Skip to main content

6/13 ハニーズ・チューズデー 4.0 レポート

6/14/2017
Text by Yoko Sawai


6月の第二火曜日、13日、第4回目のハニーズ・チューズデー(通称タコ・チューズデー)は、95°F (35℃)の暑さにも関わらず、常連さんからランダムなパーティのお客さんまで、たこ焼きの良い匂いに誘われ蟻のように集まってくれました。外が暑いので、まずはドリンク、と言う事で、我らバーテンダー、トーリーは今までに一番忙しいぐらいに、フル活動していました。この状況で、キチンと正確にカクテルを作っていたのはさすがです。

DJは、DJTEENACNEの折衷主義なセレクトで、会場の雰囲気を作ってくれました。ハニーズ・チューズデーは、毎回違うDJが入るので、それぞれの個性があり、一つの楽しみになっています。彼は見た目、R&Bとか好きなのかなー、と思うのですが、ロック、ファンク、ダンスそしてバラードまで、予想外のDJで、楽しませてくれました。彼はTroostなどのブルックリンのバーでもDJをしているので、チェックしてみてください。

今回は、レアな湯川潮音さんのライブもあり、会場の雰囲気をガラリと変え、彼女の美しい声で、しっとりと盛り上げてくれました。オリジナルからカバーまで、みっちり30分ほど。途中歌詞を忘れるというハプニングがあったものの、それがとびきりキュートで、お客さんの温かい声援がますます大きくなっていました。
黒のヴェルヴェットの衣装も、フォーキーなのに聖歌隊のような、彼女の雰囲気にぴったりで、ギターの爪引きが、胸騒ぎを呼び起こしました。

あっと言う間の、8時から11時でしたが、終わった後にもお客さんが来て、たこ焼きをミスった方が続きました。
7月の第二火曜 (7/11)は、バック・ルームでダンス・パーティーです。更にルーフ・トップもオープンするので、ルーフトップたこ焼きもいいかもですね。

Comments