Skip to main content

Posts

Showing posts from May, 2018

Di An Di

NY にはヒップスター・ヴェトナム・ レストランがいくつかあります。 ローワー・イースト・サイドの An Choi 、イーストビレッジの Madame Vi 、 Hanoi house 、ウィリアムスバーグの Nha Minh 、ブッシュウィックの Bunker と Lucy’s など、 彼らは、クールなインテリアや革新的メニューで、 気になる存在です。先日は、 Nha Mihn でアートショーもありました。 マンハッタン組の An Choi グループの一員の Dennis は、 Lonestar Empire として、ブルックリン・フリーやサウス・ ストリート、スモーガスバーグなどに、出店しているのだが、 グリーンポイント (Tinder Trap, Paulie Gee の並び ) に新しくお店を開くと聞いて、 オープンした次の週に行ってみると、水曜日なのに 45 分待ち! いくらグリーンポイントに、ヴェトナム・ レストランがないからって、それはないでしょう、と思いながら、 バーで待とうとすると運良く席が空いて、 そのまま食事もできました。 私はたまたまシェフの一人を知っていたが、 みんなどうやって知ったのでしょう。 彼らはインスタグラム映えのする、 内装などでフォロワーを増やし、プレスも手伝い、 こんなにたくさんの人を呼び寄せているらしいです。夜なのに、 まるでカフェのように明るい内装で、植物が沢山あり、 ヘルシー指向を押し出しています。   メニューは An Choi が Banh mi なら、 Di An Di は Pho がメインとの事ですが、 サマーロールからライスペーパー・サラダ、ベトナム・ピザなど、 クリエィティブなメニューが揃っていて、かなり迷いました。 ハノイ・スタイル Pho は外せず、スープは、 チャイナタウンとも、他のレストランとも違う味で、 塩辛くなくコクのある丁度良い味で、また通いたくなります。   ドリンクは、ヴェトナム・ビールの 33 から、ローカル・ビール、 カクテルなどもあるフルバーですので、 飲みに来るだけもありです。新世代のヴェトナム・ レストランです。 Di an di 68 greenpoint ave Brooklyn, NY

Chicha Cafetin and Cocktails

4533 studio がハニーズ・ チューズデーを開催している ハニーズ  から、 1 ブロックの所に、 ブッシュウィック初のニカラグア・バー / レストラン、 Chich a NY がオープンしました。たまたま前を通り「 Rum 」 の看板が気になり、早速偵察です。ハニーズの通りは、 インダストリアルエリアで、とても静かなのですが、ハニーズ、 バンカー、そして Chicha と、 どんどんヒップなスポットがオープンしています。 マンハッタンとダンボで、リトルモンスターという、グリルド・ チーズのお店をやっていたカップルが、 子供の頃の食べたニカラグアのフードをシェアしたいと言う熱望か ら、一年以上かけオープンしました。 ニカラグアのフードといえば、どんなものでしょうか。 メニューは、ベイビーコーンにチリやスパイスをまぶした物や、 コーントルティーヤにチーズやミートやシーフードを乗せたもの、 ユッカ・フライや、ワカモレ、チキンミートボールなど、 個人的には、メキシカンに近い気がしました。 気になった、 Chicharroness mixtos  をオーダーすると、シュリンプ・チップスのような、 大きなフライが出て来ました。それを、スペシャル・ ソースにディップして食べるのですが、 すべてのテクスチャーも味も違い、今までに食べた事のない、 スナックでした。 ドリンクは、ラムを中心とするカクテルが豊富で、 フレンドリーなバーテンダーが、 一つ一つ詳しく説明してくれます。ビールもドラフト、ボトル、 ワインはスパニッシュ、南アメリカのワインが揃っています。 壁には大きなグラフィティーがあり、トロピカルな雰囲気で、 グループでも一人でも入りやすいレストラン、バーで、 ブッシュウィックの新しいスポットは既に人で一杯でした。 Chicha cafetin and cocktails  198 Randolph st Brooklyn, NY 718-366-2114 Tue -Sun 5 pm to 4 am https://www.chichanyc.com/ contact/ Yoko Sawai 5/23/2018

