Skip to main content

Posts

Showing posts from March, 2017

「ビヨンド・ゴジラ:オルタナティブ フューチャー&ファンタジー」& ツイスティ・ボンボン @ジャパン・ソサエティ

3/27/2017
Yoko Sawai

以前このブログでも書いた通り「ビヨンド・ゴジラ:オルタナティブ フューチャー&ファンタジー」という映画祭が3/24からジャパン・ソサエティで始まりました(4/8まで)。
キュレーターであるマーク・シリングがこのシリーズについての説明を、上映前にしてくれました。元々はイタリアのファー・イースト・フイルム・フェスティバルという映画祭で上映された作品で、東宝映画のスーパースター(=ゴジラ)の先を行く「怪物映画」と言うテーマで、幅広い日本のサイファイ/ファンタジー・ジャンルのタイトルを集めたそうです。


オープニング・ナイトでは、1959年のサイファイ・ホラー映画 "The H man (美女と液体人間)"を上映。人間が不気味な液体のモンスターに襲われ、溶けてしまうお話です。字幕でなく吹き替えなのが残念でしたが、内容は、ライト・ホラーで、そりゃないよ!と、クスッと笑う場面も沢山ありでした。1959年の日本の景観(建物、乗り物、ファッションなど)を見るのは、ノスタルジックで、レトロでありました。


映画の後は、ブルックリンのデュオ、ツイスティ・ボンボン が演奏するパーティへ移動しました。シルバーのドレスにロング・ブーツのメンバーが奏でるポップ音楽に、幾何学的な映像が入ると、会場も景気付き、未来感漂うサイファイ・ムードへと盛り上がっていきました。

軽食を摘みながら、ドリンクを楽しみ、音楽も堪能出来る、映画祭は盛り沢山です。

ジャパン・ソサエティでは、この映画祭の他に、4/28に「ゴジラ・レジェンド-伊福部昭」というゴジラの曲をオーケストラで演奏する、ゴジラ関連イベントがあります。映画部長の直々オススメなので間違いありません。

ジャパン•ソサエティ

3/20/2017 Yoko Sawai
ジャパン・ソサエティは、アメリカと日本をグローバルな視点で理解するためのNYの機関で、日本文化や、日本語を勉強したり、カルチャー・プログラムやイベントがあったり、日本に興味がある人なら、一度は訪れる場所かもしれません。
その中でも映画プログラムは独特で、毎回、どこからこんな映画を探し出してきた?というほどのレア映画が勢揃いしています。そのせいか映画祭は、映画オタクの中ではカルト的人気です。
今週の金曜日3/24から「ビヨンド・ゴジラ:オルタナティブ フューチャー&ファンタジー」という映画祭が始まります。
Beyond Godzilla: Alternative Futures & Fantasies in Japanese CinemaFriday, March 24 ― Saturday, April 8
1954年の映画「ゴジラ」以降、このモンスターは、日本のポップカルチャーのシンボルとして君臨してきました。そのゴジラ以降のSF /ファンタジー映画をジャパンソサエティがキュレートし、特撮や怪獣映画など、合計7本が上映されます。
1日目のオープニング・ナイトでは、映画"The H man "(美女と液体人間=放射能で人が液体になってしまう話) の後パーティが行われます。





パーティでは、NYのポップデュオのツイスティ・ボンボンが、フェスティバルのテーマに沿った、新たな世界を表現しますのでパフォーマンスも楽しみです。 http://www.japansociety.org/event/the-h-man

こんな昔に作られた映画を、今見ていること自体が、既にフューチャリスティックです。たまには映画を見ながら、色々思い耽るのも良いですね。

Honey's Tuesday Vol.1

Yoko Sawai 3/15/2017 3/14 火曜日に、今一番いけてる(何回も言います)、ミード・バーのハニーズ で、Honey's Tuesdayと言うイベントを開催しました。
フード&音楽&ミードを楽しむコンセプトで始まった1回目は、たこ焼きとダーク・ウェイブDJs(Lost Children & Van Goose)の組み合わせ。大阪のソウルフードたこ焼きを、NYのピザぐらいの地位にあげるために、たこ焼きを振る舞い(著者は大阪出身)、そこに良い音楽とミードが加わり、普段の退屈な火曜日をマジカルで楽しいHoney's Tuesdayに変えてくれました。



