Skip to main content

Nels Cline Orchestra @celabrate brooklyn

8/6/2017
Tetxt by Yoko Sawai 

先週、アンドリュー・バードのショーに行って、余りも野外ショーが心地良かったので、今回は、ウィルコのギタリスト、ギターの天才こと、ネルス・クラインのショーを見に、プロスペクト・パークに来ました。週末ともあり、バンドシェルに行くまでの道のりは、BBQや誕生日会を楽しむ家族連れで、賑わっていました。人混みを掻き分け、バンドシェルに着くと、程よい混み具合で、前方のイスにはパラパラ空きがあります。まずは、芝生に寝転がりながら、音楽を聴いていました。見回すと、芝生でピクニック気分なのは若者、前方のイスで、真剣に見ているのは年配者が多かったです。




「lovers」と言うアルバムを昨年リリースしたネルス・クライン。ショーはそのアルバムから、またスタンダードなどを交え、鉄琴、キーボード、エレキ・ギター、アコースティック・ギター、コントラバス、ドラム、フルートx2、バイオリン、チェロ、トロンボーン、トランペットx2、ファゴット、指揮者(たまにトランペット)の大所帯、15人ものビッグ・バンド・オーケストラでした。美しく、時には切なく、激しく、胸がきゅーんとなる壮大な景観を、涼しくなったプロスペクト・パークに残しました。前回もそうですが、この会場は、ライティングが、激しいので、ムードを盛り上げてくれます。彼以外に、似合わないと思われる、シャイニーなブルーのスーツを着たネルスは、丁寧にお客さんに挨拶し、演奏する曲などについて説明してくれました。ネルスは、ギターを弾きながら、手で絶え間なくペダル音を入れ、実験的音楽+オーケストラをミックスしていました。彼のギターテクニックは、TV on the RadioのJaleelを見ているのと同じく、上手すぎで倒れそうになり、曲が終わる度に拍手の嵐でした。こんな贅沢なショーが、フリーで見れるのも、NYの良い所です。




Prospect park bandshell
9th Street & Prospect Park West
BrooklynNY 11215

Comments