Skip to main content

Laura Parnes “Tour without End”

キッチンに、ローラー・パーンズの「ツアー・ウィズアウト・エンド」を見に行きました。
  

NYのダウンタウンミュージック・シーンが好きなら、名前を聞いた事あるであろう、ミュージシャン、アーティスト、パフォーマー達のダイナミックなステージ上から、個人的な面まで、2014年から2018年の間に撮影された、政治的メッセージを含んだドキュメントです。

MGMT、ギャング・ギャング・ダンス、アースイーター、ル・ティグレ、ライト・アサイラム、メン、ジュリー・レイン、ウースター・グループなどのバンド、ベッカ・ブラックウェル、クリスティン・クリフォード、ケンブラ・ファーラー、ネオン・ミュージックなどのアーティスト、パフォーマーの、パフォーマンス、ツアー、オフステージの様子を、インタビュー形式で、15の実在するDIYスペース(サイレント・バーン、ボディ・アキュチュアライズド、ブラック・ベア、シェイ・スタジアム、シークレット・プロジェクト・ロボット、パーティシパント他)や個人宅で撮影されました。その殆どが、もう閉まっていると言うのがNYらしいですが、若者が中心の音楽業界の中で、年老いて行く事などをリアルに映し出し、個人的なショットも盛り込まれているので、ドキッとします。

映画の前、間、後には、JD サムソン(ルティグレ、メン)の新バンド、メーシー・ロッドマン、BB TAU VEEのライブ・パフォーマンスもあり、映画がそのまま続いているようでした。来ている人は、3040オーバーが多く、彼らも実際、映画のスペースに居たことがあるのでしょう。




会場のキッチンは、チェルシーにある、ニューヨークの一番古い非営利スペースで、ダンス、音楽、パフォーマンス、シアター、ビデオ、映画、アート、文学イベントなどを通して、新旧の革新的なアーティストを紹介しています。キッチンは、この国の文化を作る力強い源で、世界中にアーティストを送り出しています。こんな場所がすぐ近くにあるのが、ニューヨークの醍醐味です。


THE KITCHEN
(212) 255-5793 ext. 11
Gallery
Tuesday–Saturday: 11 AM–6 PM

Yoko Sawai
6/15/2018

Comments