Skip to main content

Posts

Showing posts from August, 2017

オイヤ・フェスティバル 8/8-8/12/2017 オスロ、ノルウェイ

8/12/2017 Text by Yoko Sawai 今回は番外編で、ノルウェイのオスロよりお届けします。 今回の目的は、1999 年に始まり、ノルウェイの首都、 オスロで毎年 8 月に行われる、 オイヤ・ フェスティバル への参加です。 イギリスの新聞「インディペンデント」によると、質が高く、 幅広いジャンルのラインナップ、環境への優しさから、オイヤ・ フェスティバルは、ヨーロッパの 7 つのベスト・ フェスティバルにも選ばれています。 ミュージック・ ノルウェイとオイヤが主催する、国際的なネットワーク・ コラボレーション、 オイヤ・インターナショナル も注目の一つで、 アーティストや音楽関係者が、 ネットワーク出来る場を設けています。プールまであり、 真剣に泳いでいる人もいました。リラックスしながら、 話していると、思ってもみない話題が飛び出しそうです。 2017 年のラインナップは、ラナ・デル・レイ、 The XX 、ライアン・アダムス、ファイスト、シンズ、ピクシーズ、 ミーゴス、ジ・オー・シーズ、マック・デマルコ、エンジェル・ オルセン、カー・シート・ヘッドレスト、ヴィンス・ステープル、 スピリチュアライズド、ベス・ディット、ジェンカ・ナベイ、 ダニー・ブラウン、マッド・リブなど、ポップ、インディロック、 ヒップ・ホップ、エレクトロと、国際的豊かで、 幅広いラインナップです。 メイン・フェスティバルが行われる公園 Tøyenpark は6ス テージ: Hagen (中バンド) , Sirkus(クラブ・ミュージック), Vindfruen (中、大バンド), Amfiet (大バンド), Hi-Fi Klubben (DJ), Biblioteket (小バンド)。隣合わせのステージとは、 時間が被らない様になっていて、同時進行3バンドを、 全てを見る事も可能です。Samson, Tretornなどの企業スポンサーがブースを出し、 快適なシートやゲーム、ピンバッジ作り、スクリーン・ プリントなどのアトラクションも提供しています。 フードエリアも沢山あり、メインのMunch- lokkaでは20ものフードベンダーがひしめき合っていました 。パッタイ、バーガー、BBQ、ラップサンド、タコス他、 一番人気は、

Summer Screen 2017 @ McCarren park

8/10/2017 Text by Yoko Sawai 2006年に始まったサマースクリーンも、 もう12年目に突入です。私は、最初の年から、 休みなく毎年通っていて、 夏の野外映画と言えば、 マカレンパーク で行われる、サマースクリーンをなくしては語れません、 と言うぐらいのファンです。7、8月の毎週水曜は、 マカレンパークに直行です。 今年は、「Mean girl」, 「Office space」, 「Donnie darko」, 「Selena」, 「I know what you did last summer」, 「Beetlejuice」と言う、 定番映画のラインナップでした。サマー・スクリーンと言えば、 映画の前に行われる、ローカル・バンドの演奏が楽しみでしたが、 Tidalがオーガナイズする様になってから、 イマイチになりました(以前はインディ・ブッキング界の王子、 トッドP)。今年の音楽は、Yucky duster, Gobbinjr, Sharkmuffin, Karen Rodriguez, Sammus, Sad 13。Sad 13 (Speedy OrtizのSadie Dupuis)以外は知りませんでした。 スポンサーのTidalテントでは、 アーティストの音楽が手軽に聞けるようになっていて、その他、 ハンバーガーやフライ、アイスクリーム、ビールやジーコなど、 食べ物、飲み物ベンダーも揃っています。 犬がいたり、 ビーチチェアやテーブルを持ち込んだり、 みんなピクニック気分で 、お喋り倒して、あまり映画を観ていないし、やりたい放題です。 この緩さが、サマースクリーンの良い所なのですが。最近では、 マカレン・ホテルやウィリアム・ヴェイルなどの、 高級ホテルに囲まれ、公園の景観が、 高いビルだらけになりました。 NYは、毎日の様に野外映画がありますが、 ブッシュウィックのバーのルーフトップだったり、公園だったり、 どこで何をやっているか、探すのも楽しいのですが、 お気に入りがあると毎年通えます。 今年は肌寒く、 映画鑑賞にとっては、心地よい日が続きましたが、これからは、 インドアでの活動が忙しくなりそうです。 Summer Screen @McCarren ParkN1

