Skip to main content

Rookery Bar

12/13/2017
Yoko Sawai

L線ジェファーソン駅近くの、トラウトマン・ストリートには、アーティチョーク・ピザ、Kcbc、ロット 45, マッド・トロピカル、ザ・ジョンソンズ、プレシャス・メタル、などなど、行きたいバーが盛り沢山ありますが、有名なユニオン・ピザ・ワークスに隠れて、いつも見逃しそうになるガストロパブ、ルーカリーが自分の中でブームです。

2013年にオープンしたルーカリーは、10年前のウィリアムスバーグのような、リラックスしたフレンドリー感が漂っています。ビールは、ドラフト、ボトル、缶があり、近所のKcbcブレーヴェンから、オメギャング、ベルへーヴェン、ファイブ・ボローから、馴染み深いテカテ、ミラー・ハイライフ、カールスバーグまでが揃います。ダウンイースト・サイダーは、まるで新鮮なアップルジュースのような味わいで、ゴクゴク飲めます(=危険です)

カクテルは、ピムズ・カップ、メズカルのマルガリータ他定番から、冬は、ホット・トディ、スパイスド・サイダー、ジャマイカン・コーヒーなどのホット・ドリンクもあり、円形のバーなので、誰が何を飲んでいるのかを、観察するのも楽しいです。

フードは、イギリス、西インドにインスパイアされたメニューで、ムール貝&フライ、サラダ、フィッシュ&チップス、フライド・ピクルスなど、ガストロパブという名前がよく表しています。めったに見ない、フライド・オレオに挑戦した時は、死ぬほど甘いのでは、という想像を超え、甘さ控えめのフレンチ・トーストみたいな味で、安心しました。パブ・タイム(5 pm—)とレイト・ナイト(10 pm —)では、メニューが少し変わりますが、夜遅くに美味しいフードが食べられるのは、とても貴重なのです。

バーテンダーがかける曲も、インディ・フレンドリーで、普通に話しやすいボリュームで、混みすぎる事がなく、地元の人に愛される、バーのお手本です。


The rookery bar
Mon-Fri 12 pm-4am
Sat, Sun 11 am to 4 am

Comments