Skip to main content

Posts

Showing posts from June, 2017

Little Cinema @ House of Yes

6/28/2017 Text by Yoko Sawai ブッシュウィックっぽい場所と言えば、 ジェファソン駅を降りて徒歩30秒の、 ハウス・オブ・ イエス でしょう。マンハッタンからLトレインの一番後ろの車両に乗り、駅を降りて、右を見ると大きく「YES」 サインがあるので、すぐにわかります。 毎日の様に、シアター、ライブミュージック、DJ、 サーカスなど、 活きの良いイベントを開催している場所なのですが、 今回はリトル・シネマというイベントに参加しました。 定番の人気映画を基盤に、新しいクリエイティブな方法で、 映画を新しくプロデュースする大人気シリーズです。 ロッキー・ ホラー・ピクチャー・ショー と シルク・ド・ソレイユ を足したような、、、と言えばわかりやすいでしょうか。映画、 パフォーマンス、サーカス、ライブバンド、 ブッシュウィック版のエンターテイメントが全て揃っています。 今回で31回目、完璧ソールド・アウトでした。 今回はクエンティン・タランティーノの代表映画「キル・ビル」 をベースにしたパフォーマンスで、場所に入った瞬間から、 スタッフやお客さんが既にコスチューム化して、 仮面男性や女子学生、鼻血を出した人などが沢山いました。 テーマに沿ってか、巻き寿司が売られ、 寿司職人のコスチュームの彼が、勢いよく呼び込みしていました。 映画が流れつつ、シーンにより生音楽になり、 チャンバラ取っ組み合いから、寿司ダンス、 空中ブランコならぬ空中ダンス、蛇と戯れる軟体美女、 死人のスピーチ、女子学生とおじさんのストリップな絡み、 キルビル主人公の剣飲みなど、次から次へと、 目を丸くするパフォーマンスが繰り広げられます。そして、 その度にシャンパンが、雨のように降りかけられるから、 見ている方も覚悟が要ります。今回は映画のテーマで、 キュートな 女子バンド、サラリーマン、寿司職人、演歌歌手など、 日本人キャ ラが多く、文化ミックスが面白かったですが、 2つのシリーズをくっつけ、3時間もの長丁場でした。 総勢30人ほどがステージに登場し、終わった後も隣の小部屋で、 ダンスパーティが続いていました。平日でこれですから、 週末はどうなるのでしょう。ブッシュウィックの底力を見ました。 House of Yes 2 Wyckof

Domo Williamsburg

6/28/2017 Text by Yoko Sawai ウィリアムスバーグに住んでいると、日本人発信の個人店が、 点々とある事に気付きます。House of small wonder, Okonomi, Blank,,, そして今日は、 Domo Williamsburg  に遭遇しました。Manhattan Ave & Jackson Stにあるグローサリー/ギフトショップです。 「Domo」とシンプルに書かれたお店に反応し中に入ると、 愛染のキッチンタオル、ソックス、ポストカード、ハンバーガー・ コースターなどのギフトグッズ、ポッキー、キットカット、 ハイチュウなどのスナック、オーガニック・ ドレッシングなどのグローサリー他、おにぎり(枝豆、サーモン、 梅など)、サラダ、ヴィーガン・マフィンなど、小さいながら、 日本的ツイストの入った、特別感のある物を取り扱っていました。 NYの日本のグローサリー・ストアをおしゃれにした感じです。 私 は、日本の喫茶店などにある、ど派手な色のフード・ サンプルが気になりました。アートとして、素晴らしいですが。 日本でよく見られるフード・サンプルは、 こちらでは珍しいそうです。 この辺りはウィリアムスバーグとグリーンポイントの真ん中で、 イタリア人地域です。 domoはイタリア語で「家」 などを意味するようで、おやっ、 と思って入って来る方が沢山いるそうです。その他、 少し落ちつい た、日本文化にオープンな層が、子供を連れて遊びに来たり、 かなり地域密着系です。 ヴィーガン抹茶マフィンを頂きましたが、 ヴィーガンとは言え、お口に抹茶の味がじんわり優しく、 一つ一つ心を込めて作っているのが伝わりました。お値段も$2. 75とお手頃です。 お客さんの意見を参考に、 どんどん新しい物も取り入れていくそうなので、 これからが楽しみです。 Domo Williamsburg 359 manhattan Ave Brooklyn, NY 11211 347-689-4265 Mon-fri 11 am -8 pm Sat 10 am to 8 pm Sun 11 am to 7 pm http://www.domowilliamsburg. com/

