Skip to main content

Kurt Vile & The Violators / Woods @ Terminal 5

12/30/2016
Text by Yoko Sawai

Kurt Vile とWoodsと言う、2組のインディロッカーのショーに行きました。

Woodsはブルックリンのサイケ・フォーキー・ロックバンド。最近では、インディ・ロックから、レゲエ、アフリカン、ジャズ などのトロピカルな色が入り、ドラマー、ギター、ベース、ボーカル/ギター、サックス/キーボード、時にホーンが入り、ンディの中でも、キャレキシコやマイ・モーニング・ジャケットのような大御所の貫禄を醸し出しています。


Kirt vileは、フォーク、ニューウエイブ、カントリーなどをミックスしたちょっと変わったバイブを持つシンガーです。語るように歌う、彼の歌詞にはユーモアがあり、バンジョー、ピアノなどの音が、よりフォーキーにフリーキーに響き、酔いどれのダーティシンガーという、憎めないキャラができ上がるのです。個人的には、ボブ・ディランに通じる所があります。彼のバックバンドのthe violatorsには、mice parade, the swirlies のrob raaskoなど、玄人ミュージシャンが参加しているので、音はマジシャンのように、スルッと入ってきます。

バンドを見たのは、ターミナル5と言うミッドタウンの大会場です。この会場は、遠い(56 st & 11 ave)し、音がプラスティック見たいに聞こえるので、好きではないですが、この日はどちらも、年明け前の忙しない時を、至福の時間に変えてくれました。良いバンドがいれば、その時は幸せ、他の事は全て忘れ、そこに集中します彼らに共通していたのは、フォーキーでダーティで、サックス、ホーンなどの管楽器が入る所です。メンバーが、マルチプレイヤーなので、曲毎に楽器をコロコロ変えていくのも、2016年ショーでよく見ました。サックスとマルチプレイヤーが2016年のキーとして、2017年も、沢山の良いバンドに出会える事に期待します。



Terminal 5

610 w 56 th st
New York, NY 10019

Comments