Skip to main content

Posts

Showing posts from November, 2017

シューペリオリティ・バーガー

Text by Yoko Sawai 11/29/2017
最近はイーストヴィレッジづいていますが、今回は大人気の、シューペリオリティ・バーガーを紹介します。 オーナーは、かの有名なイタリアンレストランのデル・ポストでペイストリー・シェフをしていたブルックス・ヘッドリーです。手先の器用さと前向な考え、技術を持って、季節的、革新的なデザートが評価され、2009年には、大阪の阪急デパートで、イタリアン・デザートの講座を開いたり、2013年には、シェフのオスカー賞でもある、ジェイムス・ベアード賞も取っています。
が、彼はその前に、パンク・ドラマーでもあります。バルチモア出身、ユニバーサル・オーダー・オブ・アルマゲドン、ボーン・アゲンスト、メンズ・リカバリー・プロジェクト、な数々のワイルドなパンク/ハードコア・バンドのドラマーとして活躍していました。
数年前に、ブルックリンはウィリアムズバーグにあった、今はなきブラック・ベアというライブハウスに、ミュージック・ブルース(ハーベイ・ミルクのスティーブ・タナーのソロ・プロジェクト)を見に行った時に、ドラムを叩いていたのが、ブルックスでした。そのショーが、彼のレシピ・ブック「ファンシー・デザーツ」のリリース・パーティだと知ったのは、会場で、ファンシーなデザートが配られていたからです。「彼を知らないの?」と言われながら、食べたブルックスお手製デザートの味は、クリーム・ブリュレっぽく、舌に優しく、もう一つ、二つと欲しくなるスウィーツでした。
そのデザート・シェフで有名な彼が、オープンしたのは、ベジ・バーガー屋なのです。今まで3回ほど足を運び、あまりの人の多さに諦めていましたが、ようやく食べる事が出来ました。 シグニチャー・メニューのバーガーは小ぶりですが、ベジパテの味が濃くて、複雑で美味しく、思わず何が入っているのかあけてしまいました。バンズは、BBQをする時に登場しそうな、ポテト・バンズで、ホワイト・キャッスルを思い出しました。彼の狙いなのでしょう。

サイドの野菜メニューも、日替わりメニュー(この日はポテトコロッケ・バーガー)も、「うわ、何入ってるんだろう」、と家では真似できない味なのです。高級レストランで培った技術を惜しげなく行使しています。もちろん。彼お得意のスイーツ、ジェラートもあり、それを目当てに来る人も多かったです。普通に出て来る水も、…

ニュー・ミュージアム

Text by Yoko Sawai
11/25/2017
先日、イースト・ヴィレッジ/ノリータのホールというアート・ギャラリーに行きましたが、ブラック・フライデーの日に、ホールのご近所のニュー・ミュージアムを探索しました。 元々1977年に、ホイットニー・ミュージアムのキュレーターだった、マルシア・タッカーによって、世界中の冒険的な、現代モダン・アートのみを展示するミュージアムとして、チェルシー・アート・ミュージアムの中に設立されました。2007年に、現在の場所に引っ越し、東京の建築家チームのSejima +Nishizawa/SANAAとニューヨークのgensler によりデザインされた、7階建の縦長のビルは、見た目に斬新で、2008年に、世界の不思議な新しい建築物の一つにも選ばれました。
ニュー・ミュージアムは、ギャラリーとイベント・スペース、シアター、沢山の資料やコンピューターのあるリソース・センター、そして週末のみ、眺めの良い屋上、スカイ・ルームがオープンしています。 只今の展示は、Trigger: Gender as a Tool and a Weapon(トリガー:ツールと武器としてのジェンダー)と題され、政治的な動乱や更新された文化戦争の瞬間に、2進法を越えるジェンダーを探求する世代間のグループを取り上げていました。ヴィデオ、ペインティング、コラージュ、インスタレーション、レコード(アーティストの?)、写真などの作品が、4フロアに渡って展開されていました。細い階段を降りるたびに、新しいアートに遭遇し、アイディアに驚かされたり、⁇が募ったり、ヘッドホンでヴィデオを堪能したり、新鮮な体験でした。サウス・ギャラリーでは、別の展示が行われ、コソボ・アーティストの、斬新な枝のインスタレーションや、ハーレムやニューヨークの近所を映した、LAベースのフィルム・メーカーの作品など、快適なクッションに包まれていると、どんどん人が集まってきました。皆さん、ブラック・フライデーで、買い物お疲れの後に、サクッと寄ったのでしょうか。都会の中の、オアシス的な役割を果たしているのかもしれません。