この日は、大雪ステラに見舞われ、お店が殆ど閉まった日だったのですが、"Get out of the snow ball and get into an octopus ball!"というハニーズ・ポストのお陰か、沢山の人に来て頂き、バーテンダーからお客さんまで、みんなにたこ焼きを食べて頂きました。 タコや魚がダメ、と言ってタコ抜きをオーダーした人も、みんなが食べているのを見て摘んでいたり、今までタコも魚も食べれなかったけど、これは食べれると言った人もいました。みんなでシェア出来る手軽さと、食欲をそそる匂いが良かったのでしょう。たこ焼きマシーンにも興味津々のようで、アメリカ人のお宅にたこ焼きマシーンがあるのが普通、という日が来るかもしれません。

DJ Lost Children & Van Gooseの音楽が、いい感じに体に響くので、たこ焼きと頭をくるくる回しながらも、ついついミードにてを伸ばしていました。ミードとたこ焼きのペアリングは完璧だし、タコ嫌いの先入観を破るのも、たこ焼きだな、とたこ焼きの新たな強みを発見をした夜でした。
次回は4/18に開催する予定です。火曜日はHoney's Tuesdayへ。






Honey Tuesday

以前、ミード (meadハニーから作られたアルコール飲料)が飲める、素敵なバーHoney'sについての記事を書きました。 http://www.4533nyc.com/2017/03/99-scott-ave-in-bushwick.html
今、ブッシュウィックで一番いけている(!)この一角で、3月より月に一度、火曜日に "Honey's Tuesday"というイベントを開催します。第一回目は3/14。
Lost children とVan Gooseよる DJと、Honey'sのミードと大阪ソウルフード、たこ焼きを楽しんで頂くことができる空間です。
たこ焼きは芳香な香りのミードとの相性もバッチリ。
イベントは毎回変わり、アートショー、コメディショー、ファッションショーなど、Honey'sの空間を使った、楽しいイベントを企画する予定です。イベントは不定期、どこかの火曜日に開催されますので、このブログか、ウェブサイトをチェックしてくださいね。
Honey's Tuesday https://www.facebook.com/events/263290810791331/ Tuesday 3/14 8 pm to 11 pm at honey's  93 scott Ave,  Brooklyn, NY 11237

Contemporary color @ IFC center

3/4/2017 Text by Yoko Sawai
カラーガードを知っているでしょうか。アメリカの中学、高校、大学で、旗やライフルをバトンの様にくるくる回し、マーチング・バンドと一緒にプレイする団体競技です。色彩感や立体的な空間構成が重要視され、主に、フットボールのハーフタイムでプレイされるので「ああ、あれか」と思う人もいるでしょう。 「カラー」とは国旗あるいは軍旗の意味で、軍隊における旗の警護隊を起源とすることから「カラーガード」の名称で呼ばれます。
元トーキング・ヘッズのフロントマンディヴィッド・バーンがこの高校生のハイブリット・スポーツ/ダンス大会、カラーガードのチャンピオンシップを現代のポップ・ミュージシャンとペアリングし、キュレートしたドキュメンタリーが「コンテンポラリー・カラー」、私の好きなOscilloscope Laboratories の作品です。参加ミュージシャンは、セント・ヴィンセント、ゾラ・ジーザス、ネリー・フルタド、デヴ・ハインズ、ハウ・トゥ・ドレス・ウエル、アド・ロック&マニー・マーク、チューンヤードなど、現在の新しい音楽を創る豪華メンバーが勢ぞろい。2015年の夏にブルックリンのバークレー・センターで行われたチャンピオンシップを、パフォーマンス(素晴らしい!)、バック・ステージ(10代のキャピキャピした青春時代の喜びと葛藤 & それを見たミュージシャン達の驚き&たじたじ感)、ディヴィッド・バーンのヴィジョンを、バランス良く捉えています。
私は、セント・ヴィンセントが出演、というだけで、ビンゴだったのですが、他のミュージシャン(特にアドロック&マニーマーク、ゾラ・ジーザス)も、それぞれの持ち味を活かしたステージで(この為のオリジナル・ソングを披露)、カラーガードとの組み合わせも、よく考えられていて、一つ一つのパフォーマンスが終わった後は、拍手喝采でした。パフォーマー、一人一人の顔がアップで映るのですが、そりゃあみんな、いい顔しています(メイクもそれぞれ凝っている)。バックステージでは「夢が叶った!」や憧れのミュージシャンとコラボ出来て嬉しいーーなど、フリークアウトぶりも見ていて、微笑ましいです。それにしても、現代ミュージシャンとカラーガードの組み合わせと言うのは面白い発想ですね。ディヴィッド・バーンのパ…

