Skip to main content

ブッシュウィック・オープン・スタジオ2017

9/23/2017
Yoko Sawai

ブッシュウィック・オープン・スタジオ(BOS)が始まったので、見学に行って来ました。今年は9/22-24でした。

ブッシュウィックで活動するアーティストのスタジオをオープンにして、誰でも見学できるというもので、金は夕方6ごろからオープニングが始まり(土、日は11-7)、ビール(ブッシュウィッ)やワインが振る舞われます。場所によっては、DJやバンドが演奏し、お客さん達は、アートを鑑賞をしつつ、タダ酒を求めてスタジオをハシゴします。BOSの地図を見ても分かる通り、スタジオはそれぞれ近いので、ブラブラ歩いているだけで、いやというほど、スタジオに当たります。この時期は、ただでさえ多い人が何倍にも膨れ上がり、正月?という感じのお祭りムードになります。
今回の公式オープニングは、シーキング・スペースでのグループョーで、200以上のアーティストが参加し、ペインティング、彫刻など、エキセントリックな様々なメディが展示されていました。
BOSの十周年を記念して、アーツ・イン・ブッシュウィックが監修した、ブッシュウィックのアートの歴史を綴ったアート本も展示されていました。2015年のオープンコールで選ばれた、400人のアートピースに加え、批評、コミュニティ活動、ブッシュウィックのアートシーンについてのエッセイなどが、収められています。


ケーブ・エスプレッソ・バーで行われたカトゥーン・ショーの「Not OK」は個人的にお気に入りでした。
お客さんがアーティスト過ぎず、作品も一つのフォーマットが決まっているので、見やすかったです。漫画はどれも、癒しが入っていて、ラガニタスのサワービールを飲みつつ、ホッとさせられました。裏庭がとても心地よく、涼んでいたら、いつの間にか、中より外に人が集まっていました。

ロール・アップ・ブルックリンで、シックスポイント・ビールを横目に、ライブバンドを鑑賞に来ましたが、人の多さに窒息寸前で、人酔いしつつ、お目当てのキル・アルターズまでは、たどり着けませんでした。

パーティは、以下のように続きます。

スタジオを、ホップするのは楽しいですが、油断をするとビールやワインを飲み過ぎるで、作品をじっくり鑑賞したいのなら、土、日のお昼に行くことをお勧めします。そこでも、飲み物を勧められるのは、間違いないのですが、アーティストの、突拍子もない身の上話を聞かされたり、違う場所に迷い込んだり、予測不可能なのがBOSの面白さで、10年続いている理由なのでしょう。





Comments