New Museum http://www.newmuseum.org/ 235 Bowery  New York, NY 10002

イーストヴィレッジ散策 the Hole, ed.valie

Text by Yoko Sawai 11/22/2017 
私は、普段はブッシュウィックやリッジウッド、ウィリアムスバーグ辺りで遊んでいるのですが、今日は気が向いてイースト・ヴィレッジを探索してみました。17年前に住んでいた時は、ブラウニーズやアルト・コーヒー、コニーアイランド・ハイ、タイム・カフェなどをハシゴし、音楽/アートシーンが、エキサイティングだった事を覚えていますが、家賃が高く狭い(&うるさい)のを理由に、2001年9月11日(!)にウィリアムスバーグに引っ越してからというもの、イーストヴィレッジで遊ぶ事は少なくなりました。
最近、知り合いがお店をオープンしたなどを聞くと、意外にも、ブルックリンでなくマンハッタンだったりします。ブルックリンは、ブランド力が上がり過ぎて、何処もかなり強気な値段で、逆にマンハッタンの、イースト・ヴィレッジの端やローワー・イースト・サイド、チャイナ・タウン辺りの方が現実的みたいです。実際、私が練習用に使っていたスタジオのビル(ウィリアムスバーグ)に入っていたアートギャラリーは、ローアー・イースト・サイドに引っ越しました。
今日は、バワリーにあるアートギャラリー、ホールのアート・オープニングに行ってきました。
ジョニー・アブラハムの「Threnody」と言うショーで、4000sq.ftの真っ白なギャラリーには、2、3部屋を使って、白、赤、青、黒、黄色の長方形、円形、半月形などのブロックをハーモライズさせ、リズミカルで重力感のある作品が、20点ほど展示していました。
組み合わせ、色の違いで、一つ一つに生命が注がれているようなライブ感ある作品になっていて、ダイナミックさに目を奪われました。お客さんは、ブルックリンとは違う、ダウンタウンな人達が集まっていて、外でたむろってると、ジム・ジャームッシュが通りかかったり、後から後から、モデルやスケーターらしい人が遊びにきて、90年代にあった伝説の洋服屋、リキッド・スカイやXラージ辺りに、通いそうなクラウドでした。サーブするドリンクも、ジンと緑茶をミックスしたカクテルと独特で、マスコットの犬が、入り口で迎えてくれるのに、ほっこりさせられたり、良い気を貰いました。





Ave Bと7th Stにあるed. Valieというアートギャラリーにも行きました。 こちらは、もっとこじんまりしているギャラリーですが、ザック…

Goldie’s

Text by Yoko Sawai
11/19/2017
グリーンポイントの外れにあるゴールディズは、マンハッタン・アヴェニューの人気バー、レイク・ストリートと同じオーナーが経営するバーです。レイク・ストリートがミネアポリス・テーマ・バーなら、ゴールディズはラスヴェガス・テーマ・バーです。因みにオーナーは、みんなバンドマンです。
レトロなラスヴェガス雰囲気のある店内は、丸いシャンデリア的デコが印象的なバーカウンターに、バブリーなレザー張りのブース、ライオンやチーターの肖像画や置物、さらにプールテーブルもあり、カジノに来た雰囲気で、知らない人とも直ぐに仲良くなれます。
創作カクテルが売りで、ハウス・カクテルは$12、ハッピーアワーは$6の破格でマルガリータが飲めます。ビールは、ドラフト、缶、ビンがあり、ドラフトのゴールディズ・ラガーを頼むと、「バドワイザーだよ」と耳打ちされました。常連達はゴールドフィッシュのクラッカーをあてに、ビールとショットのコンボを楽しむようです。
この辺りは、グリーンポイントとは言え、駅からも遠く、バーというバーがなかったので、近所の人達の集いの場所となっています。近所にはリトル・ドケビ(コリアン・レストラン/バー)もあり、この2件をハシゴする常連さんも多いようです。ディープ・グリーンポイントを探索するなら、オススメのゴージャス気分に浸れるバーです。

Goldie’s  195 Nassau Ave Brooklyn, NY 718-389-2348 Mon-thu 4 pm to 4 am Fri 3 pm to 4 am Sat, Sun 2 pm to 4 am https://www.facebook.com/GoldiesBrooklyn/

