Skip to main content

Posts

Showing posts from September, 2017

インターポール、ディアハンター、バトルズ @フォレスト・ヒルズ・スタジアム

9/24/2017 Text by Yoko Sawai

インターポールは、日本では有名ではないかも知れませんが、ここNYでは特別な思い入れがあります。2000年初期は、ポストパンク・ブームに乗って、ストロークス、ヤーヤーヤーズ、TVオン・ザ・レイディオなど、次々とNYから重要なバンドが登場しました。インターポールは、その中では、ゴスっぽく、硬派なイメージで、インディファンを超えて、一般にも受け入れられたバンドです。今年2017年は、彼らの記念すべきデビュー・アルバム、9/11のNYを連想させる「Turn in the bright lights」が15周年記念を迎え、そのアルバムをフルで演奏するショーが行われました。NY会場は、最近再起動した、伝説のフォレスト・ヒルズ・スタジアムです。このクイーンズにある大きなスタジアムは、1923年に建てられ、ビートルズ、ボブ・ディラン、ジミ・ヘンドリックスなど、名だたるバンドがプレイしましたが、1977年からほったらかしにされていました。最近ようやく改装し、2013年から少しずつショーが行われるようになりました。去年2016年は、ボブ・ディラン、ポール・サイモン、ドリー・パートンなどの懐かしのラインナップ、今年は、シガーロス、エックス・エックス、ナショナル、チェイン・スモーカーズなど、インディの大御所がショーをするようになり、このラインナップにインターポールも加わったのです。
9月の終わりの土曜日、天気もよく、外の空気が気持ち良い、16000もの人が収容できるスタジアム。バトルズ、ディアハンター時には、人も半分ほどでしたが、どこから集まったのか、インターポール時には、スタジアムの上までびっしり人で埋まっていました。バトルズもディアハンターも、彼らのヒット曲を満遍なく散りばめた、いかにも一般好きしそうなセットで、個人的には好きでしたが、バトルズの時は日が高かった事もあり、全くライトアップなし、ディアハンターに関しては、全編紫一色のライトでお茶を濁され(まったく動きなし)、力関係が伺われました。
(Deer Hunter) 

そして、インターポール、アルバム・ジャケットと同じ赤色ライトが、ステージに照らされると、大声援が起こり、ショーがスタート。ステージは5人で、先ほど全く違う激しすぎるライトの嵐が、飛び跳ねるように、彼らに照らされます。

ブッシュウィック・オープン・スタジオ2017

9/23/2017 Yoko Sawai
ブッシュウィック・オープン・スタジオ(BOS)が始まったので、見学に行って来ました。今年は9/22-24でした。 https://artsinbushwick.org
ブッシュウィックで活動するアーティストのスタジオをオープンにして、誰でも見学できるというもので、金は夕方6時ごろからオープニングが始まり(土、日は11-7)、ビール(ブッシュウィック)やワインが振る舞われます。場所によっては、DJやバンドが演奏し、お客さん達は、アートを鑑賞をしつつ、タダ酒を求めてスタジオをハシゴします。BOSの地図を見ても分かる通り、スタジオはそれぞれ近いので、ブラブラ歩いているだけで、いやというほど、スタジオに当たります。この時期は、ただでさえ多い人が何倍にも膨れ上がり、正月?という感じのお祭りムードになります。 今回の公式オープニングは、シーキング・スペースでのグループショーで、200以上のアーティストが参加し、ペインティング、彫刻など、エキセントリックな様々なメディが展示されていました。 BOSの十周年を記念して、アーツ・イン・ブッシュウィックが監修した、ブッシュウィックのアートの歴史を綴ったアート本も展示されていました。2015年のオープンコールで選ばれた、400人のアートピースに加え、批評、コミュニティ活動、ブッシュウィックのアートシーンについてのエッセイなどが、収められています。 https://artsinbushwick.org/makinghistory/

ケーブ・エスプレッソ・バーで行われたカトゥーン・ショーの「Not OK」は個人的にお気に入りでした。 お客さんがアーティスト過ぎず、作品も一つのフォーマットが決まっているので、見やすかったです。漫画はどれも、癒しが入っていて、ラガニタスのサワービールを飲みつつ、ホッとさせられました。裏庭がとても心地よく、涼んでいたら、いつの間にか、中より外に人が集まっていました。

