Skip to main content

ビンキー・グリップタイト・オーケストラ @スリーズ・アウトポスト 6/21/2017

Text by Yoko Sawai
6/22/2017

スリーズ・ブリュワリー というビール醸造所がゴワナス (Gowanus)というエリア にあります。そこでは、2F建ての素敵なスペースで出来立てのビールを楽しめるのはもちろん、ビールに合う食事があり、コーヒーがあり、2Fの小部屋では、ライブミュージック、トリヴィア、タロット・リーディングなどが楽しめます。お持ち帰り用の、缶、ボトル、グローラーもありで、お店は、平日は2時、週末は12時からオープンしています。食事はミート・フック、コーヒーはナイン・ストリート・エスプレッソ が提供していて、地元エキスパートとのタックで、さらにブルックリン・パワーを感じさせます。

とても良い場所なのですが、ウィリアムスバーグ/ブッシュウィックに拠点を置く私たちにはちょっと遠い、と思っていたいた所、そのスリーズのアウト・ポストが、グリーンポイントに今年の2にオープンしました。

最初は一か月の予定だったのが、6月の今もオープンし、パーマネント・スペースになったようです。水曜日から日曜日の営業で、毎日のように音楽イベントも開催されています。今回は、毎週水曜日のビンキー・グリップタイト・オーケストラのショーに行ってきました。

でバンドメンバーを務める人物です。シャロン・ジョーンズ亡き今は(RIPなかなか見ることはなかったのですが、ここで彼のオーケストラを見れるのは、ありがたいことです。メンバーは、ビンキー・グリップに、ギター、コントラバス、ドラム、そしてホーン隊(サックス、アルト・サックス、トランペット、トロンボーンなど)。ユニオンプールで毎週月曜日にやっているレヴァレンド・ヴィンス・アンダーソンのメンバーが被っていたので、親近感がわきました。この日は、アルト・サックスのポーラ嬢の誕生日でもあり、おめでたムードが高まっていました。ショーは2セットあり、ブルージーで、ジャジーなジャムが展開されていき、ビールも進みます。

ビールは、出来立てのドラフトが5種類、缶、ボトルが20種類ほど、さらに、他のブリュワリーのものも取り扱っています。私のお気に入りは、ジェンダー・ニュートラルというレモン・ゼストのペールラガー(モニちゃんがモデルになってくれています)と、SFYというトロピカル・ペールエールと、ドラフトのワンダーリング・バインでした。

青リンゴの皮、ミックスベリーなどが入ったスキッと爽やかな味わいでした。ドラフトビールは、殆どが、レモン、ライム、パイナップル、パパイヤ、グレープフルーツなど、フレッシュなフルーツが使われているのが特徴でした。


ライブは寄付なので、いいと思った方はどんどんチップをはずんであげてください。グリーンポイントで過ごす日がまた増えそうです。


Threes Outpost (Greenpoint)
113 Franklin Street (@ kent  St)
Brooklyn, NY  11222
wed ,thu : 5 pm to 12 am
Fri: 5 pm to 2 am
Sat:  2 pm to 2 am
Sun: 2 pm to 12 am

Threes Brewery  (gowanus)
333 Douglass St
Brooklyn, NY 11217
Coffee hours:
Weekday:  7 am to 6 pm
Weekends: 8 am to 6 pm
Bar hours:
Mon-wed:  5 pm to 12 pm
Thu: 5 pm to 2 am
Fri: 3 pm to 2 am
Sat : 12 pm to 2 am
Sun : 12 pm to 12 am


Comments