Skip to main content

クリスタルレイク

前回、ワンダーズ・オブ・ネイチャーをレポートしましたが、同じGrand Streetでも、ウィリアムズバーグがらより東に行くと、イースト・ウィリアムスバーグと呼ばれるエリアになります。以前、グランド・バー&グリルだった場所が、いつの間にか新しいバーに変わっていました。その名もクリスタル・レイク。

クリスタル・レイクとは、ニュージャージー州にある、キャンプ・クリスタル・レイク、後にキャンプ・フォレスト・グリーン、キャンプ・ブラッドとして知られる、キッズのサマーキャンプ、13日の金曜日フィルム・シリーズの名前でもあります。
3人のベテラン・バーテンダーがオープンしたのは、こちらもワンダーズ・オブ・ネイチャーと同じ20182月。
アンティークなバーと、奥にはダイニング・スペースもあり、ドリンクと食事が気軽に楽しめる、定番ダイブ・バーです。広いスペースがあり、奥では、13日の金曜日フィルム・シリーズなどの、面白いイベントもやっていくようです。セント・パトリックデーに行くと、ギネスがスペシャルで$5になっていました。ドラフトはアイスランドのエインストック・ホワイト、フラワーパワーIPA ブルックリン・サワー、モントーク・レッド・エール、アビータ・パープル・ヘイズなどの変わり種が揃い、缶や瓶はモデロからミラー・ハイライフ、オールド・ブルー・ラストなどの定番が揃っていました。カクテル、ワインもあります。
 

バーテンダーのスティーヴがミックスした、リヴィング・カラー、メン・アット・ワーク、アイアン・メイデン、クイーン、ヒートマイザー、ガールズ()などを含む、程よいメタル、ロックな音楽プレイリストも、「次はなんだろう」と気分を盛り上げてくれます。
彼は、ニューヨーク育ちで、46歳で、大の音楽ファンで(自分から紹介してくれた)、リヴィング・カラーを25回ぐらい見て、このバーに合う、雑多な音楽ジャンルのプレイリストが作りたかった、と、経緯を話してくれ、最後には、勝手にビールが出て来るほどになりました。元アイアン・メイデンのボーカルが、ソロを作ったら、バンドに訴えられた話など、音楽の話になると、止まらない、様々な小ネタを知っているバーテンダーで、あっという間に、行きつけのバーになりました。ヒップな感じはないですが、居心地の良い、2000年代のウィリアムスバーグが残るバーです



Crystal Lake
Mon-Fri 4 pm to 4 am
Sat & Sun : 12 pm to 4 am


Yoko Sawai

3/19/2018

Comments