Skip to main content

Posts

Showing posts from April, 2018

Honey’s Tuesday vol.14 - The Weekend ladies & DJ Aux Cord Boys レポート

4 月なのにまだ肌寒い NY ですが、 14 回目のハニーズ・ チューズデーは、 沢山の人が集まり、ホットにスパークしたイベントになりました。 フードは、いつものたこ焼き、豚の角煮に加え、 今回はオーガニックチョコレートの kanami チョコレートが参加しました。サラミ・ チョコレートというサラミの形をしたチョコレートです ( サラミは 入っていません ) 。ドライフィグ、スライスアーモンド、 クッキーなどが入っています。 フロアでは、パーティー、ダンス・ミュージックの DJ Aux Cord Boys が、会場を暖めた後、 アーティストの Shane Shane のパフォーマンスが始まります。モーゼの様な、風貌の Shane shane は、チャイニーズ・ レストランのメニューに見立てた目次をスクリーンに映し出し、 お客さんに数字を選んでもらい、 それに関するエピソードを披露します。 映像だったりライブだったりするのですが、マドンナや、ビーチ、 NY の街角でホットドッグを食べる映像がザ 80 年代で、 それだけで吹き出してしまう面白さでした。 彼の個人的なエピソードもリアルで、ベタなコメディショーより、 笑ってしまいました。 ウィークエンド・レディスは、ダンサー 8 人を従えての、マルチ・ パフォーマンスとなりました。 テンポの良いダンスミュージックに乗りながら、 ダンサーが入れ替わり立ち代わりで、リーディングをしたり、 アカペラしたり、叫んだり、交わったり、 シアトリカルに変わります。ピザこそは登場しませんでしたが、 ウィークエンド・レディスの二人は、スポーツ・ ユニフォームから、ピザ・スラット T シャツに着替え、靴底で LE D ライトを光らせながらダンスし、歌い、アスリート並みの、 ミュージカル・パフォーマンスで、会場を盛り上げました。 バックルームに入れず、フロントから見ている人も沢山いました。   パフォーマンス後も DJ Aux Cord Boys が、フロアをリードし、ミードやコンブチャ・ カクテルを飲んだり、フードを摘んだり、ソーシャルあり、 まったりありの、理想的ハニーズ・チューズデーになりました。 一ヶ月に一度、会える場所があるのはありがたい事です

ジェントリフィケーション・エキスプレス・スクリーンニング @サンヴュー・ランチョネット

グリーンポイントにある、 サンヴュー・ランチョネットに、ジェントリフィケーション ( 高級 化 ) に関するスクリーニングを見に行きました。 http://www.thesunview.org/ gentrification-express- screening/ ご存知の通り、ブルックリンの高級化は、 止まるところを知りません。 一つ目は、ジョナス・メカスの「ウィリアムスバーグ」 ( 2002) 。 アンソロジーで有名なメカスが、 1950 年代に、 初めてフィルム・カメラで撮った映像で、 1972 年に、 彼がヴィジターとしてウィリアムスバーグに戻ってきた時の映像も 含んだ、ポケットサイズのシンフォニーでした。 昔のウィリアムスバーグの風景が、映されているのですが、 フィルムカメラを持った男 ( メカス ) にびっくりする、 子供達の映像が印象的でした。 2 本目は、「ドント・フォール・イン・ラブ・ウィズ・ ビルディングス」 (2012) ウィリアスバーグのロフトビルに、 15 年住んだ後に、追い出されるまでの 5 週間を綴った映像で、 生活感のあるスペースから、全ての物がなくなるまでの、 生々しい、精神的苦痛、感情的な、撤退の過程を、 ビルにあるセキュリテイカメラが捉えていました。 他人事とは思えない、ドキッとくる映像でした。 最後は「ジェントリフィケーション・エキスプレス: ブレーキング・ダウン・ザ・ BQX 」 (2017) 。 2016 年 1 月に、デブラシオ市長がアナウンスした、 ブルックリンークイーンズ・コネクター (BQX) 、 アストリアからサンセットパークまでを結ぶストリートカーの計画 についてで、どれだけ、高級化を支持し、 今ある地元のビジネスを脅かすかを訴える内容でした。 ハンターカレッジの先生から、 ソーシャル機関の人々が語っていて、その後に Q&A もありました 。 サンビュー・ランチョネットは、ディープ・ グリーンポイントにある、メンバー制の社交クラブで、アート、 詩、地域性、相互援助などのイベントを開催し、商業、 商品化の伝統的な形や高級化に反対しています。 小さなスペースでありながら、席は満員で、 コミュニティの未来についての関心が伺えました。 カジュアルな席で、みんなが