Skip to main content

フォーチュネイト・ブラザーズ

12/3/2017
Yoko Sawai

私は、16年前にウィリアムスバーグに引っ越してきました。イースト・ヴィレッジに住んでいた時は、狭く、うるさく、高く、もう少し広くて、静かで、リーズナブルな値段のアパートを探した結果がウィリアムスバーグでした。2001911日に引っ越した時は、それこそ9/11事件の真っ只中でしたが、前から9/11に引っ越しすると決めていて、オロオロしている暇もなく、ウィリアムスバーグ・ブリッジを自転車で渡り、引っ越しました。ルームメイトも、本当に私が引っ越して来てびっくりしていました。

当時ウィリアムバーグには、小洒落たレストランもカフェもバーもなく、引っ越したばかりの時は、私には仕事もなく、黒人2人組にホールドアップにあったり、持っていたハンドバッグを自転車で盗まれたり、ブルックリンは怖い所だ、と言う印象で、家に帰る時はとても注意していました。

そんな時に、2ブロック先に、フォーチュネート・ブラザーズを見つけ、殺伐とした近所に、オアシスを見つけた気分になりました。昔からこの近所にあるイタリアンカフェで、ケーキ、ジェラート、クッキーなど、スウィーツが豊富で、そこにラップトップを持ち込んで(wi-fiはない)色んな記事を脇目も振らず書いていました。店員も嫌な顔何一つせず、近所のおじいちゃん、おばあちゃんに紛れながら過ごすカフェの日々で、段々とこの近所が好きになったものです。

いつ行っても開いている、という安心感と、昔ながらの雰囲気が、今も続いているタイムカプセルのようなカフェです。チーズケーキやティラミスやジェラートや、カノーリや、イタリアンクッキー(ジェリー入り)など、色々試しましたが、今は、スワン型のシュークリームとコーヒーに落ち着いています。周りはヒップなお店が増えていますが、ここにいると、1980代のウィリアムスバーグにいるような気分になるのです。ウィリアムスバーグに長く住んでいる人には、こことbamonte’sと言われるほど、近所に根付いた、ランドマーク的なカフェなのです。昨日行くと、すでにクリスマス満開で、やはり、近所のおじいちゃん、おばあちゃんで賑わっていました。
 










Fortunato brothers cafe
Sun -thu 8 am to 11 pm
Fri & sat 8 am to 12 am

Comments