Skip to main content

再オープンしたシークレット・プロジェクト・ロボット

5/6/2017
text by Yoko Sawai

シークレット・プロジェクト・ロボット(SPR) は、ブルックリンのアートスペースで、1999年に、ウィリアムスバーグのサウス・サイドでマイティ・ロボットとして始まりました。2000年代初期のNYのポスト・パンクシーン(ヤーヤーヤーズ、ライアーズ、ラプチャー、アニマル・コレクティブ、!!!など)を影で支えていたのがSPRで、彼らはアーティストに優しいコミュニティを築いてきました。ただ、ウィリアムスバーグの家賃の高騰で、移転を何度か余儀なくされ、最後のブッシュウィックの場所が、去年閉店したのです。次は、遠くのロッカウェイに行くのかクィーンズに行くのかと気を揉んでいましたが、彼らは、自分達の他の施設、バー(ハッピーファン・ハイダウェイ)とギャラリー・カフェ(フラワーズ・フォー・オール・オケージョン)のすぐ近くに場所を見つけたのです。

新しいシークレット・プロジェクト・ロボットは5/4にオープンしました。アート・スペース、パフォーマンス・スペースというイメージの割に、新生シークレットは、よりバーに近い印象でした。それには訳があります。彼らSPRは、1999年ごろから、ウィリアムスバーグでアート・スペースを運営していて、NYの家賃の高騰にもかかわらず、彼らがスペースを維持出来ているのは、2年ほど前にオープンした、彼らの姉妹店のハッピーファンフラワーズにあるのです。
彼らは、厳しいNYで生き残る為に、DIYアート・スペースを維持する為にどうすれば良いか考えました。アートがバンバン売れて、それで生計を立てるのがベストですが、現実は厳しく、アート・オープニングに人が来るのは、アートを買いに来るのではなく、人に会いに、ドリンクを楽しみたいからだと気づきました。人はすぐにアートは買わないけど、ドリンクは買うし、そこでコネクションも生まれます。そこで、アーティストが集まるバー、ハッピー・ファンをオープンしました。アーティストをサポートする為に、従業員はみんなアーティスト/ミュージシャンで、彼らに仕事を提供するのも目的です。そして一年後には、より小規模アーティストをサポートする、ギャラリー兼カフェのフラワーズもオープン。この2件があったからこそ、今回のシークレットの再オープンにこぎ着けられたのです(みんな、よく飲むという事ですね)。
再オープンの初日には、昔のシークレットに来ていた、懐かしい顔、アーティストやミュージシャンが勢揃いしていました。まるで、2000年代のNYポストパンクの時期が戻って来たような同窓会気分。彼らは、もうあまり外出しないらしいですが、ここに信頼の置ける新しいスペースができた事で、またコミュニティが活性化しそうな勢いです。みんなが集える場所がある事は、クリエイターにとって本当に大事です。後から後からどんどん人が来て、日が変わるぐらいには、スペースもバックヤードもバーも、動きが取れない程になり、年配から若い世代までが、交差しているのもいい感じです。シークレットのアートショー、ミュージック・ショーにーも近々始まりますので乞うご期待。

`1


*壁のアートはオーナーのエリック作

Secret Project Robot
https://www.secretprojectrobot.org
1186 BROADWAY, BROOKLYN, NY

Comments