House of small wonder

3/3/2017 text by Yoko Sawai
久しぶりに昼のウィリアムスバーグを歩いてみました。ベッドフォード・アベニューはもう観光地と化していますが、川沿いに行くと、音楽リハーサル・スタジオがあったり、アート・ギャラリーがあったり、楽器屋があったり、あちこちにネイルサロンや、ジム、オーガニック・ストアなどに新しいお店が対等する中、昔からある場所/店は、新たな層にも受け入れられているようです。
昔(2000年頃)からウィリアムスバーグにあると言えば、日本食レストラン/カフェ。既にブームは過ぎ去り、定番になっていますが、日本人にとっては、マンハッタンに行かずとも、日本気分が味わえる貴重な場所です。2010年にオープンしたハウス・オブ・スモール・ワンダーは、N6 StとWythe Aveというウィリアムスバーグの一等地にあるジャパニーズ・カフェですが、看板しか出ていなく、普通に歩いていると通り過ぎ、意外と知られていません。隣にあるオシャレ割烹ぜんきちが夜の顔なら、スモール・ワンダーは、朝から夕方まで、カップル、グループ、一人、子連れ、いろんな層で賑わう昼のオアシスであります。
メニューは、日本のカフェ飯(タコライス、つくね丼、日本風カレー、洋風ハンバーグ、定食など)の他に、サンドイッチ、スープ、卵料理、フレンチ・トースト、グラノーラなど、ほっこり出来るメニューが勢ぞろい。飲み物は、コーヒーから抹茶カプチーノ、アップル・ソイ・シェイク(!)、スパークリング・ワインや焼酎ベースのカクテル、ビール、ワインなど選択肢も豊富です。屋外の様な、アンティーク感漂うインテリアも心地良く(部屋の真ん中に木が生えています)、ついつい長居してしまいます。 かかっている曲も、心地よいカフェミュージックで、現ウィリアムスバーグのイケイケ感とは正反対に、穏やかな隠れ家気分に浸れます。目立つ事なく、コツコツ続けるこういう場所が、生き残って行くのでしょう。



House of small wonder 77 N 6th St Brooklyn, NY 11211 718-388-6160 Mon-Thu 8:00 am - 7:00 pm Fri 8:00 am - 5:00 pm Sat 10:00 am - 5:00 pm Sun 10:00 am - 6:00 pm http://www.houseo…

