Skip to main content

Posts

Showing posts from July, 2018

Ryuchi Sakomoto Coda @ cinema village

私達の時代の重要なミュージシャンの一人、坂本龍一のドキュメンタリー「Coda」を観ました。
https://coda.mubi.com

彼のミュージシャンとして、そして一人の人間としての半生をドキュメントした映画ですが、彼の人間味溢れるキャラクターと音楽への情熱、社会に貢献する姿勢などを学ぶことができます。

2014年6月に咽喉癌の段階3と診断された彼は、7/10に公に公表し治療に専念する事にしました。何ラウンドかの、化学治療を終えた翌年の春、Alejandro González Iñárritu監督から突然電話があり、明日もし可能ならLAに来てくれないか、と言われました。起きたばかりでボーとしていた事もありましたが、休養期間にも関わらず、イエスと答えていました。20代から仕事をし、こんなに長く休んだのは初めてで、仕事をしない事が、悪に感じていた頃で、生命の危険を経験した事で、彼の創造力のモチベーションがより上がり、音への追求が始まります。

津波の被害にあった福島では、現地に赴き、原子力反対の運動に積極的に参加しアイコンとなります。津波の後に生き残ったピアノで、疎開している人達の為にコンサートを開き、災害の後に残ったピアノこそが、自然の調律になっている、と思ったらしいです。物は自然のままが真の姿なわけですが、現代に生きる私達は、それを忘れがちです。

自然の音にこだわる彼は、雨の降る音、鳥が飛び交う音、木がそよぐ音などに反応し、北極に行って水の音を録音したり、大雨の降る日に外に出てバケツを頭から被り音を感じたり、シンバルを持ち込んで、バイオリンの弦をあてたり、コーヒーカップで円を描くように音を出したりなど、音を求め続けます。

彼の昔のバンド、テクノポップのイエロー・マジック・オーケストラのライブ映像や、若かりし日々の坂本さんのインタビューや音楽、そして俳優としても参加している、戦場のメリークリスマスや、ラストエンペラーの映像(オスカー賞を受賞)、昔の東京の映像なども盛り込まれ、色んな想いを馳せる事ができます。

この映画は、威厳としたリンカン・センターで見るのがお約束かと思ったのですが(NYはこの2映画館のみ)、坂本さんの家にも近い、こじんまりしたシネマ・ヴィレッジにしました。ゆるい雰囲気で広告も殆どなく、ソールドアウトにもならず何気におススメです。

Cinema village
22…

Quynh pop up at Boys don’t cry ーローアーイーストサイド

以前、ウィリアムスバーグで、一番ヒップで美味しいベトナムレストラン、Nha Minhをレポートしましたが、シェフのフレッドは、色んな所でポップアップも行なっています。私は彼のフードの大ファンで、彼の最初のお店、havemeyer stにあったNha Toiも週に2、3回通っていました。Nha Minhをオープンしてからも、アートショーは足繁く通っているのですが、辺鄙な場所にあるので、ご飯を食べにいくなら、彼のポップアップに行ってしまいます。 一年ほどプロスペクト・レファーツ・ガーデンズのバー、Erv’s on beekmanでポップアップをして、2度行っているのですが、実は2回とも食べられませんでした。1回目は、バーでイベントをやっていて、イベント用のフードのみしかなく、2回目は週末に行ったのですが、週末はお休みとの事。 なかなか彼のフードにありつけない、と思っていたら、最近は、ローワーイーストサイドのボーイズ・ドント・クライというバーで、ポップアップをやっていると言うではないですか。毎週水曜日というピンポイントなので、きっちり合わせて行って来ました。
ここはJonathan Wuが昔、Fung Tuというモダン・チャイニーズレストランをやっていたのですが、それがNom Wah Tu になり、今はバーのみになり、そこにフレッドのQuynhが入る事になったのです。因みにQuynhは彼の娘の名前です。
水曜日の9時ごろ行くと、バーは殆ど満席で、美味しそうなサマーロールやチキンウィングなどを食べているのを見て、間違いない、と余裕を持ってドリンクしながら、メニューを見ていました。
キッチンにフレッドがいたので、忙しく働く彼に挨拶すると、「早くオーダーしないとなくなるよー」と急かされました。メニューを見つつオーダーするも、サーバーの動きがスローで、21st amendment のスイカビールを飲みながら待つ事30分。フレッドが「ごめん、売り切れちゃった」とすまなそうにバーに現れました。なにー!2回ある事は3回あると言いますが、いつになったら彼のフードが食べられるのでしょうか。彼は、最近フルタイムの仕事を始めたらしく(Nha Minhも経営しつつ)、だから週一回のポップアップらしいのです。ジプシーのようなQuynh。いつまた終わるかわからないが、それ程美味な彼のポップアップは、毎週水曜…

Honey’s Tuesday vol. 17 Dima's Birthday Special

17回目のハニーズ・チューズデーは、常連のDimaのバースデー・スペシャル、と言う事で、彼の才能ある友達が勢揃いしました。

ブルックリンの Room Salon NY のオーナー、 Takeoさんのヘアショーは、真っ白な洋服を着たモデルのShiro ちゃんとダンサー Yokoさん、2人の髪をカットしていきます。プロのヘアドレッサーだけあり、手さばきは鋭く手早く、カットもアバンギャルド。動いている人の髪を切るなんて、難しそうなのに、Takeoさんは、踊るようにカット&スタイリングしていくのです。もはやマジック。音楽はTwisty bonbonで、パフォーマンスを盛り上げる、ヘビーでダークな、ダンス・ミュージックが背後に流れます。


photo: Hayato Takahashi @p.hayato


photo: Hayato Takahashi @p.hayato


photo: Hayato Takahashi @p.hayato

photo: Hayato Takahashi @p.hayato

photo: Hayato Takahashi @p.hayato


photo: Hayato Takahashi @p.hayato



photo: Hayato Takahashi @p.hayato

最後に、今日の主役のDimaの髪をスタイルをし、バースデーケーキが登場しました。 photo: Hayato Takahashi @p.hayato
photo: Hayato Takahashi @p.hayato
photo: Hayato Takahashi @p.hayato