番外編 Iceland airwaves 2017

Text bu Yoko Sawai
11/10/2017
今回はアイスランド編です。
写真はコチラ: https://photos.app.goo.gl/LAlvqIakadeR6scF3
アイスランド・エア・ウエイヴスは、毎年11月の頭に、Reykjavíkgレイキャビック)で行われる音楽フェスティバルです。私は、5回目の参加になりますが、どんどん好きになるばかりです。今年は、バンド・レポート以外、アイスランドについて綴ってみます。
アイスランドは、殆どが首都のレイキャヴィックに固まっていて、エアウェイブズも勿論、レイキャヴィックで行なわれいますが、今年から木曜と金曜のみ、第2の都市のAkureyri(アクレイリ)という、北地方でも行われるようになりました。数は圧倒的に少ないし、アーティストは殆ど、地元のアイスランドです。バンドを沢山みるのが目的なら、断然レイキャヴィックですが、レイキャヴィックに何度も来ている人は、町探索も兼ねて、次は、アクレイリが楽しいかもしれません。 お昼は、オフ・ヴェニューという、ディショーを色んな所でやっています。カフェ、バー、ビストロ、ホテル、銀行、ランドリー、博物館、ギャラリー、洋服屋、レコード屋など、スペースがあれば何処でもです。バンドは期間中、何度も違う場所プレイするので、見逃しても、次また見れるのが嬉しいです。道を歩いていると、楽器を持ったミュージシャンに、沢山遭遇するので「よかったよ!」と声を掛け合ったり。 スケジュールは、見たいバンドをピックアップするのも良いですが、場所を頭に入れないと、辿りつけないので注意が必要です。音が聞こえて、ふらっと中に入ると、バンドが良かったりするので、あまりスケジュール通りに、と根を詰めないように、そして時間厳守なので、予定も立てやすいです。
オフ・ヴェニュー・ショーには、子供が多く、いつも一番前は子供です。こちらは子供を産む年齢が早く、22、23歳で子供がいる人もいて、親が音楽を見たいので、子供達をショーに連れ出して一緒に楽しむのです。子供が、10代のやんちゃなラップ・グループを見て、彼らみたいになりたいと思うと、直ぐに始められる環境にあります。子供の頃からオフ・ヴェニューで、音楽感性を養っていると、音楽を始めるのは、自然な流れなのでしょう。こちらのバンドやグループは、20歳で既に音楽経歴10年、というのも…

Honey’s Tuesday Vol.9 レポート

Text by Yoko Sawai 
11/15/2017
11/14は第2火曜日、9回目のハニーズ・チューズデーが行われました。
今回は、いつもタコ焼きを焼いているヨーコ・ニップスのバンド、Hard Nips のヴィデオ・リリースでした。ハニーズ・チューズデー常連から、アート・ディレクター/スタイリストのケルシーや、ビデオ・ディレクターのテッドのお友達などが、沢山遊びに来てくれました。今回はHard Nips が、プレミアのビデオに合わせてカラオケすると言う、初の試みで、それを鑑賞した後は、Takoyaki boyzのDJでのダンスパーティとなりました。ヒップホップ、R&B、ソウルから、旬の邦楽ヒットまでの幅広いチューンは、グーチ・ニップスのツボをついたようで、一番楽しそうにダンスしてました。Takoyaki boyzは、ハニーズ・チューズデーは2回目の参加です。相変わらず好青年、ハンサムガイです。 ビデオのスタイリストのケルシー・ランデルのカタログや、小物がフューチャーされているジネット・コンバースの作品が、販売テーブルに並び、お客さんは、ビデオを見つつ、その小物も購入できると言う、ラッキーな日でした。でも皆さま、タコ焼きも忘れず、宜しくお願いします。


次回は12/12は、ホリディ・マーケットを開催します。ホリディ・ギフトをお探しの方もそうでない方も、この世で一つだけの面白い作品が手に入るチャンスかも。フード、アート、アクセサリーなどが並ぶ予定です。 音楽は、アッシャー・ラック(Ravens and Chimes)のアコースティックライブと、 DJはハロウィンにも登場してくれたLost Children と Bógaro です。


今年最後のハニーズ・チューズデーで、一年を振り返って見ましょう。

10/31 Honey’s Tuesday v.8.8 Halloween Special レポート

Text by Yoko Sawai 

ハロウィン当日の火曜日は、ハニーズ・スタッフも、みんな仮装してのハニーズ・チューズデーになりました。可愛い女子から、101匹ワンちゃんの女子キャラ、ハーフ・アンド・ハーフ、ロボット、幽霊、かかし、羽根、仮面など、がっつり仮装している人から、中途半端まで、見ているだけで楽しい集まりとなりました。今日だけは、変な格好でも、変だと思われない貴重な日なので、フルに活用して下さい。今回はハロウィン・スペシャルとして、ゴスたこ焼き(別名ブラックたこ焼き)をサーヴしました所、大人気で、タコに扮した、たこ焼きマスターは、大忙しでした。イカ墨です(タコではなく)。パンプキン色の可愛いカップケーキや、誕生日ガールのケーキが登場し、スウィーツも豊富な、ハロウィンらしい日となりました。





メインはロスト・チルドレンのヴィデオ・リリース。美しく、ハウンティングでユニークなダーク・サウンドとヴィジュアルは、特製のサイケデリック・スクリーンにマッチし、骸骨のコスチュームもテーマにピッタリでした。ヴィデオ鑑賞の後は、ボガロとロスト・チルドレンが、ダーク・ウエイヴ、エレクトロ、そして以外にもポップなチューンが飛び出す、DJパーティーとなりました。ありがとうございます。ハロウィン・スペシャルのカクテルはシナモン・スティック入りのウィンター・ミュートでした。癖になりますが、強いので注意が必要です。ハンサム・バーテンダー、トーレイを見たら、ぜひオーダーしてみて下さい。




次回はレギュラーのハニーズ・チューズデーに戻ります。11/14、第2週目の火曜日です。ハード・ニップスのヴィデオ・リリース・パーティーになりますので、皆様ふるってお越しください。