Skip to main content

Cape Town in South Africa

1/16/2017
Text by Yoko Sawai
(番外編 - 南アフリカ) 

2017年新年早々1/9-1/12に、南アフリカの最南端の都市のケープタウンに行って来ました。元ルームメイトがサウス・アフリカ人で、彼の兄がケープタウンで音楽ライターをしているとの事で、ケープタウンの音楽シーンを紹介して貰おうと思ったのです。NYもアイスランドも良いですが、想像が付かなすぎる南アフリカの音楽事情なんてもっと良い。と言うのは表の事情で、一月末に、家の事情で裁判所に行き(大家に訴えられている)、自分達のスタジオを引っ越し、機材も揃えなければと言う、沢山のプレッシャーに挟まれ 、半ヤケクソになっていたからなのです。

初めてのサウス・アフリカン・エアラインも問題なく(料理は基本ビーフかチキン、15年前の米系のエアラインっぽい)、山と海とが両立するミラクルな、ケープタウンに降り立ちました。最初の日は、風が強く、山に雲がかかっていましたが、次の日からは快晴で、ケープ・ポイント(アフリカ大陸、最南端のポイント)にハイキングに行ったり、ワイナリーに行ったり、サーフィンをしたり、テニスをしたり、ショッピングをしたり、普段しない事を思う存分しました。とにかく自然がすごいです!テーブル・マウンテンにライオンズ・ヘッドなどの山々の隣には海が広がり、輪郭がクリアで、湾の形が見渡せます。喜望峰(Cape of good hope)に着いた時は、自分が改めて最南端にいることに感動したものです。南極大陸に近いのでペンギンもいるし、鳥が何百羽と峯に留まっているし、自然って偉大だなーとしみじみ。

私が滞在したのは、グリーンポイントというエリアで、その名の通り緑が多く、公園、テニスコートがあり、バー、レストランも多い場所です。その隣はシーポイントで、海に近く、たくさんのサーファーがいます。ダウンタウンに行くと、高いビルが聳え、ショッピングセンター、ホテルなどが充実しています。
私が好きだったのは、ウッドストックというエリアです。インダストリアルで、グラフィティーがそこかしこにあり、家具を作る工場、アーティスト達が集まるオールド・ビスケット・ミルズというモール、ブリュワリーがあったり、歩くのが楽しいエリアでした。





ランチに、海辺のレストランに行くと、そこは別世界です。素敵な海の景観が目の前に広がり、カモメやアザラシ、時にはイルカが裸眼で見えるのです。ちょっとお茶を、とヴィクトリア朝のレストランに立ち寄った時は、お茶とスコーン、スナックなどで十分贅沢気分を高め、テニスコートやプールサイド、ボタニカルガーデンの如きの庭を散歩をしても、2人で$15ほど。こちらの物価は安く、$1は約14zarです。

ボンベイ・バイシクル・クラブというテーマ・レストランに行った(びっくりドンキーみたいな)時は、Tinaというキラキラなラメを顔に散りばめた、キュートな女の子(自分は月からきたと言いはる。実はドイツ人)が対応してくれ、料理の説明はもちろん、頼んでないのに、ケープタウンの観光客、地元の噂、色んな下世話な話も長々してくれました。料理は、シーフードが美味しいですが、基本何でもあります。肉食も多かったですね。

知り合いのバーベキューに誘われ、ホテルのルーフトップにお邪魔した時は、色んな国の人達が集まっていて、色んな話しを聞きました。ジンバブエ出身の男の子が、「僕の国は、昨日1ドルで買えたものが、次の日には5億ドルになるんだ」と言っていたのにびっくりしました。今もまだ同じ状況なので、彼は、ケープ・タウンに引っ越したらしいです。ここではair bnbで生計を立てているそうで、テナントを沢山連れて来ていました。私がお世話になったair bnbの男の子はサーファーで、近所の説明、オススメ・スポットなどを丁寧に紹介してくれ、何かあればすぐに電話して、などとても親切でした。実際、ヒューズが飛ぶと言うハプニングがありましたが、すぐに対応してくれました。信頼できますね。
一緒にテニスをした男の子は、ミュージシャンで、ベースとピアノを弾くと言ってました(テニスがやたらうまかったですが)。ニューヨークで、ミュージシャンとして暮らしてみたい、と興味津々でした。未来のスターが生まれると良いですね。

気になるケープタウンの音楽事情は、インディロック・ミュージックと言うのは、あまり人気はなく、ヒップホップ、ジャズ、ドラムン・ベース、トライバル辺りが人気のようです。若者達が集まるクラブ、ライブハウス、バーなどが、ズラーっと並んでいるエリア、ロングストリート、ループストリート、クルーフストリート辺りでは、溢れるほど人が集まり、ワイワイと夜な夜な楽しくやってるように見えました。本で南アフリカの音楽といえば、ゴム(Gqom)らしいですが、私はたどり着くことは出来ませんでした。

基本、カフェ、レストラン、洋服屋、道を歩いていても、どこへ行っても、人はとってもフレンドリーで、表示も殆どが英語なので、難なく生活出来ます。ただ、ケープタウンは、エリアによっては、まだ黒人が働き、白人がお金を使う、と言う昔ながらの制度が色濃く残っているのです。貧富の差もかなりあるようで、空港に近いタウンシップという地域には、瓦礫でできた家がズラーっと並んでいて、毎日物乞いをしている人達がいます(車に乗っていると、必ず物乞いに会いました)。車はパーキングの際に、そこにいる人にチップを払わないと、車を滅茶苦茶にされると聞いたし、道には大体、昼でも夜でも、黒人の男の子達がウロウロしていました。少し前のニューヨーク、ニューオリンズの感じですが、自分で自分を守るのは何処でも一緒ですね。

雄大な自然がすぐに近く、文化的でみんなおおらかなアフリカ(少なくてもケープタウン)の概念は、完璧にアップデートされました。

NYからは、Johannesburgまで16時間、そしてcape townまで2時間のトータル18時間の道のり。季節は逆。次はもっと文化的なJohannesburgに挑戦したいです。

Comments