「You were here」- Death by audio documentary @ lot 45

9/2/2017
Yoko sawai
8月の最終火曜日に、death by audioのドキュメンタリー「You were here」の上映会に行ってきました。death by audioはウィリアムスバーグにあったDIYスペースで、毎週のように通い、自分が初めてプレイした場所でもあり、思い入れある場所なのです。また同じ名前は、ア・プレイス・トゥ・バリー・ストレンジャーズのオリバーがやっている、カスタム・ギター・ペダル会社でもあります。 http://deathbyaudio.com
一年程前に「good night brooklyn」というdeath by audioのドキュメンタリーをAlamo draft houseで見たのですが、今回はもう一つのdbaドキュメンタリーと言う事で、興味を持ちました。ああいう場所なので、場所を記録していた人は多かったのですね。
「You were here」は、ブッシュウィックのイベント会場、lot 45で行われました。以前、バーニー・サンダースのキャンペーン・パーティで、来た事があった場所ですが、その時とは印象が違い、心地よいカウチやイスが沢山ありました。

映画は、death by audioの2007年から2008年の一年間の日常を、ドキュメントしたもので、住んでいる人へのインタビューや、彼らの生活(仕事をして、バンド練習して、料理作って、バドワイザー飲んで)、パーティやライブ風景などを、徒然と綴っていました。
特に、何が展開するわけでもなく、物語もないのですが、その時の映像だけを使い、この場所が、この時にあったと言う記録が鮮烈に残りました。
この期間は、ウィリアムスバーグが、一番輝いていた時代で、上映会に来ていた人は、ドキュメンタリーの登場人物か、何かの形でdbaに関わっていたのでしょう。画面が変わるたびに、笑い声が聞こえ、とても親交的でした。ディレクター(アメリカ人と日本人のカップル)の感謝の言葉と共に、上映会は終了しましたが、この場所が元で繋がる、不思議なサークルは、まだ広がりそうでした。



http://www.youwereheremovie.com
Lot 45

パイン・ボックス と プレシャス・メタル

9/20/2017 Text by Yoko Sawai
ブッシュウィックのバーの先駆けはパイン・ボックス・ロック・ショップです。モーガン駅から歩いて1分、天井が高く、アーケードゲームのないバーケードを思わせるロックンロールな雰囲気が漂います。カウンターに陳列されている、コンサート・チケットの半券に、個人的に心をくすぐられ、月一の、ヴィーガン・ポップ・アップやスナックのエンパナーダ、そしてバックルームで開催されるコメディショーなども、ここに来たくなる要因ですが、私の一番の目当ては、ブランチに出されるブラッディ・メアリーです。ここのブラッディ・メアリーは、なんといっても見た目が凄く、ベースに4種類、ウォッカ、ジン、テキーラ、ウィスキーあり、それぞれトッピングの仕方も違います。
ここはヴィーガン・フレンドリーということもあり、オリーブ、セロリ、トマト、ピクルスなどがドーンと乗っていて(+ ホットソース)、ドリンクというより、軽食です。知らずにオーダーした人は、あまりのボリュームに驚くことでしょう。勿論クラフトビールも揃っているし、ヒップスター始め、いつも賑わっている若者のバーです。
そのパインボックスのオーナーが、ヒップスターを卒業した、大人を相手に始めたバーが、プレシャス・メタルです。ヒップというよりは、落ち着いた雰囲気で、壁の白タイルが、アール・デコもどきですが、インダストリアル感もバッチリで、ブッシュウィックの住人がデザインした感じです。M線のセントラルAve駅から5分ほどで、周りは住宅街のため、近所の人がふらっと立ち寄るのに良いバーです。 カクテル・メニューが豊富なのと、玄人好みのビール・セレクションが売りで、私の一押しのKCBCもありました。ショーが出来る一角もあり、コメディショーやアコースティックショーが見れそうです。

Pine box Rock shop 12 Grattan St Brooklyn, NY 11206 718-366-6311 Mon, tue 4 pm to 2 am Wed-fri 4 pm to 4 am Sat 2 pm to 4 am Sun 2 pm to 2 am http://www.pineboxrockshop.com

Barcade in Jersey city (& Williamsburg)

