Skip to main content

Posts

Showing posts from January, 2018

南アフリカ-ケープタウン 2018

1/14/2018 Yoko Sawai
今週はインターナショナルです。
1/11から、南アフリカのケープタウンに行ってきました。今回で2回目で2日(!)の弾丸旅でしたが、去年行って一目惚れし、もう一度この目で場所を見てみたかったのです。死ぬほど寒かったニューヨークから18時間で、常夏の国に来れます。
写真はこちら: https://photos.app.goo.gl/5uFwW52hozmZDVR52
今でもアパルトヘイトの名残で、白人、黒人の集まる場所が微妙に分かれているケープタウン。空港から車でケープタウンの都市へ行く途中に、タウンシップと言う貧しい地域を通るのですが、そこはトタンで作られた家が並び、カラフルな洗濯物が干され、みんな必要もなく外に出て、獲物を狙っているように見えます。信号で止まるたびに、ハスラーが物乞いに来るし、窓を開けていると「閉めて!」と言われます。開いている窓から、膝に乗せているバッグを盗まれるのです。日暮れ後は、一人で歩いてはいけないし、カバンも持たない方が良いらしいです。
ロング・ストリートと言う、観光客から地元の人がごっちゃに集う、ブロードウェイみたいな繁華道があるのですが、そこでショルダーバッグを持ってると、ショルダー部分を切られて盗まれます。確かに、角という角にハスラーがいるし、車を停める時も、その道路の管轄の人に、チップを渡して、車を見て貰わないといけません。そうしないと、車は直ぐに荒らされ、窓を割られて、中の物を持っていかれるのです。
夜の治安は良くないですが、明るい時間は安心で、ハイキングやビーチに出かけたり、自然に思う存分戯れる事が出来ます。右が山なら、左が海、その真ん中に都市があり、町は活き活きして見えます。去年は、アフリカ大陸の最南端の喜望峰に行って、大陸の最果てを感じたので、今回は、数ある山(テーブル・マウンテン、デヴィルズ・ピーク、シグナル・ヒル)の中の一つ、ライオンズ・ヘッドに登る事にしました。地元の人曰く、行くなら、朝早い方が良い、と言うので、朝7時を目標にしましたが、結局登り始めたのは朝9時。既に降りて来る人も多い中、久しぶりに、筋肉痛になる程のハイキングでした。スポーティな格好をした人ばかりで、スニーカーを履いていないのは、私くらいでしたが(山登りする予定はなかった)。途中ハシゴを使ったり、かなり急な斜面もありましたが…

Honey’s Tuesday v.11 Jan 9th 2018 - New Years special with Planet Rump

1/10/2018
Yoko Sawai

新年明けましておめでとうございます。2018年、第1回目のハニーズ・チューズデー、新年会は大盛況。沢山の人にお越し頂きありがとうございました。
新年スペシャルとして、めでたい豚の角煮が、フード・メニューに加わり、たこ焼きと共に、お客様のお腹を満たしてくれました。端から端まで甘く味のついた肉は、噛めば噛む程味が出る、涙が出る程の美味でした。サイドのゆで卵も味付き、さすがシェフ。 バックルームをグルーヴィーに、かつ話やすい空間に演出してくれたのは、DJジョー君。羽織とエプロンが妙にお似合いで、この日一番のコスチューム大賞として君臨していました。思わず体を揺すりたくなり、気分を盛り上げる、お手本のようなDJでした。何だか、とっても心地よく、気分が良いのが、ジョー君マジックなのでしょう。
そして、今日の主役は、プラネット・ランプ。DJ&MC、ダンサー2人の、最高に緩く、最高に楽しくセクシーなグループです。この日はNYでのラストショーと言う事で、お友達や知り合いが、ハニーズに一同集まってくれました。 火曜日とは思えないほどの大盛況ぶりで、バーは満員。ハンサムバーテンダー、トーレイは、休みなく大忙しでした。
バックルームで、レイラの歌と共に、緩いダンスが始まると、会場は人が入れないほどの混雑ぶりでした。DJの声をミックスしつつ、器械体操のような、パフォーマンスが、ツボにはまります。サイケデリックなビジュアルも加わり、セクシー・パフォーマンスはどんどん白熱し、ユニフォームを脱ぎ捨て、茄子までが飛び出す、ドキドキするショーでした。演劇かサーカスを観ているみたいです。


ウィークエンド・レディズ(バックアップ・ダンサー)から、プラネット・ランプの2人へ歌を捧げた後、会場はダンスフロアと化しました。こんなに沢山の人を、バックルームで見るのは久しぶりです。

