズは、BBQをする時に登場しそうな、ポテト・バンズで、ホワイト・キャッスルを思い出しました。彼の狙いなのでしょう。

サイドの野菜メニューも、日替わりメニュー(この日はポテトコロッケ・バーガー)も、「うわ、何入ってるんだろう」、と家では真似できない味なのです。高級レストランで培った技術を惜しげなく行使しています。もちろん。彼お得意のスイーツ、ジェラートもあり、それを目当てに来る人も多かったです。普通に出て来る水も、…

ニュー・ミュージアム

Text by Yoko Sawai
11/25/2017
先日、イースト・ヴィレッジ/ノリータのホールというアート・ギャラリーに行きましたが、ブラック・フライデーの日に、ホールのご近所のニュー・ミュージアムを探索しました。 元々1977年に、ホイットニー・ミュージアムのキュレーターだった、マルシア・タッカーによって、世界中の冒険的な、現代モダン・アートのみを展示するミュージアムとして、チェルシー・アート・ミュージアムの中に設立されました。2007年に、現在の場所に引っ越し、東京の建築家チームのSejima +Nishizawa/SANAAとニューヨークのgensler によりデザインされた、7階建の縦長のビルは、見た目に斬新で、2008年に、世界の不思議な新しい建築物の一つにも選ばれました。
ニュー・ミュージアムは、ギャラリーとイベント・スペース、シアター、沢山の資料やコンピューターのあるリソース・センター、そして週末のみ、眺めの良い屋上、スカイ・ルームがオープンしています。 只今の展示は、Trigger: Gender as a Tool and a Weapon(トリガー:ツールと武器としてのジェンダー)と題され、政治的な動乱や更新された文化戦争の瞬間に、2進法を越えるジェンダーを探求する世代間のグループを取り上げていました。ヴィデオ、ペインティング、コラージュ、インスタレーション、レコード(アーティストの?)、写真などの作品が、4フロアに渡って展開されていました。細い階段を降りるたびに、新しいアートに遭遇し、アイディアに驚かされたり、⁇が募ったり、ヘッドホンでヴィデオを堪能したり、新鮮な体験でした。サウス・ギャラリーでは、別の展示が行われ、コソボ・アーティストの、斬新な枝のインスタレーションや、ハーレムやニューヨークの近所を映した、LAベースのフィルム・メーカーの作品など、快適なクッションに包まれていると、どんどん人が集まってきました。皆さん、ブラック・フライデーで、買い物お疲れの後に、サクッと寄ったのでしょうか。都会の中の、オアシス的な役割を果たしているのかもしれません。





New Museum http://www.newmuseum.org/ 235 Bowery  New York, NY 10002