Skip to main content

グリーンポイント・オープン・スタジオ 2017

Yoko Sawai 
6/3/2017

NYではアーティストのスタジオを開放するイベントがよくあります。
グリーンポイント・オープン・スタジオ(GOS)が、6月の最初の週末に行われました。(ちなみにガバナーズ・ボールとばっちりかぶっています)。グリーンポイントにスタジオを構えるアーティストの仕事場を訪れ、作品を鑑賞したり、制作過程を見たり、アーティストとお話しできたり、身近に感じることができる交流の場です。気候も良くなり、近くの公園にインスタレーションが表れたり、ウォーキングツアーがあったり(アーティストがガイドしてくれます)、アーティスト・トークイベントがあったり、関連したパーティも たくさん行われます。ハブの、ジャバ・スタジオでの、立ち上げパーティーに行って来ました。ローカルバンドのパフォーマンス演奏(Teen BodyJules & The JinksOCHO OCHO OCHOMIKE BLOOM、アート・インスタレーション、壁画、映像、3D ヴァーチャルゲーム、ライブ・ペインティング、などイベントがそこかしこで行われ、どこにいても飽きません。もちろん、ドリンク(グリーンポイント・ビア&エール)やピザ(ルゾBK)なども完備で、おなかも満たしてくれます。パーティー会場もスタジオで、各部屋で様々なアートを鑑賞できますが、醍醐味は、アーティストのスタジオ訪問。週末のお昼に、散歩しながら、ふらっと入ってみると、アーティスト達が、ドリンクやスナックをふるまってくれ、とてもフレンドリーにいろんな質問に答えてくれます。アートといっても、ペインティング、インスタレーション、ジュエリー、写真、パズル、カスタム楽器、フード、ネオンライト、ファッション、さらに家一軒丸ごとインスタレーションをしていたりなど、いろんな種類があり、これもありか?と発見があります。

ブルックリンではもう一つの、オープンスタジオ、ブッシュウィック・オープンスタジオ(BOS)が9月に行われます。こちらは、もっと過激でアーティな作品が多く、グリーンポイントとブッシュウィックの違いがよくわかると思います。同じブルックリンでも、活動している所が違うだけで、こんなにも雰囲気が変わり、こうして、地域の特色を作っていくのは面白いです。

オープンスタジオとしてのイベントは、まだないのですが、ゴワナス、レッドフック、クラウン・ハイツ辺りも、アーティストがたくさんスタジオを構えていて、歩いてみるだけでも、壁画があったり、散策するのに楽しい町です。ブルックリンと一言に言っても広く、様々な顔を見せます。

来週は、革新的なスピーカーと音楽イベント、ノースサイド・フェスティバル
が始まるので、こちらも要チェックです。
6月はイベントが盛りだくさんの楽しいNYです。

Comments