Skip to main content

Posts

Showing posts from July, 2017

‘Until the Light Takes Us’ @the roxy cinema

7/27/2017 Text by Yoko Sawai


ノルウェイと言えば、90年代中期のブラック・メタル・シーンが有名です。自殺や殺人、教会を燃やし、悪魔の儀式、誘拐、犠牲などと言われる、ショッキングな出来事がメディアで騒がれていました。その背後にある真実をこの映画は追っています。 2009年に作られた、このドキュメンタリーが、特別にトライベッカのthe roxy cinemaで上映されると言うので行ってきました。 https://www.rottentomatoes.com/m/until_the_light_takes_us/
https://creators.vice.com/en_us/article/vbmnxy/rare-photos-of-norways-original-black-metal-scene?utm_source=tcptwitterus



この映画を撮るために、Aaron Aites とAudrey Ewell監督の2人は、ノルウェーに引っ越し2年間、ミュージシャンと一緒に暮らし、良い関係を築き、この暴力的で、明らかに誤解された動きについて、詳細なポートレートを創りました。シーンは、殆どが、ブラック・メタル・シーン(DarkthroneのGylve ‘Fenriz’ Nagellなど) にいる人々のインタビューで構成され、彼らの生活やメンバー、シーン、社会についての意見を聞いています。獰猛なライブ映像や、実際に自殺した映像、部屋に火をつけ、自身を切り付けるアート・パフォーマンスなど、目を覆ってしまうシーンもたくさんありましたが、実際に起こった事なのでショッキングです。
実際監督もノルウェイに住んでみて、「冬は全く日を見ないので、落ち込むのは普通の事」、と言っていましたが、この映画は、音楽、殺人の背後にある実際の物語で、音楽に携わる人達が、彼らが作ったものをコントロール出来ないと気付いた時に、起こった事を直接的に描いています。北の空を横切る、殺人や放火で燃え上がる音楽シーンのように、何が真実にも関わらず、現実は、たくさんの人が信じる事で構成されている、と言う考えなのです。やっぱり太陽に当たらないと、人は気が狂ってしまうのか、それを音楽に変換するのか、などと人間について感慨深く感じ、辛辣で、心動かされる物語でした。

サウンドトラックに、Black D…

Summer thunder @ union pool

7/26/2017 Text by Yoko Sawai NYの夏は、週末になるとお昼間からショーがあります。ウィリアムスバーグにある老舗バー、ユニオン・プールのバックヤードで行われるイベント、「サマー・サンダー」は、夏の風物詩とも言え、今イケてる、活きの良いインディバンドが見れる(無料!)、絶好の場所なのです。
毎年5月の末から、8月の末までで、今年で4年目に突入しました。アカデミー・レコーズ(レコード屋)、le poisson rouge(音楽会場兼ブッカー), WFMU(カレッジ・ラジオ)などがキュレートしているので、ライナップも納得です。 http://www.union-pool.com/home/summer-thunder-2017
今年は、サン・ラ・アーケストラ、サイキック・イルズ、ジャパニーズ・ブレックスファースト、サン・ウォッチャーズ、ハニー、タイヴェック、ハンク・ウッド、ベイビー・シェイクスなどのバンドが出演しています。
この日は(7/23)、Speedy OrtizやQuiltyのSadie Dupuisのソロプロジェクトである、Sad 13を見に来ました。

日本のビジュアル系バンドみたいな名前ですが、今時のとってもキュートでガーリーな女の子です。お化粧はビジュアル系、入ってましたが。 http://www.union-pool.com/event/1518519-lpr-summer-thunder-sad13-brooklyn/ ラジオ&ヴィジュアル・フレンドリーなポップな楽曲と、蛍光黄色のドレスに、頭に大きなリボンで、バンドメンバーも、所謂ヒップスター系で、ファッション・チェックをしてしまいました。女の子がフロントなので、ライオット・ガールやフェミニズムな印象で、女の子のファンが多かったです。

オープニングは、Zenizenと言うバンドで、 4人メンバーがプレイし、マイクがどこにもないのに、声が聞こえると思ったら、Opal Hoyt嬢が、ハンズ・フリーマイクでキーターを操っていました。ソウルフルでサイケでグルーヴィーですが、マライア・キャリー的な所もある、現代的ポップ音楽は、週末のお昼、野外でハングアウトするには最適でした。彼女は、アラスカ生まれ、ヴァーモント、ジャマイカ、DC、ブルックリンで育ち、オーストラリアでレコーディングすると言…

