Skip to main content

シューペリオリティ・バーガー

Text by Yoko Sawai
11/29/2017

最近はイーストヴィレッジづいていますが、今回は大人気の、シューペリオリティ・バーガーを紹介します。
オーナーは、かの有名なイタリアンレストランのデル・ポストでペイストリー・シェフをしていたブルックス・ヘッドリーです。手先の器用さと前向な考え、技術を持って、季節的、革新的なデザートが評価され、2009年には、大阪の阪急デパートで、イタリアン・デザートの講座を開いたり、2013年には、シェフのオスカー賞でもある、ジェイムス・ベアード賞も取っています。

が、彼はその前に、パンク・ドラマーでもあります。バルチモア出身、ユニバーサル・オーダー・オブ・アルマゲドン、ボーン・アゲンスト、メンズ・リカバリー・プロジェクト、な数々のワイルドなパンク/ハードコア・バンドのドラマーとして活躍していました。

数年前に、ブルックリンはウィリアムズバーグにあった、今はなきブラック・ベアというライブハウスに、ミュージック・ブルース(ハーベイ・ミルクのスティーブ・タナーのソロ・プロジェクト)を見に行った時に、ドラムを叩いていたのが、ブルックスでした。そのショーが、彼のレシピ・ブック「ファンシー・デザーツ」のリリース・パーティだと知ったのは、会場で、ファンシーなデザートが配られていたからです。「彼を知らないの?」と言われながら、食べたブルックスお手製デザートの味は、クリーム・ブリュレっぽく、舌に優しく、もう一つ、二つと欲しくなるスウィーツでした。

そのデザート・シェフで有名な彼が、オープンしたのは、ベジ・バーガー屋なのです。今まで3回ほど足を運び、あまりの人の多さに諦めていましたが、ようやく食べる事が出来ました。
シグニチャー・メニューのバーガーは小ぶりですが、ベジパテの味が濃くて、複雑で美味しく、思わず何が入っているのかあけてしまいました。バンズは、BBQをする時に登場しそうな、ポテト・バンズで、ホワイト・キャッスルを思い出しました。彼の狙いなのでしょう。


サイドの野菜メニューも、日替わりメニュー(この日はポテトコロッケ・バーガー)も、「うわ、何入ってるんだろう」、と家では真似できない味なのです。高級レストランで培った技術を惜しげなく行使しています。もちろん。彼お得意のスイーツ、ジェラートもあり、それを目当てに来る人も多かったです。普通に出て来る水も、特製レモン水で、とても味わい深いのです。細部細部にこだわりを感じさせ、リピーターが絶えないのも当たり前です。

隣で食べていた人と話すと、わざわざアッパー・イースト・サイドから通っているらしいです。もう一つ、働いている人は、殆どミュージシャン、アーティスト、コメディアンなど、どこかで見た事ある人ばかりでした。Tシャツもあり、思わず買ってしまいそうなデザインでした。



  

  

 


Superiority burger
Wed-Mon 11:30 am to 10 pm

Comments