Skip to main content

Posts

Showing posts from October, 2017

Honey’s Tuesday v.8.8 Halloween Special 10/31

ハロウィンの週末は終わりましたが、本当のハロウィンは、本日10月31日、火曜日です。火曜日と言えばハニーズ、と言う事で、今回はスペシャル・ハロウィン・ハニーズ・チューズデーを開催します。 https://www.facebook.com/events/216112455593262/
ロスト・チルドレンの2ndアルバム「spectres」のリリース・パーティーで、DJはロスト・チルドレンとボガロ と言う豪華メンバーです。黒いゴスな雰囲気が漂うこと間違いないです。
たこ焼きは、ハロウィン&ロスト・チルドレン・バージョンとして、ゴスたこ焼きを用意しています。コスチューム大歓迎、4533スタジオ・メンバーもコスチュームでお待ちしています。

楽しいハロウィンになりますように!

*次回、通常のハニーズ・チューズデーは11月14 日。 ハード・ニップスのヴィデオ・リリースパーティーを予定しています。

エル・コーテッズ El Cortez

10/23/2017 Text by Yoko Sawai ブッシュウィックのモーガン・ストップの周辺は栄えていますが。一本筋を入ると、ガラリとインダストリアルな雰囲気が漂います。Ingraham Street に佇むエル・コーテッズは、フライド・チキンで有名なウィリアムスバーグのバー/レストラン、コモドアの2号店です。
コモドアと同じく、ティキ・ドリンクが売りのバー/レストランで、ピナ・コラーダ(コモドア)、フローズン・モヒート、オレンジ・ジュリオ、ハリケーンなどのカクテルが、写真付きであるので、オーダーしやすいです。


フードはテックス・メックス(テキサス州のメキシカン)が中心で、タコス、ブリートー、タコ・サラダ、ナチョス、チミチャンガー、そしてアメリカンな、チーズ・バーガー、チキン・スライダーなどがあります。テイクアウトもOK。



レストランの2Fには、100人弱が収容出来る、イベント・スペース/パティオのサファリがあり、月を見ながら、ティキ・ドリンクを飲んだり、ライブ・バンドを見たり、DJパーティを楽しむ事ができます。毎週火曜日にはカラオケ・ナイトもあります。

コモドア・チームは、第3号店のドリフトもグリーンポイントとウィリアムスバーグのボーダーにオープンし、どんどん美味しいサザン・フードとティキ・ドリンクを広めています。



El Cortez 17 Ingraham St Brooklyn, NY 347-599-2976 4 pm to 4 am
http://www.elcortezbushwick.com

エルスホエア - Elsewhere

10/21/2017 Yoko Sawai

ブッシュウィックには、新しい音楽大会場がどんどんできています。 微妙にオープンしているThe Wellに続き、今年の4月に、ウィリアムスバーグとブッシュウィックの中間のインダストリアルな場所に、バワリー・プレゼンツの大会場、ブルックリン・スティールがオープン。LCDサウンドシステムでこけら落としをした事は、まだ記憶に新しいですが、彼らは、12月に再び10日間(!)のレジデンシーをやるなど、話題はかかないです。
そのブルックリン・スティールに対抗するのが、エルスホエアです。ウィリアムスバーグにあったグラスランズのチーム(ポップ・ガン・ブッキング)が、4年かけてオープンした、新しい冒険は、2014年にグラスランズがクローズする前から、取り掛かっていました。 ジェファソン駅から5分ほどの、インダスリアルな雰囲気が残る、ジョンソン・アヴェニューにあります。24000sqftのマルチ・ルームには、会場は3つあります。675人収容できる「ホール」と、200人収容できる小さめの「ゾーンワン」が1Fにあり、入り口は別になっています。もう一つは、2018年の春までオープンしないのですが、マンハッタンの夜景が綺麗に見える、「ルーフトップ」は500人収容出来る会場です。 2Fはエルスホエア・カフェ「ザ・ロフト」で、朝はカフェや仕事場として、コーヒーやフード、フリーwifiを提供し、夜はバーになります。ロフトの横には「スカイ・ブリッジ・プロジェクト」という部屋があり、地元のアーティストがショーを開くなど、会場としてだけではなく、みんなが会えて、ハングアウト出来る、コミュニティ・スペースとしても機能します。


