Skip to main content

Posts

Showing posts from January, 2017

Cape Town in South Africa

1/16/2017
Text by Yoko Sawai (番外編 - 南アフリカ) 
2017年新年早々1/9-1/12に、南アフリカの最南端の都市のケープタウンに行って来ました。元ルームメイトがサウス・アフリカ人で、彼の兄がケープタウンで音楽ライターをしているとの事で、ケープタウンの音楽シーンを紹介して貰おうと思ったのです。NYもアイスランドも良いですが、想像が付かなすぎる南アフリカの音楽事情なんてもっと良い。と言うのは表の事情で、一月末に、家の事情で裁判所に行き(大家に訴えられている)、自分達のスタジオを引っ越し、機材も揃えなければと言う、沢山のプレッシャーに挟まれ 、半ヤケクソになっていたからなのです。
初めてのサウス・アフリカン・エアラインも問題なく(料理は基本ビーフかチキン、15年前の米系のエアラインっぽい)、山と海とが両立するミラクルな、ケープタウンに降り立ちました。最初の日は、風が強く、山に雲がかかっていましたが、次の日からは快晴で、ケープ・ポイント(アフリカ大陸、最南端のポイント)にハイキングに行ったり、ワイナリーに行ったり、サーフィンをしたり、テニスをしたり、ショッピングをしたり、普段しない事を思う存分しました。とにかく自然がすごいです!テーブル・マウンテンにライオンズ・ヘッドなどの山々の隣には海が広がり、輪郭がクリアで、湾の形が見渡せます。喜望峰(Cape of good hope)に着いた時は、自分が改めて最南端にいることに感動したものです。南極大陸に近いのでペンギンもいるし、鳥が何百羽と峯に留まっているし、自然って偉大だなーとしみじみ。
私が滞在したのは、グリーンポイントというエリアで、その名の通り緑が多く、公園、テニスコートがあり、バー、レストランも多い場所です。その隣はシーポイントで、海に近く、たくさんのサーファーがいます。ダウンタウンに行くと、高いビルが聳え、ショッピングセンター、ホテルなどが充実しています。
私が好きだったのは、ウッドストックというエリアです。インダストリアルで、グラフィティーがそこかしこにあり、家具を作る工場、アーティスト達が集まるオールド・ビスケット・ミルズというモール、ブリュワリーがあったり、歩くのが楽しいエリアでした。




ランチに、海辺のレストランに行くと、そこは別世界です。素敵な海の景観が目の前に広がり、カモ…

Rosemont

1/6/2017 Text by Yoko Sawai
お正月から、新しい場所に出かけています。
トラッシュバーというライブハウスがウィリアムバーグにありました。ウィリアムスバーグのパンクキッズが集まる場所として、5年ほど機能しましたが、2015年6月に閉店しました。そのオーナーがブッシュウィックに新しいジャズ・バーrosemontをオープンしました。パンクバーからジャズバーへ転向とは、どう言う事なのでしょう。知り合いのミュージシャンがプレイすると言うので、早速遊びに行きました。
L線のLorimer Street, もしくは Montrose Avenue駅が最寄りと言う、少し変わった場所にあるのですが、バイブはとても快適で、バックヤードでマッタリしても、バーでバーテンダーと語っても、ライブバンドを見ても、自分の好きなように楽しめます。ドリンクもリーズナブルで、ビール、ワイン、ハードリカーも揃っています。不定期で、DJ、パーティ、ムービーナイト、ライブショーをやっています。昔ウィリアムスバーグにあった Roseや まだ健在のst maize (http://www.stmazie.com/)のような雰囲気です。

この日は、中村たくやさんと山本ユースケさんと言う、NY在住期間も長い、日本人の玄人ミュージシャンが、素敵な宇宙電子音楽を提供してくれました。 たくやさんは、シンセ、トランペット、ボーカルなどを駆使し、音を創りあげていき、そこに、ユースケさんのジャジーなドラミングが、ヘビのように絡まっていきます。長年プレイしている同士なので、阿吽の呼吸で遊び心ある音を即興で広げていきます。観客が飽きないように、色んな音を加えて行くので、次は何?と期待が高まります。お客さんは、友達他、ランダムでした。
たくやさんは、「こんな感じで自由にできるバーは、少なくなった」と寂しそうに言っていましたが、明らかにここでのプレイを楽しんでいました。オーナーは、「トラッシュバーから続く、ロックンロールの精神は忘れてないけど、最近はもっぱら、ジャズなどイージーなバイブに興味がある」と言ってました。ロックン・パンクなショーも良いですが、ゆったり座って、ドリンクを楽しみながら音楽を見るのは、そこにいる人達とより繋がれる気がします。どんな人がプレイしているかで、その場所は、出来上がっていくのでし…

75 dollar bill & friends @ troost

1/4/2017
Yoko Sawai


大晦日は年越しパーティのハシゴ、お正月は1日目から、ショーを見にいくという、いつもながらの生活です。 元旦は、ヘビーメタルバーのSaint VitusでRainer MariaとOlivia Newtron-Johnを見ようと、グリーンポイントの Manhattan Aveを北へ歩いていました。元旦ですが、人は出ていて、いつもの日と変わらない感じです。 歩いていると、たまに行くバーがあり、何か音楽をやっているようです。入って見ると、大勢の人がぎゅうぎゅうになりながら、音楽を楽しんでいました。

プレイしていたのはNathan Bowles。ターミナル5に、Kurt Vileを見にいった時のオープニングで、その時は見逃したので、ここで見れるのは何かの縁を感じました。更に、このショーは、75 dollar billと言う2人組がホストするショーの第一日目で(元旦から一週間)、毎日のように違うミュージシャンが、彼らとコラボレートする、特別なショーでした。
75 dollar billは、レコード屋、音楽会場などでも見ていますが、バスキングとして始まったので、誰とでもどこでもコラボレートが出来る演奏力を持っています。ギターとプレイ・ウッド・ボックス(=彼のイス)でビートを紡ぎ、ブルースをルーツにジャズの要素も入れながら、ホーンや沢山の音を加え、即興に音を広げていくのです。この日は、先出のNathan Bowlesも彼らに加わって、フォーキーで、実験的な音楽模様を展開していました。 バーでは、ドリンクが頼めないほどの混みようでしたが、 子供がいたり家族フレンドリーなショーでした。元旦から幸先が良いです。Rainer Mariaは諦めましたが、予定通りに行かない所もブルックリンらしいです。

Troost  1011 manhattan Ave  Brooklyn, NY 11222 347-889-6761 http://troostny.com/