Film worker @metrograph

「時計仕掛けのオレンジ」や「シャイニング」などで有名な、 映画監督スタンレー・ キューブリックのアシスタントになったレオン・ ヴィタリに焦点をあてたドキュメンタリー「フィルムワーカー」 が、 2 日限定でメトログラフで上映されました。 私自身は映画には詳しくないのですが、彼は元々俳優で、 キューブリックの、 Barry Lyndon に Lord Bullingdon 役で出演した後、 キューブリックのアシスタントに転向しました。 子役のスカウトをしにアメリカまで行き、彼のコーチをしたり、 ロケーションのリサーチをしたり、スタジオの連絡係をしたり、 ヴィデオ・リリースの復元を指揮したり、 自分も脇役で出演したり、 キューブリックに自分のライフ全てを捧げます。なぜ若い俳優が、 自分のキャリアを捨てて、過酷なフィルム・ ワーカーになったのかを、トニー・ジエラ監督が、 遊び心を入れながら、彼の映画、 TV 出演や情報を元に語っていま す。 ジエラ監督がレオンに出会ったのは、 ジエラ監督がキューブリック のドキュメンタリーを作ろうと、 レオンにインタビューしたのがきっかけでした。 2 人は直ぐに仲良 くなり、ジエラ監督はむしろレオンに興味を持ち、 彼のドキュメンタリーを作ろうと決心します。彼の功績は、 殆どクレジットになっていないし、 彼が生きている内にドキュメンタリーにするのが、 先だと感じたそうです ( キューブリックは既にいないので ) 。 映画監督のアシスタントが、どれだけ大変で過酷なのか、 休みもなくいつでもオンで、もはや奴隷のようなのですが、 彼は自分は全然凄くないと思っていて、 淡々と語る所がリアルでした。 彼へのインタビューと、いろんなキューブリックや映画製作 ( フル ・メタル・ジャケット、シャイニング、アイズ・ワイド・ シャットなど ) のエピソードが登場し、 彼の膨大な数のノートブックやメモ ( ぎっしり書き込まれているも のが数百ある ) 、写真などを参照しながら「 あーこんな事もあったな、忘れてたよ」、 など話が広がっていくのですが、 何よりも彼の真摯な姿勢に心打たれます。 他の関係者の話も出てきますが「僕だったら絶対出来ないけどね」 と、笑い飛ばされていました。 映画上映の後は Q&A が

Honey's Tuesday vol.15 - azumi O E x Twisty BonBon , DJ RF3RD

15 回目のハニーズ・チューズデーは、 新しい試みがたくさんありました。 まず、 DJ RF3RD の、ダンスも出来、チルも出来る、 程よい加減のデトロイト・テクノ、ディープ・ ハウス他のミックス・ジャンルが、フロアへ活気を与えつつ、 良い雰囲気を創ります。 DJ コントローラーを使い、 お客さんの反応を見つつ、一曲一曲丁寧に DJ する彼は、 一度もトイレも行かずに 4 時 間ストレート!お疲れ様でした。 今回は、舞踏ダンサーの おおえあずみさん をスペシャル・ ゲストとしてお迎えしました。ツイスティ・ボンボン&エイベリーの、サウンドとビジュアルが絡みます。 低音のおどろおどろしい音が、インテンスなダンス・ パフォーマンスを刺激し、ショーがスタート。 2 つに挟まれた、 ビニールシートの狭間でダンサーの影が蠢きながら、 体全体で様々な形を創ります。 シートを切り裂いて顔や頭を出したり、 コレオグラフィー的なダンスは、 幾何学的なヴィジュアルと音と交わり加速して行きます。 ライト効果なのか、音効果なのか、ダンス効果なのか、 生のアートが私達の中に侵入してきました。オーディエンスは、 写真やビデオを撮ったり大忙しでしたが、 このレアなコラボレーションに 釘付け & 大喝采でした。 エイベリーが作ったヴィジュアルですが、ドットが鍵盤に落ちてくるイメージでつくられており、実は、実際にそのドットが下方にある四角に落ちた時に、別で接続されている鍵盤を抑えている音が鳴るようにMIDIでシンクしていました 。 エイベリーがプログラミングした、ランダムに音を奏でる"楽器"、でもあったのです。 <これは制作途中のサンプルビデオです。エイベリーがシステムを解説しています。> <ライブのセットアップ> フードは、いつものたこ焼きに加え、ヴィーガン・ ボウルが初登場しました。 4 パワー・グレインとブラウン・ ライス、キノワ、ミレット、バーレイなどが入ったヒジキ・ ライスの上にラディッシュ、椎茸フリッター、ブラックビーン・ ハムス、レッドビーツ・ポケ、スノーピー、 コーンなどが乗ったヴィーガン・ボウルは、 美味しいを通り越してアート、

Honey's Tuesday vol.15 告知

ハッピー・シンコ・デ・マヨ! 皆様舞踏をご存知でしょうか? 日本独自の伝統と前衛の混合形態を持つダンスで、 前衛芸術の一つなのですが、 15 回目のハニーズ・ チューズデーは、舞踏ダンサーのあずみさんをお迎えします。 音楽は、ツイスティー・ボンボン、 映像とミディコントロールプログラミングをエイヴェリーが担当します。滅多に見る機会のない舞踏を、 近くで観るチャンスですので、お見逃しなく。 DJ は、シカゴ・ハウス、デトロイト・テクノなどを得意とする D J RF3RD で、いつもと違ったダンスフロアを提供してくれます。 フードは、いつものたこ焼きに加え、くみこさんのヴィーガン・ ボウルが初出店します。 ハニーズ・チューズデーは、ミード、たこ焼き、 音楽を基本とするイベントですが、毎月、 様々なクリエイターが参加し、ショーケースし、 社交する場ですので、何か面白い事ないかと思っている方、 ミードを嗜みたい方、たこ焼きを食べたい方、ダンスしたい方、 誰でも参加して下さい。それでは、 5/8 にお会いできるのを楽し みにしています。 Yoko Sawai 5/5/2018