Blank cafe & bistro

7/24/2017 Text by Yoko Sawai

ウィリアムスバーグのブロードウェイ沿いの川岸に、ひっそりとブランク・カフェはあります。木の壁、テーブル、アンティーク時計、イギリスの旗、デザイン本などの内装が、ハイセンスな、フリーマーケットに迷い込んだ気になります。天井は高く、バー、テーブル、ソファーなど、広い間隔で席があり、近所の家族連れ、友達とのランチ、仕事、読書など、何仕様にも使えます。メニューは、チキン南蛮、ハンバーグ、野菜カレー、ソボロご飯、エビ・ドリア、生姜焼きなど、日本のカフェ・メニューがメインで、ペイストリー、バームクーヘン、アフォガトなどのスウィーツもあります。ビールやワイン、酒などのアルコールもあり、凍ったビールジョッキで飲むビールは、格別の美味しさです。 凝ったサービスはないですが、ジャパニーズ・フュージョン・カフェテリア、という言葉が似合う快適空間で、ついつい何時間も過ごしたくなります。 ブランク・カフェを経営するのは、日本人の空間デザイン・グループで、Tsuru Ton Tan, Tim Ho Wanなどのレストランの素敵な空間を次々生み出しています。ブランク・カフェの近くにデザイン事務所もあり、カフェは良いショールームにもなっています。





Blank cafe & bistro  25 Broadway Brooklyn, NY 11249 Wed- sat 8 am to 10 pm Sun-tue 8 am to 6 pm http://www.blankbrooklyn.com/

Rebel night @ diviera drive

7/17/2017 Text by Yoko sawai
皆様ロカビリーは好きでしょうか?NYには、様々なジャンルのイベントがあるのですが、何と12年(!)続くロカビリーイベントが、ベッドフォードであったので、初トライしてみました。 http://newyork.carpediem.cd/events/4106746-rebel-night-12-year-anniv-live-show-no-cover-at-diviera-drive/
場所は、N7 StとBerry Stの角にある、diviera driveと言う、パティオが素敵なイタリアン・レストランです。Rintintin, Cafe select, Happy endingと同じオーナーの初ブルックリンのレストランは、ウィリアムスバーグの自動車工場を改造した、3000スクエア、280人を収容出来る広さを持ちます。メニューは、木のオーブンで焼くピザや手作りパスタ、チーズ・プレイト、サラダなど、ファミリースタイル・レストランで、ダイニングルームのバックには、ステージもあり、イベントが定期的に開催されています。
今回のレベル・ナイトは、この新しい会場に移った事もあり、LAとラスヴェガスからのバンドを招待してのデラックス版でした。強面リーゼントにコントラバスの、ロカビリー・バンドがプレイし、ホストのDJは、50-60年代の、ロックンロール、ロカビリー、R&B、ソウルなどのダンスミュージックをかけ、ロカビリー・ファッションに、身を包んだ女の子達で盛り上がっていました。ここだけ、50年代の別世界が繰り広げられています。 これからも、レベル・ナイトは毎週金曜に、diviera driveでパーティをやっているので、ロカビリーが好き嫌い関係なく、ディナーついでに立ち寄るのも良いですね。



Diviera drive 131 berry St Brooklyn, NY 11249 347-987-4302 Mon, tue, sun 11 am to 11 pm Wed, thu 11 am to 12 am Fri, sat 11 am to 1 am Diviera.com

Pill, Bambara, Weeping icon, Hubble @Alphaville 7/15/2017

7/16/2017 Text by Yoko Sawai









夏は、普通のライブの他に、フェスティバルや野外コンサートもあり、どれに行こうかいつも迷うのですが、このラインナップを見たら、行くしかないです。ブルックリン地元の良いバンドが集まった、7月のある土曜日のショーは、アルファヴィルという、ブッシュウィックのレストランででした。
最初はHubble。元the MenのBen Greenbergのプロジェクトです。 アヴァンギャルドなフィンガー・タッピング・ギターに、メタル、パンク、ブルース的要素を取り入れた、長い実験的音楽が続きます。ダウンタウンのミニマリズムと、ブルックリンの攻撃的要素が交わる、ユートピアがありました。



そしてブルックリンの女子4人組のウィーピング・アイコン。ダークで、サイケでパンクなチューンを、実験的にかき鳴らします。みんなロングヘアで、見た目が殆ど同じで、lo-fiなウォー・ペイントと言う印象でした。






