Skip to main content

スノー・ストーム・ボム・サイクロン

1/4/2018
Yoko  Sawai 


今年の冬は暖冬だ、と言っていたら、新年が明けたとたん、パワフルで大きな吹雪と寒波NY にやってきました。「ボム・サイクロン」と名付けられたこの吹雪は、1/4の朝から、10インチ(=25)以上の積雪をNYに齎し、気温を鋭く下げ(週末の最低気温予想はマイナス16℃)警報が出され、学校やオフィスが休みになり、多くの飛行機が欠航になりました。NYは大丈夫でしたが、ヴァージニア州では電力がなくなったらしいです。
地下鉄は、地下を走る線は動いていたものの、かなりの遅れが出て混雑がありました。

NY市内で行われるバンドのショーも、たくさんキャンセルが出ました。
数年前も吹雪で、ショーが沢山キャンセルになったのを覚えていますが、グリーンポイントにあるヴェニュー、セント・ヴァイタス で行われた ゾラ・ジーザスは、キャンセルせず、やっていたので見に行きました。彼女は「私はミッド・ウエストで育ったから、こんな雪どうってことないのよ。」、と言い、さらには、ステージから、ふらっと外に出てきて(しかも薄い黒のドレス一枚)、吹雪の中で幻想的に歌い始めたのです。観客も外に出てきて、彼女を囲みながら、拍手喝さいが沸き起こり、そこだけ、キャンプファイヤーのような、温かい雰囲気に包まれました。冷たいと言われる、ニューヨーカーの温かい部分を見たような気になり、このショーは今でも印象に残っています。雪と言えば、彼女を思い出すので、今日も彼女の事を考えつつ、ショーのキャンセル・リストを見ていました。

キャンセル・延期は、ユニオン・プール、ブルックリン・ボウル、エルスホエア、セント・ヴァイタス、その他は、殆どが決行みたいです。
地下鉄が止まったら、仕方がないですが、ゾラ・ジーザスの言う通り、雪ぐらいでお店を閉めていたら、ビジネスにならないですよね。
ダウン・ジャケットとフェイスマスク、手袋で防寒し、雪でもさっそうとショーに出かけるのです。バーや会場は、温かく迎えてくれます。

4533スタジオ主催、ハニーズ・チューズデーの第一回目は昨年の3月だったのですが、その日は異例の大雪が降ったものの、たくさん人が来てくれました。
次回、第11回ハニーズチューズデーは1/9。火曜は晴れ間がみえるようです。



Comments