Honey's Tuesday 6.0 Aug.8th 2017

8/9/2017 Text by Yoko Sawai 毎月第2火曜日が楽しみ、4533studioが送る、 8月のハニーズ・チューズデー6回目は、ハニーズのフロント・ ルームで行われました。いつもナイスなバーテンダー、 トーリーが、ヤーバ・マテ・ソーダ(マテ茶ソーダ!)を片手に、 素敵なミード・カクテルを作ってくれます。バックルームでは、 ミードのボトル詰めに追われ、 新しいミードが次々誕生していました。新しい季節の幕開けです。 ノルウェイから帰国したばかりのマルチ・ ミュージシャンのたくやさんが、グルービーでダンシー、 アジア的チューンで、ムードを盛り上げてくれました。 たくやさんDJセットは、キーボードに、ターンテーブル・ アプリでコンパクトに纏めて頂き、乗ってくると、 トランペットで生音を加えた、たくやさん節が炸裂します。 さすがプロミュージシャン、思わず引き込まれ、 止まってしまいます。様々なバンドで活躍するだけあり、 人を引き込む術を備えています。 隣のバンカーから流れてきたお客さんや、ハニーズ常連、 ランダムなお客さんが、メローな火曜日を、 特別な時間にしてくれました。 たこ焼きも、 そろそろNYのレギュラーフードになる事を願い、 9月に続きます。次は9/12、 Talibam !のオーディオ/ ヴィジュアル・ショーです。

8/8 Honey's Tuesday Vol.6

6回目を迎える、8月のハニーズ・チューズデーは、 夏真っ盛りと題し、スペシャル・ゲストは、 ココロジーやRVアンダーソン他、様々なバンドで活躍する、 ナカムラ・タクヤさん です。NYにいると、毎日のように、 どこかでプレイしているタクヤさんを見かけます。 引っ張りだこの、日本人ミュージシャンです。 DJから始まり、 タクヤさん得意の何かが登場します。 たこ焼きとミードを楽しみながら、タクヤさんの音楽を聴く、 この 贅沢な機会をお見逃しなく 。 ハニーズのルーフトップも、 オープン予定ですので、ルーフトップたこ焼きも良いかもです。

Nels Cline Orchestra @celabrate brooklyn

8/6/2017 Tetxt by Yoko Sawai  先週、 アンドリュー・バードのショー に行って、 余りも野外ショーが心地良かったので、今回は、 ウィルコのギタリスト、ギターの天才こと、ネルス・ クラインのショーを見に、プロスペクト・パークに来ました。 週末ともあり、バンドシェルに行くまでの道のりは、 BBQや誕生日会を楽しむ家族連れで、賑わっていました。 人混みを掻き分け、バンドシェルに着くと、程よい混み具合で、 前方のイスにはパラパラ空きがあります。まずは、 芝生に寝転がりながら、音楽を聴いていました。見回すと、 芝生でピクニック気分なのは若者、前方のイスで、 真剣に見ているのは年配者が多かったです。    「lovers」と言うアルバムを昨年リリースしたネルス・ クライン。ショーはそのアルバムから、 またスタンダードなどを交え、 鉄琴、キーボード、エレキ・ ギター、アコースティック・ギター、コントラバス、ドラム、 フルートx2、バイオリン、チェロ、トロンボーン、 トランペットx2、ファゴット、指揮者(たまにトランペット) の大所帯、 15人ものビッグ・バンド・オーケストラでした。 美しく、時には切なく、激しく、 胸がきゅーんとなる壮大な景観を、涼しくなったプロスペクト・ パークに残しました。前回もそうですが、この会場は、 ライティングが、激しいので、ムードを盛り上げてくれます。 彼以外に、似合わないと思われる、 シャイニーなブルーのスーツを着たネルスは、 丁寧にお客さんに挨拶し、 演奏する曲などについて説明してくれました。ネルスは、 ギターを弾きながら、手で絶え間なくペダル音を入れ、 実験的音楽+オーケストラをミックスしていました。 彼のギターテクニックは、 TV on the RadioのJaleelを見ているのと同じく、上手すぎで 倒れ そうになり、曲が終わる度に拍手の嵐でした。 こんな贅沢なショーが、フリーで見れるのも、NYの良い所です。 Prospect park bandshell 9th Street & Prospect Park West Brooklyn ,  NY   11215 https://www.bricartsmedia.org

