Skip to main content

インターポール、ディアハンター、バトルズ @フォレスト・ヒルズ・スタジアム

9/24/2017
Text by Yoko Sawai


インターポールは、日本では有名ではないかも知れませんが、ここNYでは特別な思い入れがあります。2000年初期は、ポストパンク・ブームに乗って、ストロークス、ヤーヤーヤーズ、TVオン・ザ・レイディオなど、次々とNYから重要なバンドが登場しました。インターポールは、その中では、ゴスっぽく、硬派なイメージで、インディファンを超えて、一般にも受け入れられたバンドです。今年2017年は、彼らの記念すべきデビュー・アルバム、9/11NYを連想させる「Turn in the bright lights」が15周年記念を迎え、そのアルバムをフルで演奏するショーが行われました。NY会場は、最近再起動した、伝説のフォレスト・ヒルズ・スタジアムです。このクイーンズにある大きなスタジアムは、1923年に建てられ、ビートルズ、ボブ・ディラン、ジミ・ヘンドリックスなど、名だたるバンドがプレイしましたが、1977年からほったらかしにされていました。最近ようやく改装し、2013年から少しずつショーが行われるようになりました。去年2016年は、ボブ・ディラン、ポール・サイモン、ドリー・パートンなどの懐かしのラインナップ、今年は、シガーロス、エックス・エックス、ナショナル、チェイン・スモーカーズなど、インディの大御所がショーをするようになり、このラインナップにインターポールも加わったのです。

9月の終わりの土曜日、天気もよく、外の空気が気持ち良い、16000もの人が収容できるスタジアム。バトルズ、ディアハンター時には、人も半分ほどでしたが、どこから集まったのか、インターポール時には、スタジアムの上までびっしり人で埋まっていました。バトルズもディアハンターも、彼らのヒット曲を満遍なく散りばめた、いかにも一般好きしそうなセットで、個人的には好きでしたが、バトルズの時は日が高かった事もあり、全くライトアップなし、ディアハンターに関しては、全編紫一色のライトでお茶を濁され(まったく動きなし)、力関係が伺われました。

(Deer Hunter) 


そして、インターポール、アルバム・ジャケットと同じ赤色ライトが、ステージに照らされると、大声援が起こり、ショーがスタート。ステージは5人で、先ほど全く違う激しすぎるライトの嵐が、飛び跳ねるように、彼らに照らされます




オープニング・バンドの時に、立って踊っていると「座って!」と注意されたのに、インターポールになると、殆どが立って踊っているではありませんか!お客さんの年齢は、30代から上がメインで、曲が終わるたびに、大声援、拍手、そして大合唱と、インターポールを、自分のNYの象徴として崇めているようでした。アルバムを一通り演奏した後は、アンコールを待つ、お客さんの足踏みの振動と、電車の音が混じって、スタジアムに爆音が鳴り響きました。アンコールは新曲も含め4、最後は音出し制限時刻になったので、カットされた模様でした。こんなにたくさんの人が、一つの事に入り込めるのは素晴らしいですが、年を重ねれば重ねるほど、何でもない物事が、いきなり重要に見えるのかも知れないと思った夜でした。



Comments