そして男前バンドのバンバラの後が、今夜のメイン、サックス・ドライヴィン・バンドのピル。ニューEP「aggressive advertising」は、パーケット・コートのメンバーのレーベル、ドゥル・トゥールからのリリースです。
リディア・ランチやティーンエイジ・ジーサス・アンド・ザ・ジャークスなどのノーウエイブ、ポスト・パンク組にカテゴライズされがちですが、サーフ・ロックからフリー・ジャズまでを網羅し、フェミニズム、政治、抗議などについて歌われています。サックスを中心に、鋭く攻撃的な音が、リボンのようにあちこちに飛び回り、感情を掻き立てられるのですが、歌い方は至って霊性。艶やかなダウンタウン・ボーイズ、とも言えます。とにかく、ステージでのエネルギーの放ち方が、半端なく、オーディエンスもザ・ブルックリンと言う感じでした。
良いバンドをブックする会場は、会場もバンドに優しいです。バーテンダーはみんなバンドをやっていて、オーナーもバンドを見て、盛り上がっていました。ドリンクは、12種類ほどのドラフトビール他、フルバーで、フードは、ハンバーガー、ナゲット、マック・アンド・チーズなどのバーフードが豊富です。

Alphaville 140 Wilson Ave Brooklyn NY 11237 Mon-Sun 5 pm to 4 am http://www.alpha…

7/11 Honey's Tuesday 5.0

7/12/2017 Text by Yoko Sawai
第5回目の、ハニーズ・チューズデー夏祭りバージョンは、沢山のミード・バレルが寝かせてある、バックルームで行われました。イベントを毎回楽しみにしてくれている、バーデンダーのトーレイ氏から遠いのは玉にきずでしたが、それ以外は、パントリーも広く、DJブースも広々、ダンスフロアも、丁度良い広さで、バージョンアップ気分満載。DJ Takoyakiboyzのシティポップな選曲に乗せて、いつものたこ焼きとミード、そして、沖縄音楽、ゴーゴー・ダンサーズと、エンターテイメントが大合唱した夜でした。
更には、私たちの友人である Dima の誕生日も祝おうと、奥さんのジャーネットの手作りの誕生日ケーキ(スパイダーマン・トレイにブルーのカップケーキ!おいしかった!)もあり、ホストのドレス・コードは浴衣で、夏祭り気分を盛り上げました。
飛び入りスパニッシュギターの弾き語りの後は、ゴーゴー・ダンサーズのBabes Rageが、キュートなお揃いの黄色と緑のフリンジ・ビキニで登場し、ゲストをダンスフロアへと誘いてくれました。


そのノリを引き継ぎ、沖縄出身のGoochが、伝統楽器の三線で、沖縄の代表曲を演奏。日本人でも殆ど理解不可能な沖縄語の曲に、沖縄独特の文化を垣間見ました。 ふらりと立ち寄ってくれた、ココロジー他、様々なバンドで活躍しているたくやさんが、飛び入りパーカッションで参加してくれ、沖縄の盆踊り(?)曲「唐船どーい」 で、ダンスフロアが、沖縄バージョンへとシフトした後は、皆さん、鳴り物を掲げながら、踊り回っていました。ニューヨークで、沖縄気分になるのも良いものです。




バーでしっぽりしている方からも、バックルームが見えるようで、2つの部屋を、行き来しながら、それぞれのペースで楽しむ事が出来ました。 レギュラーのお客さんから、「たこ焼き?」という方までに、たこ焼き体験を、殆どマストでして頂き、ゲストのパフォーマンスに見惚れて、満足していると、いつものスペシャル・ミード・カクテルを、オーダーするのを忘れてしまいました!教訓を活かしつつ、次回8/8に続きます。



7/11 Honey's Tuesday 5.0 

Text by Yoko Sawai
独立記念日も七夕も終わり、7月11日火曜日は、ハニーズ・チューズデー第5回目です。今回は、DJ Takoyakiboyzが、バックルームで、キラーなダンス・チューンで会場を盛り上げてくれます。Takoyakiboyzスペシャルとして、日本の懐かし昭和歌謡曲などもかけるそうですので、今からダンス・ストレッチを宜しくお願いします。 そしてゲストに、沖縄出身、ハードニップスのGoochが、三線を披露。更にとってもキュートでセクシーな、ゴーゴー・ダンサーズ、babes rageのお二人が、盛り上げに駆けつけてくれます。皆様、$1札を沢山用意しておいて下さい。更にルーフトップもオープンし、ハニーズの魅力が、倍になっています。たこ焼きも、改良を重ね、アップグレードしていますので(勿論、ミードもお忘れなく)、皆様お友達を誘い、奮ってお越し下さい。
https://www.facebook.com/events/251225765281456/?ti=icl