ビンキー・グリップタイト・オーケストラ @スリーズ・アウトポスト 6/21/2017

Text by Yoko Sawai 6/22/2017 スリーズ・ブリュワリー   というビール醸造所がゴワナス (Gowanus)というエリア にあります。そこでは、2 F 建ての 素敵なスペースで出来立てのビールを楽しめるのはもちろん、 ビールに合う食事があり、コーヒーがあり、2 F の小部屋では、 ライブミュージック、トリヴィア、タロット・ リーディングなどが楽しめます。お持ち帰り用の、缶、ボトル、 グローラーもありで、お店は、平日は 2 時、週末は 12 時からオー プンしています。食事は ミート・フック 、コーヒーは ナイン・ストリート・ エスプレッソ  が提供 してい て、地元エキスパートとのタックで、さらにブルックリン・ パワーを感じさせます。 https://www.threesbrewing.com/ at-threes/ とても良い場所なのですが、ウィリアムスバーグ / ブッシュウィッ クに拠点を置く私たちにはちょっと遠い、と思っていたいた所、 そのスリーズのアウト・ポストが、グリーンポイントに今年の 2 月 にオープンしました。 https://www.threesbrewing.com/ greenpoint/ 最初は一か月の予定だったのが、 6 月の今もオープンし、 パーマネント・スペースになったようです。 水曜日から日曜日の営業で、 毎日のように音楽イベントも開催されています。今回は、 毎週水曜日のビンキー・グリップタイト・ オーケストラのショー に行ってきました。 ビンキー・グリップは、 シャロン・ジョーンズ・アンド・ザ・ ダップキング でバンドメンバーを務める人物です。シャロン・ ジョーンズ亡き今は( RIP ) なかなか見ることはなかったのですが、 ここで彼のオーケストラを見れるのは、ありがたいことです。 メンバーは、ビンキー・グリップに、ギター、コントラバス、 ドラム、そしてホーン隊(サックス、アルト・サックス、 トランペット、トロンボーンなど)。 ユニオンプールで毎週月曜日にやっている レヴァレンド・ ヴィンス・アンダーソン のメンバーが被っていたので、 親近感がわきました。この日は、アルト・ サックスのポーラ嬢の誕生日でもあり、 おめでたムードが高まっていました。ショ

ノースサイド・フェスティバル2017 6/8-6/11

6/18/2017 Text by Yoko Sawai  今年2017年で9回目を迎える、 ノースサイド・フェスティバル   は、SXSWのブルックリン版とも呼ばれ、 ブルックリンのノースサイド(グリーンポイント、 ウィリアムバーグ、ブッシュウィック)で行われます。 今年は、イノヴェーション(革新)と音楽に的を絞り、 300のバンド、150のスピーカーが、 ブルックリンのノースサ イドの、 クラブ、教会、野外、ブティック・ ホテルなど30もの場所で、 4日間に渡りショーケースされました。 イノベーション・スピーカーは、NY市長デブラシオ氏始め(!) 、ニューヨーク・タイムスなどの出版社、ヴァイス/HBO、 ピッチフォーク、WNYCなどのメディア、グーグル、スクエア・ スペースなどのテック会社、トライベッカ・フィルム・ フェスティバル、ADHocなどのオーガナイザー他、 ミュージシャン、ファッション・デザイナー、フィルム・ メーカーなど、前進する会社/個人が集まりました。 ベンチャー起業の決断の仕方から、 デジタル社会でのオンラインとオフラインの使い方、ブランド・ マーケティングの方法(どのように一目を置かれるようになるか) 、新しい仕事の法則、音楽業界でのブランドの確立の仕方など、 様々なトピックについての討論は、 2017年、 トランプ政権の時代の、ジャーナリズムやメディアの在り方を、 納得させるものでした。イノベーション・ バッジは$499です。 音楽のハイライトは、新しいアルバムを出したダーティ・ プロジェクターズ、カマシ・ワシントン、ジェイソム、ミゲエル、 サーズディ、ローワー・デンズ、メアリー・ティモニー、 レティシア・サディエール(ステレオラブ)、トータル・ フリーダム、ムーア・マザー辺りで、個人的には、アルドス・ ハーディングが最高でした。 観客の期待が大きかったのは、 ニューアルバムを出して初のショー、 初日のマカレンパーク・ ステージのトリを飾ったダーティー・プロジェクターズでした。 デイブは、 ジャケットにTシャツといういつものスタイルで 「hi how's going?」と軽ーく登場し、 オーディエンスをリラックスムードに持って行きました。 メンバーは、元バトルスのタイ

