Skip to main content

Movie -20th century women @ nitehawk cinema

2/15/2017
Text by Yoko Sawai

基本、映画にはあまり行かないのですが(音楽ショーに行ってしまうので)、
今回の「20 センチュリー・ウィメン」は監督がマイク・ミルズと言うだけで、見に行く事にしました。フィルムメーカー、グラフィック・デザイナー、ビデオ・グラファーなど、マルチな活躍をするマイク・ミルズは、スパイク・ジョーンズ、ソフィア・コッポラ、ジェフ・マックフェトリッジ、キム・ゴードンなどと並び、当時のスケーター世代のヒーローでした。私も、彼がデザインしたXガールのガールズ・ロゴを必死に集め、彼がアートワークをデザインしたミュージシャン達(ビースティ・ボーイズ、ベック、ソニック・ユースなど)を聞いていました。

そんな、彼の長編映画3作目の「20センチュリー・ウィメン」物語は、1979年のカリフォルニア州、サンタバーバラが舞台です。55歳のシングルマザー、ドロシーが、15歳の可愛い息子ジェイミーを「良い男」に育てるために、2人の違う世代の女子、アビーとジュリーにアドバイスを求め、家族、女性、人生
を描いていきます。

映画の登場人物は、実際のマイク・ミルズの周りの人達がモデルになっていて、金髪のサッシー・ガール、赤毛のパンク・ガール、メカニックのヒッピーガイ他、息子ジェイミーは、マイク・ミルズ、ドロシーは彼の母親をモデルにしています。チェーン・スモーカーで猫を飼い、自分の事はあまり語らない彼女ですが、息子に懸命にアドバイスしようと、ブラック・フラッグやトーキング・ヘッズ、レイン・コーツを聞いて踊ってみたり、クラブに連れてってと頼んだり(すぐ帰ってくるのですが)、こんなお母さん、確かにいそうですね。マイク・ミルズの作品は、いつも何か問題を抱える「ボク」が主人公なのですが、10代の男の子と50代の女性の複雑さと愛、そしてサンタ・バーバラというバック・グラウンドに哀愁感が漂います。オーバーサイズのプリントシャツや、ロンTにジージャンなどという、70年代ファッションも、映画を盛り上げていました。彼の奥様、ミランダ・ジュライの映画「Me and You and Everyone We Know 」や「The Futureも、公開される度に観に行くのですが、この映画も彼女の作品に通じる「風変わり」な雰囲気がありました。ノスタルジックというか、夫婦の作品も、似てくるものなのでしょうか。

会場のナイト・ホークは、ウィリアムスバーグにある映画館で、食事もドリンクも出来る映画館として、いつも賑わっています(ちなみにバレンタインの日は殆どが売り切れでした)。最新の映画からナイト・ホークオリジナルまでを上映し、ペアシートになっているので、デートにぴったりです。食事は、映画によって変わるので、いつも楽しみです。


20th century women


Nitehawk cinema
136 metropolitan Ave
Brooklyn, NY 11249
Mon - thu 4 pm to 1 am
Fri 4 pm to 2 am 
Sat 12 pm to 2 am
Sun 12 pm to 1 am 

Comments