Avenue A & 2nd St

1/8/2018 Yoko Sawai

イーストビレッジは、最近また頻繁に出かけるようになりました。小さなバーが沢山あり、その一つ一つが個性的で、音楽ショーをホストしている所も沢山あります。ローワーイーストサイドとの境目である、Ave Aと2nd Stの角にはバーがひしめきあっています。
私のお気に入りは drexlers(ドレクサーズ) で、レトロでインダストリアルな雰囲気、アール・デコ調の壁が特徴の、オシャレなカクテルバーで、地下ではよく音楽ショーが行われています。ニューオリンズがテーマのようですが、私にとっては全く違います。 ニューオリンズならskinny dennisです。 その隣はthe library(ザ・ライブラリー)、いわゆるダイブ・バーで、ハッピーアワーやジュークボックスがあり、若物で賑わっています。 逆隣が2ABerlin(ベルリン)です。ダイブバーの2Aは、ベルリンと繋がっているのですが、そこからは入れてくれず、わざわざ外に出てもう一度入る仕組みになっています。レイルロード・アパートメントみたいです。ローキーで、気のいいバーテンダーが売りで、カウンターにはレギュラーがたむろしています。ベルリンは、毎日のように音楽ショーをホストし、ニューイヤーズ・イブには、グリーンディのメンバーもここでショーをしていました。マンハッタンで、インディバンドがプレイできる会場は、此処かマーキュリー・ラウンジ、ピアノスぐらいになってしまった気がします。
この日はダンシー・エレクトロのVan Gooseを見に来たのですが、たまたまみたVivienne eastwoodがbeach fossilsみたいで、ポップでグッときました。こんな風に、バンドと出会うきっかけがあるのは、ありがたいです。
ベルリンには、いつもヒップな若者が集っていて、クラウドはブッシュウィックとミッドタウンのミックスみたいです。ミッドナイトからのDJパーティーは、列が出来るほど人気で、この日も寒い中(気温はマイナス10℃以下、体感気温はもっと低い!)、沢山外で待たされていました。こんな小さい会場が、ヒップな若者を惹きつけるのか、と思ったら、隣の2Aも人だかりが出来ていました。中は熱気に溢れ、みんなTシャツ一枚で踊りまくっています。ブルックリンのブッシュウィックの奥地へ行こうが、マンハッタンのローワーイーストサイド…

スノー・ストーム・ボム・サイクロン

1/4/2018 Yoko  Sawai 

今年の冬は暖冬だ、と言っていたら、新年が明けたとたん、パワフルで大きな吹雪と寒波NY にやってきました。「ボム・サイクロン」と名付けられたこの吹雪は、1/4の朝から、10インチ(=25㎝)以上の積雪をNYに齎し、気温を鋭く下げ(週末の最低気温予想はマイナス16℃!)、警報が出され、学校やオフィスが休みになり、多くの飛行機が欠航になりました。NYは大丈夫でしたが、ヴァージニア州では電力がなくなったらしいです。
地下鉄は、地下を走る線は動いていたものの、かなりの遅れが出て混雑がありました。

NY市内で行われるバンドのショーも、たくさんキャンセルが出ました。 数年前も吹雪で、ショーが沢山キャンセルになったのを覚えていますが、グリーンポイントにあるヴェニュー、セント・ヴァイタス で行われた ゾラ・ジーザスは、キャンセルせず、やっていたので見に行きました。彼女は「私はミッド・ウエストで育ったから、こんな雪どうってことないのよ。」、と言い、さらには、ステージから、ふらっと外に出てきて(しかも薄い黒のドレス一枚で)、吹雪の中で幻想的に歌い始めたのです。観客も外に出てきて、彼女を囲みながら、拍手喝さいが沸き起こり、そこだけ、キャンプファイヤーのような、温かい雰囲気に包まれました。冷たいと言われる、ニューヨーカーの温かい部分を見たような気になり、このショーは今でも印象に残っています。雪と言えば、彼女を思い出すので、今日も彼女の事を考えつつ、ショーのキャンセル・リストを見ていました。
キャンセル・延期は、ユニオン・プール、ブルックリン・ボウル、エルスホエア、セント・ヴァイタス、その他は、殆どが決行みたいです。 地下鉄が止まったら、仕方がないですが、ゾラ・ジーザスの言う通り、雪ぐらいでお店を閉めていたら、ビジネスにならないですよね。 ダウン・ジャケットとフェイスマスク、手袋で防寒し、雪でもさっそうとショーに出かけるのです。バーや会場は、温かく迎えてくれます。
4533スタジオ主催、ハニーズ・チューズデーの第一回目は昨年の3月だったのですが、その日は異例の大雪が降ったものの、たくさん人が来てくれました。 次回、第11回ハニーズチューズデーは1/9。火曜は晴れ間がみえるようです。 https://www.facebook.com/events/134259960…