Skip to main content

「ビヨンド・ゴジラ:オルタナティブ フューチャー&ファンタジー」& ツイスティ・ボンボン @ジャパン・ソサエティ

3/27/2017
Yoko Sawai


以前このブログでも書いた通り「ビヨンド・ゴジラ:オルタナティブ フューチャー&ファンタジー」という映画祭が3/24からジャパン・ソサエティで始まりました(4/8まで)。

キュレーターであるマーク・シリングがこのシリーズについての説明を、上映前にしてくれました。元々はイタリアのファー・イースト・フイルム・フェスティバルという映画祭で上映された作品で、東宝映画のスーパースター(=ゴジラ)の先を行く「怪物映画」と言うテーマで、幅広い日本のサイファイ/ファンタジー・ジャンルのタイトルを集めたそうです。



オープニング・ナイトでは、1959年のサイファイ・ホラー映画 "The H man (美女と液体人間)"を上映。人間が不気味な液体のモンスターに襲われ、溶けてしまうお話です。字幕でなく吹き替えなのが残念でしたが、内容は、ライト・ホラーで、そりゃないよ!と、クスッと笑う場面も沢山ありでした。1959年の日本の景観(建物、乗り物、ファッションなど)を見るのは、ノスタルジックで、レトロでありました。



映画の後は、ブルックリンのデュオ、ツイスティ・ボンボン が演奏するパーティへ移動しました。シルバーのドレスにロング・ブーツのメンバーが奏でるポップ音楽に、幾何学的な映像が入ると、会場も景気付き、未来感漂うサイファイ・ムードへと盛り上がっていきました。

軽食を摘みながら、ドリンクを楽しみ、音楽も堪能出来る、映画祭は盛り沢山です。

ジャパン・ソサエティでは、この映画祭の他に、4/28にゴジラ・レジェンド-伊福部昭」というゴジラの曲をオーケストラで演奏する、ゴジラ関連イベントがあります。映画部長の直々オススメなので間違いありません。

Comments