Skip to main content

Eye Roller (アイ・ローラー)、Little Hasle (リトル・ハスル)、Hard Nips (ハード・ニップス)、D'NT (ドント) @ The Gateway Fri 5/12



5/13/2017
Text by Yoko Sawai


金曜日の夜は、ブッシュウィックの音楽会場 the gateway(ゲータウェイ)が熱いです。毎週金曜日は、ドラッグ・クイーンショーをやっていて、映画上映があったり、パフォーマンスがあったり、懐かしの80年代のヒット曲がががり(シンディ・ローパーとか、マドンナとか、ジョージ・マイケルとか)、早い時間から、みんなダンス・フロアで踊りまくっているのです。これまた、80年代?という感じの人が多かったのが印象です。今、2017年ですよね。確認。2Fでは、バンド演奏があり、両フロアを、行ったり来たりで楽しめます。2Fには、ルーフトップもありますので、タバコもOKです。

今回は、アメリカ人なのに関西弁がペラペラな、エリック率いるバンド、アイ・ローラーのデビューショーでした。みんな革ジャン、サングラスで、ギターウルフかと思いました。ストレートな、ガレージ・ノイズ・サーフロックで、男臭い、力強いパフォーマンスを見せつけました。オーディエンスも、ノリノリで踊りまくりでした。





印象的と言えば、最後のD'NT。よくいるギターとドラムの二人組なのですが、何かが違います。ロッキンでグルービーでパンクでブルージーで、かなり激テク&ウマなのです。クリアなドラムセットに、蛍光灯が眩しく、ドラムさばきが、更に眩しく見えたせいもあります。シンガーのアーロンの、ジェントルマンで爽やかな佇まいからは、想像し難い、ジョンスペンサーに通じるような、久々に感じる不器用な90年代感でした。と思ったら、the giraffes (ジラフス)
と言う、90年代後期から2000年代初期に活躍したバンドのメンバーでした。通りで上手い筈です。私、当時the giraffesが好きで、よく聞いてました。
リトル・ハスルは、夢の中のフォークテールとでも言える、シューゲイズ、サイケ、ライオットガールなどをミックスしたチューン満載で、ボーカル・ハーモニーが美しかったです。

ハード・ニップスは、エナジェティックなパンク・スタイルで、会場を盛り上げ、調子に乗って、全部新曲を披露していました。のバンドもそれぞれ個性があり、ブルックリンの音楽シーンを作っている感じがします。色んな世代が交差する、ごった煮感も良いです。ショーの後は、いつの間にか、下のドラッグ・クイーンショーのダンス・パーティに引き込まれまれていました。いろんな楽しみ方があるのがブルックリンです。


 


The Gateway
1272 Broadway
Brooklyn, NY 11221

Comments