Skip to main content

Posts

Showing posts from February, 2017

Cape House

2/14/2017 Text by Yoko Sawai L線のMorgan Ave駅から徒歩5分、元々Amancay's Diner, Max Cellarだった所にオープンしたCape House。グラフィックが激しく描かれた壁(Amancay's Dinerからの名残?)の中に入ると、 クリーンなビーチハウス感溢れる海の家=Cape houseがあります。ニュー・ イングランド地方に点在するクラム・ シャックをモチーフにしたレストランで、クラム・チャウダー、 牡蛎などのロウバー、揚げハマグリ、帆立貝、 鱈などのシーフードは勿論、ハンバーガー、ホットドッグ、 季節の 野菜(カリフラワーが美味!) などのオプションが楽しめます。 ドリンクは、ニュー・ イングランド地方のビールを始めとするドラフト/缶/ ボトルのセレクション、ワイン、マイタイなどのティキ・ スタイルのカクテル(フローズンかロック)があります。 内装は、まさに海の家で、ホットドッグやフライなどは紙皿、 ムール貝やサラダなどは、陶器のお皿でサーブされます。 サーバーやバーテンダーは、 近所に住んでいそうなブッシュウィッカーで、 とてもフレンドリーです。 この日2/12は、地下にダンス・クラブがオープンしました。 元々音楽会場(max cellar)だったので、音楽システムはバッチリ完備で、 地元DJがノリノリのハウス、テクノ・ミュージックをかけ、 スモークマシーン、ミラーボールをフル稼働させ、 午前12時を回る頃には、 オシャレしたヒップスター達でギュウギュウでした。 上のレストランでみた顔や、 向かいにあるファンシー・ メキシカン「Guadalupe inn」 でディナーした後に、 ふらっと降りて来た感じの混合したクラウドでした。 これから旬のバンド、 DJなどを定期的にブックしていくらしいので、 この一角からは目 が離せません。 Cape house 2 knickerbocker Ave Brooklyn, NY 11237 718-821-2580 Mon, tue: 5 pm to 2 am  Wed-fri : 5 pm to 4 am Sat:

nhà minh

1/15/17 Text by Yoko Sawai ランチは滅多にしないのですが、nhà minh、 最高に美味しいベトナムカフェに行こうと頑張りました。 夜8時に閉まるから頻繁に行けない、と思っていたら、今年から、 営業時間が夜10時までに変わってました。 少しこのカフェとのエピソードを。 私は、 5年ほど前までウィリアムスバーグでカフェを切り盛りしていまし た。 近所のアーティストやミュージシャンが集うカフェで、 度々アートショーや音楽ショーなどを開催していました。 そこで出会ったのがJake Klotz (ジェイク)で、 彼は私のバンドのショーをオーガナイズをしてくれたり、 飲みに行ったり、良い付き合いをしていました。 カフェから2ブロックぐらい先に、とても美味しいベトナム・ カフェがありました。ランダムに閉まっていて( 今日はサーフィンに行くなどの張り紙あり)、 いつ空いているか分からないにも関わらず、そこのベトナム・ サンドイッチが好きでよく食べに行っていました。 オーナーも音楽好きみたいで、 いろんなショーで遭遇して顔見知りでした。 数ヶ月前、友達のショーに行くと偶然ジェイクがいて、 最近ブッシュウィックでベトナム・カフェを始めて、 アートショーをやるから是非来て、と誘われました。 「もちろん」と数日後、アートショーへ行くと、 小さいながら可愛い作りのカフェで、 ビールやフードが振舞われていました。ジェイク がシェフを紹介し てくれると、彼はなんと私が好きで通っていたベトナム・ カフェのオーナーでした。 オーナーのフレッドも、もちろん私を知っていて「 お互い知り合いだったの?」と大笑い。 彼らは私が経営していたカ フェで知り合ったのだそうです。 2FのバルコニーではDJがプレイしていたのですが、 たまに私達のショーをブックしてくれる男の子でした。 「彼はここのお客さん、毎日来てるよ」とジェイク。 彼は今日も来ていて、ジェイクが「今日アートショーがあるから早く閉めるんだ」 と言うと「DJやっていい?」というので「いいよ」 と言ったんだ、と。なんて緩い、なんと地元フレンドリー。 「このカフェが単純に好きだから」とDJのロバート。 彼らは、アートショーを定期的に開催し、 メニュー