Skip to main content

番外編 Lorimer Kyoto (ロリマー京都)- 京都

Lorimer Kyoto 



以前、Okonomi, Yuji Ramen, Osakanaのチームの新しいお店、京都寿司のOkozushi

http://www.4533nyc.com/2018/06/okozushi.html?m=1

を紹介しましたが、彼らは、京都に、Lorimer Kyotoをオープンしました。

一汁三菜の朝食があり、お魚をさばくクラスがあったりと、基本はOkonomi/ Osakana の日本バージョンです。日本が本場の朝食/お魚を、ブルックリンから日本人が逆輸入して、珍しいのでしょうか、と思いますが、京都と言えば、観光地人気ナンバーワン。日本の文化に触れ、学びたい外国人、在日の方は沢山いますので、それを英語で伝えてくれるのは、ありがたい事なのです。


京都駅からほとんど一本道なので、あまり迷う事なく、通りには、昔ながらの旅館やホテルが沢山あります。それぞれ後から付けたであろう、英語表記も付いています。







1時前に着くと、すでに西京焼きや焼き魚は売り切れで、刺身しか残っていませんでした。1Fがカウンター6席、4人がけテーブルが一つ、2Fが3テーブルほどありました。ブルックリンのお店より、大きいです。


一汁三菜が1500円、一汁五菜が2000円で、お魚、野菜3種か5種、ご飯、味噌汁が付いて来ます。ブルックリンでは、最初$15ぐらいだったのが、今は$30ぐらいしますので、少しお手頃なのでしょうか。ハマチのお刺身を頂きましたが、お魚の新鮮さ、付け合わせの白髪ねぎ、みょうが、大葉、菊の花がよく合い、ご飯の美味しさ、野菜、卵焼きなど、バランスが完璧でした。この辺りは旅館が多いのに、きちんとした日本の朝食を出す所が少ないのだそうで、いつも満員らしいです。この日は、隣で包丁研ぎのクラスもやっていました。包丁を買っても、メンテナンスしなければ長く持たないので、このクラスを始めたそうですが、私が朝食を食べている横で、包丁研ぎを試しているのを見て、知らないことばかりだと、私もクラスを受けたくなりました。包丁の研ぎ方を覚え、包丁込みで20,000円弱は、お値打ちだと思います。きっと長く使える事でしょう。




ハマチ刺身





包丁研ぎクラス




メニュー



ブルックリンから日本の文化を京都で伝える。不思議ですが、朝食を食べながら、日本の外に出て初めて、日本の文化の良さがわかり、伝承したくなる気持ちが分かりました。






タイ刺身



Lorimer Kyoto

143 hashizumecho Shimogyo-ku Kyoto shi Kyoto fu 600-8187 Japan

Mon-fri 7:30 am-2:30 pm

Sat, sun 8:30 am -3:30 pm

Close on wed

https://www.lorimerkyoto.com



By http://4533studio.nyc/

Comments