Skip to main content

Cigarette, Dumb Wolves @the glove

Yoko Sawai
8/25/2017

最近お気に入りのバンドは、PILLというサックスを前面に押し出したバンドで、別プロジェクトやDJを演っていたり、自分たちでショーをオーガナイズしたりと、とてもアクティブに活動しています。今のブルックリンのDIYーンを作っている、代表バンドでもあります。
今回は、彼らがオーガナイズしたショーに行ってきました。場所は、元Bohemian Groveという場所をやっていた人達が、新たに始めたDIY場のThe Glove。昔、誰が出るかも関係なしに、マイティ・ロボットに足しげく通った日々を思い出します。

Dumb Wolvesは、PillのサックスプレイヤーBen Jaffeのサイドプロジェクトなので、やはりサックスが中心で、イケメンのギターボーカルとドラマーのトリオです。ポッピーな楽曲ですが、実験的サックスが、ディストーションのごとくノイズを轟かせ、特別なものになっていました。やはり時代はインディロック+サックスです。

ワシントンDCCigaretteは、スローコア、60年代ガレージ・ロック、美しいハーモニーと、爪引きギターが素敵。兄弟と他メンバー2人で、フロントの3人が全員ボーカルを取るのですが、みんな声質が似ていて、ハイトーンだしで、曲だけ聞くと女の子みたいで、究極に女の子っぽい男子バンドでした。

高品質のカントリーソウルDougie Poole , スーパークランチーなローファイ・フォークのThe Spookfish は、残念ながら 見逃しましたが、PILLのオーガナイズだけあり、たくさん人が入っていました。金曜だからか、12時過ぎてから、来る人が多かったです。

The gloveは、NYDIY精神を受け継ぐ会場で、メインの会場の裏には隠れバー、中間にアートギャラリー、表には、秘密のヴィンテージギター/洋服屋、ルーフトップはジャングルかの如く、緑が生い茂っていて、ビルの間のオアシスになっています。これもマイティ・ロボットそっくりです。ウィリアムスバーグは終わったと言うけれど、同じことが、今ブッシュウィックで行われ、そしてこれからも地域が変わっても続いて行くのでしょう。面白い場所を作りたい人がNYに集まる限り、法律ギリギリの所で、工夫してやって行くしかないのです。


The glove
住所非公開

Comments