6/13 ハニーズ・チューズデー 4.0 レポート

6/14/2017 Text by Yoko Sawai 6月の第二火曜日、13日、第4回目のハニーズ・チューズデー(通称タコ・ チューズデー)は、95°F (35℃)の暑さにも関わらず、常連さんからランダムなパーティのお客さんまで、たこ焼きの良い匂いに誘われ蟻のように集まってくれました。外が暑いので、まずはドリンク、 と言う事で、我らバーテンダー、 トーリーは今までに一番忙しいぐらいに、フル活動していました。 この状況で、 キチンと正確にカクテルを作っていたのはさすがです。 DJは、DJTEENACNEの折衷主義なセレクトで、 会場の雰囲気を作ってくれました。ハニーズ・チューズデーは、 毎回違うDJが入るので、それぞれの個性があり、 一つの楽しみになっています。彼は見た目、R& Bとか好きなのかなー、と思うのですが、ロック、ファンク、 ダンスそしてバラードまで、予想外のDJで、 楽しませてくれました。 彼はTroostなどのブルックリンのバーでもDJをしているの で、チェックしてみてください。 今回は、レアな湯川潮音さんのライブもあり、 会場の雰囲気をガラリと変え、彼女の美しい声で、 しっとりと盛り上げてくれました。オリジナルからカバーまで、 みっちり30分ほど。 途中歌詞を忘れるというハプニングがあったものの、それがとびきりキュートで、お客さんの温かい声援がますます大きくなっていました。 黒のヴェルヴェットの衣装も、 フォーキーなのに聖歌隊のような、彼女の雰囲気にぴったりで、 ギターの爪引きが、胸騒ぎを呼び起こしました。 あっと言う間の、8時から11時でしたが、 終わった後にもお客さんが来て、 たこ焼きをミスった方が続きました。 7月の第二火曜 (7/11)は、 バック・ルームでダンス・パーティーです。更にルーフ・ トップもオープンするので、 ルーフトップたこ焼きもいいかもですね。

今夜。ハニーズ・チューズデー4.0  

恒例のハニーズ・ チューズデー、第4回目は、 グルービーなロックDJのDJTEENACNEと、美しい 湯川潮音 さんをお迎えし、いつものハニーズでミードとたこ焼きを沢山用意し、 お待ちしています。 しおねちゃんのセットは9時30分頃を予定。 前回、ハニーズ・チューズデー3.0のレポートはこちら。 http://www.4533nyc.com/2017/05/30.html See you tonight! 

グリーンポイント・オープン・スタジオ 2017

Yoko Sawai  6/3/2017 NY ではアーティストのスタジオを開放するイベントがよくありま す。 グリーンポイント・オープン・スタジオ (GOS)が、 6 月の最初 の週末に行われました。(ちなみに ガバナーズ・ボール とばっちりかぶっています)。 グリーンポイントにスタジオを構えるアーティストの仕事場を訪れ 、作品を鑑賞したり、制作過程を見たり、 アーティストとお話しできたり、 身近に感じることができる交流の場です。気候も良くなり、 近くの公園にインスタレーションが表れたり、 ウォーキングツアーがあったり( アーティストがガイドしてくれます)、アーティスト・ トークイベントがあったり、 関連したパーティも たくさん行われます。ハブの、ジャバ・ スタジオでの、立ち上げパーティーに行って来ました。 ローカルバンドのパフォーマンス演奏( Teen Body 、 Jules & The Jinks 、 OCHO OCHO OCHO 、 MIKE BLOOM ) 、アート・インスタレーション、壁画、映像、3D ヴァーチャルゲーム、ライブ・ペインティング、 などイベントがそこかしこで行われ、どこにいても飽きません。 もちろん、ドリンク(グリーンポイント・ビア&エール)やピザ( ルゾ BK )なども完備で、おなかも満たしてくれます。 パーティー会場もスタジオで、 各部屋で様々なアートを鑑賞できますが、醍醐味は、 アーティストのスタジオ訪問。週末のお昼に、散歩しながら、 ふらっと入ってみると、アーティスト達 が、 ドリンクやスナックをふるまってくれ、 とてもフレンドリーにいろんな質問に答えてくれます。 アートといっても、ペインティング、インスタレーション、 ジュエリー、写真、パズル、カスタム楽器、フード、 ネオンライト、ファッション、 さらに家一軒丸ごとインスタレーションをしていたりなど、 いろんな種類があり、これもありか?と発見があります。 ブルックリンではもう一つの、オープンスタジオ、 ブッシュウィック・オープンスタジオ (BOS)が 9 月に行われま す。 こちらは、もっと過激でアーティな作品が多く、 グリーンポイントとブッシュウィックの違いがよくわかると思いま す。同じブルックリンでも、活動している所が違うだけで、 こんなに