Skip to main content

ワンダーズ・オブ・ネイチャー

ローワー・イースト・サイドにあった、愛らしいインディ音楽会場/カフェ/レコード・ストアのケーキ・ショップがクローズし、一年がたちました(2016年の年末にクローズ)。ケーキ・ショップは、ブルアー・フォールズというシスター会場を、2009年から2011年まで、ウィリアムスバーグで運営していましたが、高騰するレントや、小さな会場が面する数々の問題(ビールを持ち込んだり、タダで入ろうとしたり)にぶちあたりクローズ。

音楽を愛するケーキショップのオーナーは、ブックするバンドを選ぶので、ラインナップには彼の個性がでます。なので、ケーキショップ(&ブルアー・フォールズ)に行ったら、いつでも面白いバンドが見れる、と言う安心感がありました。

NYのインティメイトな会場と言えば、H0l0, Muchmore's, The footlight, Cobra Club, Trans-pecos, Alphaville, Gutter, The Gateway, C’mon everybodyBerlin underA辺りでしょうか。と言っても、ケーキショップのような、こだわりのあるブッキングをする会場は少なく、見たいバンドがある時にしかいきません。

そして、今年の2月に、ケーキショップのオーナーがブックを担当する会場、ワンダーズ・オブ・ネイチャーがウィリアムスバーグにオープンしました。この場所は、元ブルアー・フォールズから数ブロックの場所にあり、以前は、リトルネックというレストランでした。


フリンジ、アヴァンギャルド、実験音楽を音楽とパフォーマンスで表現するバンド達をブックしていて、
クリーンのHamish KilgourAlison Kendra Hunt, Pale Lights, My Teenage StrideThe Jeanines, Matt Valentine (of MV & EE), Talibam!, The FlagCourtship Ritual, TV on the RadioKyp Malone, フォークアイコンのKath Bloomなど、個性ある名前が勢揃いしています(知っている人には)

私が行った日は、ノイズの巨匠ミックバーと、ライダークレイス、ニュー・ファーマメントのショーで、昔のウィリアムスバーグのショーで見た事ある、ちょい年齢層高めのオーディエンスが沢山で、ブルアー・フォールズとゼブロンが、一気に戻って来た感じでした。小さなステージがあり、そこで女の子一人の、シンセ・プロジェクト、ライダークレイスを見ました。クリスマス・キャロルのような、アバンギャルドさと、神聖な雰囲気をが交差するパフォーマンスで、ワンダーズ・オブ・ネイチャーのコンセプトが伝わりました。ショーに良くある、終わった後は、全員がI phoneを凝視するという事もなく、ショーの感想を言い合ったり、外でタバコを吸ったり、思い思いにガヤガヤして、2000年のウィリアムスバーグが、そのまま残っているようでした。

というわけで、ウィリアムスバーグに朗報。ふらっと出かけても、面白い実験的バンドが夜な夜な見れる、新しいスポットがここにあります。今は、週末だけのオープンですが、ゆくゆくは毎日オープンするそうです。
 

ワンダーズ・オブ・ネイチャー

Yoko Sawai

3/18/2018

Comments