Skip to main content

ドクター・マーティン・プレゼンツ

Text by Yoko Sawai
12/3/2017

NYでは、シューズブランドがインディバンドをサポートするような形をとって、ブランドのプロモーションをすることがあります。
何故かいつもシューズブランド、+インディーバンド、なのですが。

2016年までは、コンバースによる、「Converse Rubber Studio」 というレコーディングスタジオ / イベントスペースがブルックリンにありました。そこで無料でレコーディングしたバンドの、コンピレーションダウンロードカードが店頭で配布されたり、Converse Rubber Studio でライブイベントが催されたりもしていました。 

また、インディ・バンドといえば VANS(vans.com)、と言っても良いくらい、グリーンポイントのヴァンズのイベント・スペース「ハウス・オブ・ヴァンズ」では、毎月のようにインディ・バンドが演奏していました。そこでは、ヴァンズのカスタム・シューズやTシャツ、ネイル・アート、フォトブースがあり、ビタミン・ウォーター、ジーコなどのドリンクが振る舞われ(全部フリー)、バンドも、ダム・ダム・ガールズ、ドラムス、プリンセス・ノキア、ロイヤル・へッドエイクなどの旬のバンドが、ラインアップされていました。
そのハウス・オブ・ヴァンズが、来年のセッションを最後に、クローズすると聞いた時は、大企業がインディ・バンドを応援する事は、もうないのだろうか、と思いました。


が、最近ブーツで有名な、ドクター・マーチンが、頻繁にインディ・バンドと組んでショーを開催しているのです。


ベッドフォード・アベニューにもお店をオープンし、ヒップスター御用達のステイタスを獲得しようと必死なのか、地元のイケている音楽会場と組んで、毎週のように、ショーを開催しています。
12/1金曜は、最近オープンした会場、エルスホエアで、ビーチ・フォシルズのショーがあったので行って来ました。



  

675人を収容出来る、ホールでのショーは、ドリンクがフリー(しかもメニューはアルコールのみ)、カスタムTシャツ、カスタムトートがフリー、お約束のフォト・ブース、アートの展示などがあり、会場中にアトラクションがありました。トイレに行くと(既に男女別は廃止され、男女共用)ペーパータオルを渡してくれる、ピンナップ・ガール(しかし男性)がいました。ここにもヒップスター要素。
 

 

 

ステージでは、ヒップホップとポップ・バンドが演奏した後に、アクロバティックな動きを見せるコメディアン()が盛り上げ役を担当し、ようやくビーチ・フォシルズが登場しました。その頃には、皆さん酔っ払って気分も向上。人はどんどん増え、絶対ビーチ・フォシルズの事知らないだろ、という場違いな人も沢山いました。
バックと横のスクリーンには、ドクター・マーチンのビジュアルが流され、頭に叩き込まれながら聞く、90年代のギターポップは懐かしかったですが、パーティしたい若者のとのギャップが可笑しかったです(この曲でダイブ?!というタイミングでダイブしていたりなど、、、)ま、みんな楽しそうなので良いかな、と。



私は、バンドが観れるからショーに行くのですが、殆どの人は、タダ酒が飲めるから、何か楽しそうだから、友達とハング・アウト出来るから、などの理由で、ショーに来ていた気がします。本当に音楽が好きで、このバンドが見たくてショーに行くと言う人は、いるのでしょうか。帰りの電車の中で、写真展の冊子を読みながら(ドクター・マーティンを履いている、セキュリティやドア・ガールについての写真集)、明日にでも、ドクター・マーチンのお店に行って、ブーツでも見ようかな、と思っている自分がいました。

   

Elsewhere 
エルスホエア
Brooklyn, NY 11237
12 pm to 4 am

Comments