Van Goose, No Shields, CENTVRY @ Halyards

7/8/2017 Text by Yoko Sawai
ゴワナスは、ブルックリンの南方、バークリーセンターを上に、レッドフックとパークスロープの間にある、ゴワナス運河を囲む地域です。工業地域で、長年に渡り、工業廃棄物が運河に流され、汚染されて来ました。最近は、環境を良くする為、運河の清掃に力を入れ、沢山の住宅が開発され、2010年頃から、アーティストのスタジオやギャラリー、レストランやバーなどが増え、ホールフーズがあり、アザー・ハーフやスリーズというビール工場があり、ベル・ハウス、リトルフィールドという音楽会場など、自分も足を運ぶ機会が多くなりました。
今回(7/7!七夕)は、コメディショーで有名なバー、ハルヤーズに来ました。 ここは、2階建のバーで、プールテーブルがあり、バックルームではコメディショー、地下ではライブ・ミュージックが行われ、形的には、近所のスリーズ・ブリュワリー に似ていました。近くのTable 87 からのピザなどのフードも有り、地元フレンドリーな雰囲気です。
最初のバンドVan Goose は、ドラム・ドライヴィンな、ディスコ、テクノ、エレクトロ・プロジェクトでした。今回で2回目のステージとの事でしたが、流石みなさんプロだけあって (Honey's TuesdayのTsugumi先生はじめ)、難なくこなしていました。ドラマーが歌い、低音がお腹に響き、パーカッションやカウベル、エレクトロ音が飛び交う、金曜の夜にピッタリな、ダンシング・チューンが心地良かったです。
次のNo Shieldsは、ヘビメタ・ルックな男子3人組で、こちらもドラマーが歌います。ヘビメタなのですが、万人にも聞きやすく、ドラマーの男子の一生懸命さに、感銘を受けました。彼が今日のオーガナイザーで、チップを集めたり、セッティングをしたり、歌ったり、ドラムを叩いたり、大忙しでした。男子が好きそうなバンドです。
最後のバンド、CENTVRYは、見た目怖い(若干二人)お兄さんのいる3人組。どんな音楽かと期待すると、あっさりロックンロールでした。演奏は激ウマ。ベースの彼は、チョッパースタイルで余裕をかまし、ライトニングボルトのストラップで、ここでくわえタバコでもしてくれたら、写真映えするなー、と考えながら見ました。
良い地元バンドを見つけるのは、ショーの対バンが多いですが、改めてニュ…

Movie under the stars -hidden figures @ kissena corridor park

7/1/2017
Text by Yoko Sawai
NYの夏と言えば野外映画です。ウィリアムスバーグのサマースクリーンは、毎年欠かさず行っているのですが、今年はもっと足を伸ばし、マンハッタンやクイーンズに挑戦しています。 

今回行ったのは、ディープ・クイーンズ、フラッシングにある公園での野外映画です。フラッシングに行く機会は、ここ17年間でも全くないので、ちょっとした遠出気分です。Main Stの駅を降りると、そこはもう中国!漢字が飛び交い、中国語が飛び交う別世界です。道もただっ広く、野菜や果物をどーんと売ってるお店や、モールもあり、子供がやたら走り回っています。NYとは思えない、アウェイ感です。公園に着くと、中国人のおば様達が、ダンスクラスを開催していました。中国語演歌に合わせて、みんなで体を動かしています。それを横目に見つつ、公園のスクリーンの周りに人が集まってきます。その人種がウィリアムスバーグと違うこと。基本中国人の子供連れ、ヒスパニック、黒人で、白人は殆ど居ませんでした。今回の映画が、3人のアフリカ系アメリカ人女性が主人公だったからかもしれません。
この映画「Hidden Figures」は、1960年代のNASAを舞台に、実話を元にした映画で、主人公は、タラジ・P・ハンソン、シンガーのジャネール・モネイ、オクタヴィア・スペンサーのアフリカ系アメリカ人女性の数学者。NASA内でも白人黒人のトイレが別々になっている時代で、白人のスタッフ達は、彼女達に嫌な感じを醸し出すのですが、他のNASAスタッフが解けない数式を解いたり、彼女達があまりに頭が良く、彼女達なしでは、歴史上重要な、ロケット・オペレーションを敢行出来なかったのです。彼女達のポジティブな態度と実力に、勇気を与えられる感動的作品です。サウンド・トラックは、ファレル・ウィリアムスが書き下ろしています。うーん、、、と感慨にふけっても、周りは子供達が走り回り、がやがやと喋り声が聞こえて来るのが野外映画です。基本野外映画は、古い定番の映画を上映するので(キングコングやE.T.など)、あまり真剣に見る人はいません(どちらかと言うとピクニック気分)。今回は、最近見たかった、見逃した映画を上映していたので、夢中でした。暗くなるにつれ、沢山の蛍が飛び交い、昼は90度だったのにどんどん肌寒くなり、自然の尊さも感じられ…