Skip to main content

Escape Room

12/17/2017
Yoko Sawai

皆様、エスケープ・ルームを知っていますか?

知り合いが、「今度エスケープ・ルームのクーポン買ったんだけど行かない?」と誘ってきたので、「何それ?」と尋ねると、グループでやるゲームで、部屋に仕掛けられた、ヒントを手掛かりに、謎を解いて、部屋から脱出するゲームなのだそうです。

「うーん、何それ?お化け屋敷?」と笑いながら断ったのですが、別の知り合いからも、「今度エスケープ・ルームに行かない?」と誘われました。数人から、同じ事を誘われるなんて、ちょっと興味が出て来たので、行ってみることにしました。

予約をして、場所に着くと、ホストがにこやかに対応してくれます。とても気のいいホストで、ジョークをガンガン飛ばしたり、待っている間も楽しませてくれました。なぜか知恵の輪があり、それをみんなでやっていました。ゲームに挑む為の、エクササイズなのでしょうか。ゲームは何種類から選べ、私達は探偵物語を選びました。60分で、ヒントを集め、部屋から脱出しなければなりません。部屋に案内され、軽く注意事項を聞いたら(無理やり物をどかしたりしないなど)ゲームの始まりです。ストーリーは、省略しますが、みんなで暗い部屋にとじ込まれ、電気をつける所から始まりました。これがまた難しいのです。普通に付くはずがないので、色んな事を試し、そしてかなーり頭を使うゲームでした。「お前あっちを解いて、その間にこれ解読しておくから」など、誰かが鍵を見つけたら、それに合う鞄を見つけたり、数字のコードがわかれば、それに合うロックを探したり、カセットを聞いて書き留めたり、もう無我夢中でした。結局私達は、60分を少し超えて脱出出来ました。終わった後は、スポーツした後のように爽快で、チームワークと友情が強まりました。お値段は、6人で参加し$155。ゲームも本当よく出来ていました。作った人は、頭がいいのでしょうね。かなりの計算が必要でしたから。

実は、エスケープ・ルームは、私の行きつけのバーの隣(ウィリアムスバーグ)にもあり、前を通るたび、「何のお店だろう」と気になっていました。ゲームだったのですね。人が全然いないはずです。知り合いが行ったのは、グリーンポイントで、私が行ったにはトライベッカ。どうやら色んな場所に、あるようです。

調べてみると、エスケープ・ルームは、2017年のトレンドで、リテイルが入らない空きスペースに、エスケープ・ルームが代わりに入っているらしいのです。もう時代は、リテイルではなくエンターテインメントなのでしょうね。



皆さん、騙されたと思って一回行ってみて下さい。I phoneから離れて、夢中になれることがここにあります。


Escape games nyc 
mon-thu 2 pm to 11 pm
Fri-sun 11 am to 11 pm


Comments