Yoko Sawai
9/9/2017
Barcadeは、私の家の近所にある、色々な種類のアーケードゲームが楽しめるバーです。オープンは2004年、当時近所にはバーも殆どなく、こんな辺鄙な所にバーがオープンした!と喜んで通ったものです。それから10数年、今や究極にヒップな地域となったウィリアムスバーグで、毎日変わるクラフト・ビールと、アーケード・ゲームの組み合わせは大当たりで、毎日ゲーム・オタクやビール好きで盛り上がっています。今では、このオリジナルのウィリアムスバーグの他に、チェルシー、セント・マークス、ニューアーク、ジャージー・シティ、フィラデルフィア、ニュー・ヘイブンと、どんどんロケーションを広げています。
私はウィリアムスバーグの他に、チェルシー、セントマークス店にも行ったことがあります。同じバーケードですが、それぞれの地域性を生かしつつ、ホーム感が味わえます。もちろんアーケードゲームも、たくさんの違う種類を完備しています。 今回は、ジャージー・シティに行きました。初めての土地は、何かと不安なのですが、メイン通りのgrove streetは、とても活気があり栄えていて、ブラブラしていると、バーケードがありました。 http://barcadejerseycity.com
知らない土地に行って、知っている名前があれば、つい入ってしまいますよね。チェーン店の魔力です。そこには、少し前まで、ウィリアムスバーグ店でバーテンダーをしていた男の子が働いていました。全く知らない土地でホーム感を味わうと言うのは、こういう事なのでしょう。しかも男の子は、私と同じく、ウィリアムスバーグ・バーケードの近所に住んでいるのです。彼が、毎日のようにジャージー・シティに通っていると聞いて、ジャージー・シティに親近感を覚えました。こちらには、ウィリアムスバーグと違いフードもあります。スライダー、プレッツエル、ナチョス、ホットドッグ、ケサディアなどのバーフードの他に、ランチには、ビール、プレッツエル、サンドイッチで$10、というスペシャルもあります。
ニューヨークは、地域ごとに特徴があるので、ふらっと遠出するのは楽しいものです。ホームグラウンドを出ると、全てが新鮮に感じ、今まで普通だったものが、新しく見える事があります。

Barcade Williamsburg 388 union ave Brooklyn,…

Honeys Tuesday vol.7 9/12/17

Yoko Sawai
9/13/2017


9月のハニーズ・チューズデーは、実験的音楽デュオ、Talibam!をゲストに迎えました。
この日は、バックルームで、ダンス/エレクトリック/ノイズ・パフォーマンスをやっていたため、たこ焼きもよく出ました。Yoko Nipsの誕生日祝いも兼ねた、可愛らしいMelissa のミニ・カップケーキも飛び回り、パーティ2倍な雰囲気となりました。

12時前まで続いたパフォーマンスの後、バックルームでTalibam!のショーが始まりました。今月にリリースされる彼らのアルバム「endgame of the anthropocene」からのオーディオ/ヴィジュアルに、ライブミックスを加えたショーは、近未来の地球を予想させる、政治的なアニメーション/サウンド・トラックでした。
ポリ・リズミックなエレクトロ・ニック・ドラムとシンセ・パッドがめくるめく、ダンスフロア・ミュージックを生み出し、耳と目に刺激を与えます。メンバーは、14年のキャリアにも関わらず新鮮で、一回一回のショーを楽しんでいるように見えます。ショー毎に、違う編成だからでしょうか。彼らは、今回のハニーズ・チューズデーを皮切りに、沢山ショーが控えています。毎回新しい事をやるので、いつ見ても発見があります。 https://www.facebook.com/Talibamnyc/

来月は10月10日、いち早くハロウィン気分が味わえる、ファッション・ショーと音楽をお届けします。



9/12 - Honey’s Tuesday vol.7  Music Guest: Talibam!

Text by Yoko Sawai
今月も第2火曜日がやってきました。 恒例のハニーズ・チューズディ、涼しくなった9月は、インプロ・ノイズ・ジャズ・ロック・デュオのTalibam!をゲストに迎え、オーディオ/ヴィジュアル・スクワッドの、素敵なひと時をお届けします。 https://www.facebook.com/Talibamnyc/ https://talibam.bandcamp.com/

日本やヨーロッパなどへのツアーで大忙しの彼らは、即興が得意なので、ハニーズでどんなパフォーマンスを披露してくれるかが楽しみです。彼らのセットは10時頃、フロントルームにて。 たこ焼きマスターYoko Nipsの誕生日会も兼ねていますので、パーティー雰囲気もばっちりです。
今回は、残念ながら男前のバーテンダー、トーリーはいない模様ですが、代わりに、男前のオーナーArleyがもてなしてくれます。さらに、ハニーズの看板娘、キュートなバーテンダー、アリソンがオーガナイズした振付パフォーマンスが、バックルームで同時進行で行われるようです。(Talibam! のパフォーマンスは、バックルームでのイベント終了後となり、10時頃を予定しています。)