正式なオープンは10/31で、バトルズ、ケークス・ダ・キラ、フューチャー・パンクスなどがプレイする、ハロウィン・パーティが行われます。

レベッカズ

10/16/2017 Text byYoko Sawai
ブッシュウィックには、毎月新しいバーが出現しますが、どこに行くかは迷うところです。


レベッカズは、ジェファソン・ストリートとブッシュウィック・アベニューの角にあります。ノーバータズ・ピザ-Norbert's Pizza(*ロベルタズ- Roberta's でなく) のオーナーが、2016年11月にオープンしました。マートルブロードウェイ駅 (MartlyxBroadway) から、ワンブロックのアクセスの良いロケーションです。
ここの売りは、ローキーで値段が安い事です。ビールは缶、ボトルがあり、ミラーハイ・ライフやジェネスが$3、高くて$6、ウェル・ショットとハイ・ライフで$5、ミックス・ドリンクが$6などと、最近のヒップなブルックリン・バー価格から、一目置いています。お友達にご馳走しても、びっくりするほどにはなりません。
内装はシンプルな白で統一され、大きなグループテーブルが手前にあり、小さな3つのテーブル、そしてL字型のバーがあります。週末ともなると、奥の部屋にDJが入るなど、ブッシュウィックらしい、雰囲気も醸し出しています。この日は平日でしたが、深夜12時過ぎてからも、お客さんが入ってきました。毎日夜遅くまで開いているからでしょうか。 バーテンダーは、一つ一つのオーダーをこなすのに、かなり時間がかかっていましたが、お客さんは嫌な顔ひとつしないで、気長に待っていました。こういう所では、焦ってはいけません。だんだん、そのペースに慣れてくるから不思議です。一人でも気軽に通える、リビングルームのような居心地の良いバーをお探しなら、ここはオススメです。


Rebecca's 610 bushwick Ave

ハロウィン・スペシャル w/ファッション・ショー「My Spoopy Valentine」& ミュージック Twisty bonbon レポート

大盛況に終わりました、ハニーズ・チューズデーv.8(10/10)は、いつものクールな雰囲気のハニーズとは違い、まるで原宿?かと思うような、キュートなギャル達が大集合しました。ジネット・コンバースのファッションショーのためです。

みんな写真を撮ったり、キャピキャピしているので、見ているだけで元気が出ます。テーマはハロウィンで、ピンクやオレンジやパープルやホワイトや、様々なカラフルな色が飛び交い、そこら中にゴーストや魔女帽子などがディスプレイされていました。ジネットの世界感が出来上がっています。
7人のモデルが、それぞれポーズを決め、ドレスを披露した後は、ジネットのピンクと黒の衣装を着た、ツイスティ・ボンボンが、音楽で会場を盛り上げてくれました。モデルもお客さんも、ガンガン踊り、正にガールズパワーです。爽快です。途中にお楽しみ抽選も挟み、日本のお菓子セットなどが当たっていました。



その後はディマ・ドリューシンが、Jポップ、KポップDJで引き継ぎ、最後の最後まで、みんなを盛り上げてくれました。私は、きゃりーぱみゅぱみゅしか、わかりませんでしたが、ディマ曰く、Jポップは独特だけど、Kポップは、アメリカン・ポップみたいだと、力説してくれました。ちょっと気になりましたが、パーティ・モードの方はバックルーム、しっぽり飲みたい人はフロントで、たこ焼きやパンプキン焼(今回のスペシャル)をつまみに、話に花盛りでした。ハンサム・バーテンダーのトーレイは大忙しで、スペシャルカクテル、作ってもらう暇もなしでした。次回は是非。
次回は11月14日で、またスペシャルなイベントが続きます。

























