Skip to main content

ハニーズ・チューズデー 1周年記念パーティ レポート


3/13火曜日は、ハニーズ・チューズデーが始まって一年目です。大雪の中始めた一年前とデジャヴで、この日も雪の予報だったのですが、始まる頃にはすっかり止んで、パーティには最適な日和になりました。


今回は、基本に戻り、直球たこ焼きで勝負。一番シンプルで、手を加えていない物で、豚の角煮と共に、大盛況でした。中には、3回もお代わりしてくれた方や、お持ち帰りしてくれた方もいました。

一周年記念のスペシャル・カクテルはコンブチャを使い、芳醇なミードの味わいがするカクテル。ストローで飲むと、危うく一気飲みしてしまい、しばらくボーッとするほど、危険で味わい深いドリンクでした。ハニーズらしい、ヘルシー・カクテルです。
 

音楽ゲストはPUT。日本人男子二人のノイズ・プロジェクトで、毎回演奏スタイルは違いますが、今日はドラムマシーンとシンセが一体化したelectribeと、たくさんのエフェクターとミキサーを繋いで、音を作っていました。2人なので、お互いの出方を見ながら、あっちこっちに飛び、一人が右に行くと、もう一人も右に行ったり、予測出来ない音が、次々と紡がれていきました。それとシンクロするように、ヴィジュアル映像がプロジェクターに映され、ハニーズは、アングラ・アーティ・ノイズショーと化しました。
   


パフォーマンスの後は、DJ SECRÉTIVITÉ 。ブリブリのテクノDJで、最初は大人しく、スムースな曲が続いていたのが、フードがなくなり、イベントが終了した所から、エンジンがかかり始め、音が大きくなり、本格的な、テクノ・パーティが始まりました。スクラッチが入ったり、小ワザを入れてみたり、本人周りが大盛り上がり。彼は、90年代後期から2000年前半まで、プロDJとして活躍していたので、その名残が、むくむく盛り上がったのかもしれません。イベント中より、終わった後が、断然盛り上がり、遅くひょろっと来た方が、ジョインしてくれました。

最後には、ハニーズより、お疲れ様ミードがお客さんに振る舞われ、長ーいイベントは無事終了しました。


来月4月は、ウィークエンド・レディスという女子のダンス・グループが音楽ゲストで登場します。夏には、ルーフトップもオープンする予定のハニーズ。ルーフトップたこ焼きは、もう目の前です。

Yoko Sawai

3/14/2018

Comments