Skip to main content

ラフトレードとDIYシーン

 

ブルックリンのレコード屋は、グリーンポイントやブッシュウィックに多いのですが、この家賃の高い、ウィリアムスバーグにお店を構えるのが、UKレコード店、兼音楽会場のラフ・トレード。2013年にオープンしてから、騒音問題でクローズした事もありましたが、その後は順調に運営し、最近では中古レコードも置いています。

 

場所柄、UKからの観光客が多く、昼はカフェとしても機能していて、2Fは、アート本やグッズがあり、Sonos
の音響システムが楽しめる部屋もあります。土曜日の夜9時頃に行くと、試聴している人もいましたが、私のように、ショーの合間に暇つぶしが大半な中、中古レコードを10枚くらい購入している人がいました。圧倒的にレコードが多かったですが、CDやカセットも揃っています。ショーは、スーパーチャンク、ジョアン・アズ・ポリスウーマン、クリスティン・ハーシュ、モービーなどの中堅バンドから、アンバー・マーク、ガス・ダッパートンなどのニューアーティストまで、全体的にシュッとしている感じのラインナップが揃っています。バワリープレゼンツhttps://www.bowerypresents.com
がオーガナイズしているので、どうしても安全パイになります。因みに、今回見たバンドは、リグレット・ジ・アワー。

まだ20代前半の、アップステート出身の若いバンドですが、久しぶりに、U2やナショナルなどのバンド・サウンドを地で行っています。目を瞑って聞くと、2018年の音とは思えませんが、新世代の冷めた感覚で、熱いギターをかき鳴らしているのを見ると、応援したくなります。だってアルバムタイトルが「Better Days」ですよ。20代前半で!オーディエンスは、彼らの両親や従兄弟、友達でいっぱいで、同窓会みたいでしたが、こういうライブ・バンドが健在なのを確認したのは、今夜の収穫でした。ラフトレードで、隣にいた男の子と話していると、彼はロンドンから観光で来ていて、する事もないからここに来た、と言っていました。バンドでなく、ラフトレードが目的でした。こんな風に$20を、知らないバンドに難なく払うお客さんがいるし、暇な時間には、レコードも買ってくれもします。ラフトレのカラクリです。

その後、ブッシュウィックDIYスペースに行って、沢山のDIYバンドを見て、勝手にブーズを持ち込んで大騒ぎしている人達を見て、ホッとしました。ここにはフェイクでない、本物のバンドがいます。ただ、最近のDIYスペースは、減っているばかりか、すぐに摘発されるので、オンラインで住所を公開せず、見張りも徹底しているので、一見が入るのは難しいのです。そこが、このシーンを閉鎖的にしているのですが、この辺がもっとオープンになれば、色んなクラウドが交わるのでしょうか。

NYは、DIYバンド/会場に優しくなるように、2017年末から少しずつ動き出しています。Dr.マーティンやハウス・オブ・ヴァンズのような企業も、DIYバンドを使って、自分達の商品をプロモートしています。先日のハウス・オブ・ヴァンズは、スケーターキッズの集まりで、タダビールとピザまでついてきました。バンドは、ゾラ・ジーサスとチェアリフトを足したような、ウェイン・ブラッドという、微妙な組み合わせでしたが、スケーター・キッズ達は大声援。彼らこそ、DIYスペースにいそうなクラウドでしたが、パーティ出来れば、誰でも良いのですね。
この辺のギャップを埋めるべく、色んなシーンを見ていく事にします。

Yoko Sawai

2/9/2018

Comments