Honey's Tuesday vol.8 10/10/2017 ハロウィン・スペシャル!!! ファッション・ショー「My Spoopy Valentine」

10/08/2017
Text by Yoko Sawai


video by Dima Drjuchin


10月といえばハロウィンです。第8回目のハニーズ・チューズデーは、ハロウィン・バージョンでお届けします。
今回はファッション・ショーと音楽を組み合わせ、バックルームで行われます。ハニーズ・チューズデーの常連さんで、いつも際立って可愛い格好をしている女性がいるのをご存知でしょうか? 彼女は、ファッション・デザイナーのジネット・コンバース。ファッションだけでなく人柄もとても可愛い彼女の、初ソロ・ファッション・ショーがこの「My Spoopy Valentine」です。彼女の一貫した、可愛い&ラブリーな世界観が披露されます。音楽を担当するのは、ポップな日本人女子2人組、ツイスティ・ボンボンで、ジネットの洋服を着てのパフォーマンスになります。関連グッズもたくさんマーチ・テーブルに並べられ、ちょっとした、お楽しみもあるようです。
アーティストのディマ・ドュリューシンがJ pop/K pop DJで、会場の雰囲気を盛り上げてくれます。
いつものたこ焼きは、今回はハロウィン・スペシャルとして、パンプキン味もありますので、興味のある人は是非お試し下さい。
ハニーズ・ニュースとしては、フロラリア、C.A.S IIなど、新しいボトルが発売されましたので、ラッキーであれば、手に入るかもです。 http://mailchi.mp/2f550a75363e/flr-cas-fey?e=2f87a5f095
スペシャル気分満載の、10月のハニーズ・チューズデーは、10/10火曜日の夜8時から11時です。フリー・エントランスで、ショーは9時ごろから始まりますので、お友達お誘いの上お越し下さい。


Taste of Iceland 9/28-10/1

10/2/2017 Yoko Sawai
未知の国、アイスランドの事を知りたいと思った事はありませんか?そんなあなたにぴったりな、テイスト・オブ・アイスランドというイベントが、ブルックリンで行われました。公共機関のアイスランド・ナチュラリー主催、フード、ドリンク、アート、デザイン、映画、文学、音楽などのアイスランドの文化が、4日間ショーケースされました。国をあげてのイベントは、NYではマンハッタンで行われることが殆どなのですが、このイベントは、グリーンポイント、ウィリアムスバーグ、ブッシュウィックなど、ブルックリンで一番ヒップで、インデペンデントな場所で開かれました。詳細は以下。
●料理---ノーマン (グリーンポイントのスカンジナヴィア・レストラン) ●カクテル----モンタナ・トレイル・ハウス (ブッシュウィックのバー)/ ローレス (ナイトホークの地下のバー) ●映画----ナイトホーク (ウィリアムスバーグの映画館) ●デザイン----アーティスツ・アンド・フリース (ウィリアムスバーグのフリーマーケット) ●文学----スプーンビル&シュガータウン (ブッシュウィックの本屋) ●音楽-----ニッティング・ファクトリー(ウィリアムスバーグの音楽会場) ●アート----OKスペース (ウィリアムスバーグのアートギャラリー)
私が参加したのは、カクテル、映画、デザイン、音楽。
モンタナ・トレイル・ハウスは、ブッシュウィックにある地元のバーで、アイスランドより、ミクソロジストのカリ・シガーソンをゲストバーテンダーとして招き、レイカ・ウォッカ(アイスランド・ウォッカ)とブレンニヴィン(アクアヴィット)を使った、スペシャル・カクテルを提供してくれました。ディル・ブレン二ヴィンを使った  sega bodega、レイカ・ウォッカとベリーのreykjadalur、カンパリ味のminhtendoの3種類で、アットホームな雰囲気の中、カクテルは飛ぶように出ていました。アルコールは強かったですが、複雑かつ飲みやすく、簡単に飲めました。