Bootleg bar

8/5/2017 Text by Yoko Sawai Myrtle-wyckoff近く、 ブッシュウィックの ブートレグ・バー を紹介します。 グッバイ・ ブルーマンディやイースト・リバー・ バーで働いていたスタッフが、オープンしたと言う事もあり、 毎週 のようにDJ、アコースティック・イベントを開催し、 一人飲みも問題ない、ロックでレイド・バックなバーです。 1950年代のジャーマン・パブを意識したクラシカルな内装で、 ジュークボックスやピンボールがあり、 バックヤードと呼ぶには小さいですが、 外でハングアウトも出来ます。 ストリートに面した席では、ピープルウォッチングをしながら、 それを肴にアルコールを楽しめ、ビールはドラフト、缶、 ボトルがあり、ハードリカー、カクテルも豊富です。 PBRのトールボーイとハウスのショットが、たったの$ 5と言うスペシャルもあり、近所の人で賑わっています。 音楽セレクションは、ロックですが、うるさくなく、 丁度良い加減を抑えてます。ウィリアムスバーグのセカンド・ チャンスやブッシュウィック・カントリー・ クラブを思い出しました。共通なのは、ロックでイージー、 快適なバーです。    Bootleg bar 1438 Myrtle Ave Brooklyn, NY 11237 347-715-6307 http://bootlegbarnyc.com/

Andrew bird @ celebrate brooklyn at prospect park

7/29/2017 Yoko Sawai  涼しくなった、7月最後の金曜日の夜、アンドリュー・ バードをプロスペクトパークに見に行きました。セレブレート・ ブルックリンという毎夏イベントの一環です。 https://www.bricartsmedia.org/ events-performances/bric- celebrate-brooklyn-festival バンドシェルと呼ばれるステージで、ロック、ラ テン、ジャズ、 スウィング、ソウルなど、様々なジャンルのバンドが出演します。 毎年来ているので、これも夏の風物詩です。私はバンド目当てで、 このイベントに来ますが、公園の後ろや、 バンドシェルの外にシートを広げ、音楽関係なく、 ピクニックしている人たちも沢山います。 フェスの楽しみ方と同じですね。 この会場にはイスがあるので、年配の人も多く、メンバーには、 前方に特別席が設けられています。 寄付で成り立っているイベントです。 ハンバーガーやフライドポテトなどの定番フードから、ビール、 ワインなどのアルコールも完備、 イベントのグッズも売っています。 アンドリュー・バードは、さすがの人気で、私が着いた時には、 4ブロックほどの列が出来ていました。結局30分ほど列に並び、 ようやく中に入る事が出来ました。私の友達が先に来て、 場所を確保しておいてくれたから良かったものの、 身動き取れないほどの混雑でした。早めに来る事をお勧めします。 ステージの前方には行けないものの、近くで見る事が出来ます。 ここイベントはライティングが凄くて、 いつも眩しすぎるなーと思うのですが、 遠くから見る人の事を考えてなのでしょう。音も良いし、 メンバーもよく見えます。ヴァイオリンが入るので、チェンバー・ ポップ、になるのでしょうか。ヴァイオリンのみだったり、 ギターロックだったり、オーケストラだったり、一曲毎に フォーキ ーでジャジーでスイングなど、 雰囲気が違いましたが、友達曰く、 今日は今までで、一番ロック仕様だったそうです( 多分ドラムのせい)。 NYの野外の音出しストップは、夜の10時に関わらず、 11時近くまで、アンコールが続きました。 外がとても気持ちよく、音楽に合わせて、 ダンスしている人も沢山で