フロントルームで、まったりたこ焼き+ミードか、バックルームで振付パフォーマンス体験、どちらを取っても間違いなし(もちろん両方でも)ですので、お友達をお誘いの上お越しください。

別荘 (Bessou)

Yoko Sawai 9/2/2017

NYで、日本食レストランに行くことはあまりないのですが、居酒屋ブームのNYで、まるで日本にいるような、心地よいレストランを紹介します。 マンハッタンのNoHo、Bleecker Stにある別荘(bessou)は、 紺と白の、少し和なグラフィクが魅力のモダン和食ダイニングです。元々、Bowery とelizabeth Stの間のbleecker Stには、小さなレストラン、バーが密集していたのですが、ここはその中の一つです。
まるで、スキー場のコテージに来た気分になる、アーティでウッディな内装で、とても爽やかなサーバー達が対応してくれます。飲み物は、オリオン、越後こしひかり、尾瀬の雪どけなどの日本のビールから、ワイン、お酒などが揃い、料理は、おつまみ、前菜、主菜などの一品料理を、みんなでシェアする形です。色々頂きましたが、ラー油きゅうり、焼きロメイン、チャーシュー(レタス、味噌ソース、漬物、ひじき枝豆ご飯付き)、南蛮漬けは、絶品でした。対応してくれるサーバーも丁寧で、普通のレストランなら水が出てくる所が、麦茶が出てきて、それをわんこ麦茶状態に注ぎ足してくれたり、取り皿を、タイミング良く交換してくれたり、器も一つ一つ形が違い、全てにおいて、とても気が利いていました。お手洗いは、引き戸になっていて、「別荘」の香り仕立てのキャンドル(by le labo)が漂う心地よい空間でした。デザートは、手作りアイスクリーム/ソルベで、きな粉クッキークリーム、ほうじ茶、ココナッツ小豆を、迷いなく頂きました。 お店の外のボードも、手書きで料理の絵が書いてあり、隅から隅まで、愛情がこもっているのを感じました。オススメの食事処です。




Bessou  5 bleecker st New York, NY 10012 http://bessou.nyc

ライアーズ 「TFCF」リスニング・パーティー

Yoko sawai 8/30/2017
ライアーズがニューアルバム「TFCF (Theme From Crying Fountain」をリリースしました。アーロン、ジュリアンが抜け、アンガス一人になった今作は、抑圧バージョンですが、明らかにライアーズです。何作もライアーズを聴き続けていますが、ライアーズはいつも違って、いつも同じです。 初期2000年代の、アート、ノイズパンクから、グリッジー、ダンサブルな、奇妙なエレクトロ・ポップの後の今作は、ライアーズ市場で一番おとなしいです。とはいいつつ、ライアーズなので、1、2曲聞いた所で、全体の物語は掴めず、ライアーズのお得意、急き立てられる、ダーク・エレクトロに、フォーキーな部分が、目立っているという感想です。
8月最終月曜日の夜に、グリーンポイントのブルックリン・ナイト・バザーにて、TFCFのリスニング・パーティがありました。
アルバムのカバーアートのテーマから、会場は、赤白の風船とウエディング・ケーキ、白鳥の花瓶などが飾られ、アンガスがフロントで、ウエディングドレスとベールを着て、DJしていました。アンガスのセットは、ハイパーな折衷主義で、キンクス、クリス・クロス、ファクトリー・フロア、グレゴリアン・チャンターズ・エニグマ、ジョン・ホプキンズなどをプレイしました。DJ中は、真剣な顔で画面に向かい、ニコリともせず、10時ぴったりに、最後の曲を終えると、何も言わず会場を去っていきました。お客さんは、フロアで踊っている人もいましたが、殆どが、ウエディングドレス姿のアンガスを、ウエディング・ケーキのお裾分けを食べながら凝視していると言う、奇妙な状況でした。呼ばれていないウエディング・パーティに足を踏み込んだ感じで、なんともライアーズらしい、と笑ってしまいました。会場には、バッキングバンドのバンバラのメンバーや、音楽ブログのエディターなどが勢ぞろいしていましたが、みんなこの奇妙な状況を面白がり、いかにも今の時代らしいね、という事を話しました。今時の若い人達は、フリードリンクがないとイベントに来ないのです。

ライアーズは、数週間前(ヨーロッパツアーの前)にアルファヴィルという小さな会場でシークレットショーをしたばかりで、この後は、アメリカを周り、ブルックリンには9/21に帰ってきます。会場のワルシャワは、以前アンガスが怪我をして、座りなが…