Skip to main content

‘Until the Light Takes Us’ @the roxy cinema

7/27/2017
Text by Yoko Sawai


ノルウェイと言えば、90年代中期のブラック・メタル・シーンが有名です。自殺や殺人、教会を燃やし、悪魔の儀式、誘拐、犠牲などと言われる、ショッキングな出来事がメディアで騒がれていました。その背後にある真実をこの映画は追っています。
2009年に作られた、このドキュメンタリーが、特別にトライベッカのthe roxy cinemaで上映されると言うので行ってきました。





この映画を撮るために、Aaron Aites Audrey Ewell監督の2人は、ノルウェーに引っ越し2年間、ミュージシャンと一緒に暮らし、良い関係を築き、この暴力的で、明らかに誤解された動きについて、詳細なポートレートを創りました。シーンは、殆どが、ブラック・メタル・シーン(DarkthroneGylve ‘Fenriz’ Nagellなどにいる人々のインタビューで構成され、彼らの生活やメンバー、シーン、社会についての意見を聞いています。獰猛なライブ映像や、実際に自殺した映像、部屋に火をつけ、自身を切り付けるアート・パフォーマンスなど、目を覆ってしまうシーンもたくさんありましたが、実際に起こった事なのでショッキングです。

実際監督もノルウェイに住んでみて、「冬は全く日を見ないので、落ち込むのは普通の事」、と言っていましたが、この映画は、音楽、殺人の背後にある実際の物語で、音楽に携わる人達が、彼らが作ったものをコントロール出来ないと気付いた時に、起こった事を直接的に描いています。北の空を横切る、殺人や放火で燃え上がる音楽シーンのように、何が真実にも関わらず、現実は、たくさんの人が信じる事で構成されている、と言う考えなのです。やっぱり太陽に当たらないと、人は気が狂ってしまうのか、それを音楽に変換するのか、などと人間について感慨深く感じ、辛辣で、心動かされる物語でした。

サウンドトラックに、Black Dice, Boards of Canada, Burzum, Darkthrone, Enslaved, Gorgoroth, Lesser, Mayhem, Mum, Sunn 0)))など、ブラック・メタルや以外のもの、2009年を象徴するバンドが使われているのは好感度大でした。

オーディエンスの殆どが、ブラック・メタルバンドをやっていそうな人たちで、一緒にスクリーンニングに立ち会えた事に縁を感じます。こう言った、あまり世に出ていない作品が、上映される機会があるのは良い事です。この映画館は、毎日のように、バットマンや美女と野獣やE.T.などの定番の映画を上映し、あまり人にも知られていないのでお勧めです。ゴージャスなラウンジで、ゆっくり出来ますよ。



The roxy cinema
New York, NY 10013

Comments