Honey's and Bunker

2/20/2017 Text by YokoSawai
ブッシュウィックと言うと、ヒップスター(死語)達の溜まり場所ですが、まだまだインダストリアルです。駅の周りは、賑やかなのですが、例えばMorgan ave駅からJefferson st駅まで、夜歩くと、不安になる程何もなく、Jefferson st駅から数ブロック北へ歩くと、マンハッタンと比べ、一ブロックがいちいち大きいと言う事もありますが、この先何かあるかなー、と心配になる程寂しいです。でも、それを超えると、今一番イケてるミード・ワインバーhoney'sとベトナム・レストランbunkerのある一角に出ます。週末ともなると、どこから聞きつけるのか、車を乗り付け、人がどんどんやって来ます。 私は、去年の夏にオープンした、honey'sのオープニング・パーティに来ましたが、周りには何もないのに、そこだけがお洒落なヒップスターでいっぱいでした。バンドやDJも入り、外には、アイスクリーム屋台までが出ていました(最後にはフリーで振る舞われ、honey'sのワインを飲みながらみんなでアイスクリームを食べると言う、楽しい図が出来上がっていました)。honey'sは、enlightenment wine http://enlightenmentwines.com/のティスティング・ルームとしてオープンし、珍しいミード・ワイン(ハニーから作るワイン)が飲めます。

そして、数ヶ月後には、大人気のヴェトナムのストリート、ホームスタイル・レストランのbunkerがRidgewoodからグレートアップして一角に加わりました。相乗効果でお互いに助け合っています。







ここにもう一つ、イタリアン・デザイン・ショールームのthe spaceが加わっている事は余り知られていません。と言うのは、Max Poglia, Helio Ascari, Alessandro Squarzi のコラボレーションであるこのショールームは、彼らの作品、ナイフ、レザーバッグ、ホームメイドグッズ、そして自転車などをショーケースし、一般には公開されていないのですが、場所を活かして、ハッピーアワー、ヘアカットなどのイベントを不定期でキュレートしています。ここから面白い事が、どんどん飛び火して行くのでしょう。注目の一角です。

Honey'…

Movie -20th century women @ nitehawk cinema

2/15/2017 Text by YokoSawai
基本、映画にはあまり行かないのですが(音楽ショーに行ってしまうので)、 今回の「20 センチュリー・ウィメン」は監督がマイク・ミルズと言うだけで、見に行く事にしました。フィルムメーカー、グラフィック・デザイナー、ビデオ・グラファーなど、マルチな活躍をするマイク・ミルズは、スパイク・ジョーンズ、ソフィア・コッポラ、ジェフ・マックフェトリッジ、キム・ゴードンなどと並び、当時のスケーター世代のヒーローでした。私も、彼がデザインしたXガールのガールズ・ロゴを必死に集め、彼がアートワークをデザインしたミュージシャン達(ビースティ・ボーイズ、ベック、ソニック・ユースなど)を聞いていました。
そんな、彼の長編映画3作目の「20センチュリー・ウィメン」物語は、1979年のカリフォルニア州、サンタバーバラが舞台です。55歳のシングルマザー、ドロシーが、15歳の可愛い息子ジェイミーを「良い男」に育てるために、2人の違う世代の女子、アビーとジュリーにアドバイスを求め、家族、女性、人生 を描いていきます。
映画の登場人物は、実際のマイク・ミルズの周りの人達がモデルになっていて、金髪のサッシー・ガール、赤毛のパンク・ガール、メカニックのヒッピーガイ他、息子ジェイミーは、マイク・ミルズ、ドロシーは彼の母親をモデルにしています。チェーン・スモーカーで猫を飼い、自分の事はあまり語らない彼女ですが、息子に懸命にアドバイスしようと、ブラック・フラッグやトーキング・ヘッズ、レイン・コーツを聞いて踊ってみたり、クラブに連れてってと頼んだり(すぐ帰ってくるのですが)、こんなお母さん、確かにいそうですね。マイク・ミルズの作品は、いつも何か問題を抱える「ボク」が主人公なのですが、10代の男の子と50代の女性の複雑さと愛、そしてサンタ・バーバラというバック・グラウンドに哀愁感が漂います。オーバーサイズのプリントシャツや、ロンTにジージャンなどという、70年代ファッションも、映画を盛り上げていました。彼の奥様、ミランダ・ジュライの映画「Me and You and Everyone We Know 」や「The Futureも、公開される度に観に行くのですが、この映画も彼女の作品に通じる「風変わり」な雰囲気がありました。ノスタルジックというか、夫婦の作品も、似てくるも…