Skip to main content

南アフリカ-ケープタウン 2018

1/14/2018
Yoko Sawai

今週はインターナショナルです。

1/11から、南アフリカのケープタウンに行ってきました。今回で2回目で2()の弾丸旅でしたが、去年行って一目惚れし、もう一度この目で場所を見てみたかったのです。死ぬほど寒かったニューヨークから18時間で、常夏の国に来れます。

写真はこちら:
https://photos.app.goo.gl/5uFwW52hozmZDVR52

今でもアパルトヘイトの名残で、白人、黒人の集まる場所が微妙に分かれているケープタウン。空港から車でケープタウンの都市へ行く途中に、タウンシップと言う貧しい地域を通るのですが、そこはトタンで作られた家が並び、カラフルな洗濯物が干され、みんな必要もなく外に出て、獲物を狙っているように見えます。信号で止まるたびに、ハスラーが物乞いに来るし、窓を開けていると「閉めて!」と言われます。開いている窓から、膝に乗せているバッグを盗まれるのです。日暮れ後は、一人で歩いてはいけないし、カバンも持たない方が良いらしいです。

ロング・ストリートと言う、観光客から地元の人がごっちゃに集う、ブロードウェイみたいな繁華道があるのですが、そこでショルダーバッグを持ってると、ショルダー部分を切られて盗まれます。確かに、角という角にハスラーがいるし、車を停める時も、その道路の管轄の人に、チップを渡して、車を見て貰わないといけません。そうしないと、車は直ぐに荒らされ、窓を割られて、中の物を持っていかれるのです。

夜の治安は良くないですが、明るい時間は安心で、ハイキングやビーチに出かけたり、自然に思う存分戯れる事が出来ます。右が山なら、左が海、その真ん中に都市があり、町は活き活きして見えます。去年は、アフリカ大陸の最南端の喜望峰に行って、大陸の最果てを感じたので、今回は、数ある山(テーブル・マウンテン、デヴィルズ・ピーク、シグナル・ヒル)の中の一つ、ライオンズ・ヘッドに登る事にしました。地元の人曰く、行くなら、朝早い方が良い、と言うので、朝7時を目標にしましたが、結局登り始めたのは朝9時。既に降りて来る人も多い中、久しぶりに、筋肉痛になる程のハイキングでした。スポーティな格好をした人ばかりで、スニーカーを履いていないのは、私くらいでしたが(山登りする予定はなかった)。途中ハシゴを使ったり、かなり急な斜面もありましたが、足元を踏み外さないように、少しずつ登ると、1時間程で頂上に到着します。空の青色と海の青がとても濃く、パームツリーに似たものや、野生な木があり、自然の恩恵を感じました。これがケープタウン。山の頂上は平和です。

山を降り、ルーフトップのレストランで食事をすると、そこには、エア・ストリームのバスが8台ぐらい並んでいました。何かと尋ねると、ホテルの部屋で、確かに、たまに人が中から出てきます。ルーフトップに行くまでの階段はグラフィティに溢れ、このバスに泊まるのも、なかなか楽しそうでした。

ケープタウンに17年、その前はジャマイカに住んでいたという、デトロイト出身のDJに、地元の音楽を見に行こう、とguruletuというケープタウン近くのタウンシップに連れて行ってもらいました。待ち合わせしたレストランで、ショーをやっていたので、入ろうとすると、一般は入れず、タウンシップでは、ショーに入るのも、一見はお断りのようでした。仕方ないので、調理場の横で待っていました。炭火で焼くBBQが有名なレストランでしたが、肉の種類の多さと生々しい匂いで、倒れそうになりました。その場で肉を捌いているのです。写真を撮ろうとすると、「人を撮る時は、絶対聞いてからね。でないとお金を取られるよ」とまたもや注意されました。そしてバンに揺られ、何処かの会場に行くのかと思いきや、着いた先は、人ん家。音楽学校をやっている先生の家で、キーボードとトランペットのセッションに、ソウルフルな女子ボーカルが入る、貴重なショーでした。泣きそうになるトランペットと、加速するキーボードは掛け合いも完璧で、ボーカルはゾクッとする気合いが入り、目を離せませんでした。これが、ケープタウンレベルか、と感心してると、最後には、見に来た人も、ホストした人も一緒になって、タンバリンやボンゴを持ち出し踊っていました。おばあちゃんから子供までもが混ざり、生まれながらの踊りの文化を体感できました。一緒に見に来た人の中に、ニューヨークから来た人もいたので、トランプタワーで話が盛り上がるという(ジョークで、トランプタワーに住んでると言うので)ハプニングも。こんな出会いがあるのが、旅の醍醐味です。

タウンシップを離れ、少しショッピングをした後(無茶苦茶安い)、食事に出かけると、そこでもライブバンドが演奏していました。今回は、ジャズっぽいバンドをよく見ましたが、ケープタウンには、インディロック以外、特にダンスミュージックで括れる色んなジャンルがあります。ミュージシャン達は、色んなバンドを掛け持ちし、毎夜レストランやクラブなどで演奏しています。そこはニューヨークと同じですが、こちらのバンドからは、緊迫感と独特のグルーブを感じました。ダンス音楽が、文化に根付いていると言えばそれまでですが、人生を楽しむ生活スタイルが、生まれながらにあり、油断ならない緊張感が、南アフリカの音楽を、鋭く豊かにするのかもしれません。ケープタウンより、更に音楽が盛んな、内陸のヨハネスブルグにも興味がありますが、自然と音楽が調和した、ケープタウンへの興味は、まだ薄れずでした。また戻ります。

Comments