Skip to main content

Ditch kills(ダッチ・キルズ)-LIC & Fresh kills bar (フレッシュ・キルズ・バー)-ウィリアムバーグ

Ditch Kills (LIC) & Fresh Kills bar (Williamsburg)



いつもダイブバーに通っていると、たまにはゆったりしながら、複雑で美味しいカクテルを嗜みたい所です。


カクテルで有名なのは、ロングアイランド・シティのダッチ・キルズhttps://www.dutchkillsbar.com

2009年にオープンして以来、マンハッタンでもブルックリンでもないのに、通はわざわざ足を運びます。キルとはオランダ語で小さな流れという意味で、ダッチキルズStの隣にあるのでこういう名前なのでしょうか。


ファーム・ハウスやストリップ・クラブなどしかないストリートにぽつんとあり、小さなサインの茶色のドアを開けると、アール・デコな内装と、ウッディな優しい雰囲気が迎えてくれます。

ここで頼むのはもちろんカクテルですが、メニューは沢山あるにも関わらず、甘い、酸っぱい、アルコールキツめ、リフレッシュなど、今日の気分でリクエストすると、教養あるバーテンダーが「クラフト」カクテルを作ってくれます。













ダッチ・キルズはカクテルで有名ですが、もっと有名なのは、彼らは、マンハッタンやブルックリンなどのファンシー・カクテルバーに、アイスを卸しているのです。

http://www.hundredweightice.com

カクテルにはアイスが命です。大きな四角のアイスだったり、まん丸だったり、クラッシュだったり、ハイボール用だったり、カクテル毎にグラスもガーニッシュもアイスも変わり、グラスもキチンと冷えています。それをゆっくり飲みながら、アイスが溶けて行く事も計算済みなのです。ここまで来ると化学の実験です。


そんなダッチ・キルズは、ウィリアムスバーグにスペースを90年後半から持っていて、コマーシャル・スペースとして使っていましたが、2016年にフレッシュ・キルズ・バーとしてオープンしました。カクテル・セレクションは20ほどあり、アルコールが弱い人のためにローアルコール・カクテルもあります。私は、ラデバーガーをオーダしましたが、なぜか出てきたのは、バーボン・ガン・クラブ。バーボンベースに、レモン、ハニーなどの柑橘類、シナモン、ふわふわ卵白が乗った甘酸っぱいカクテルでした。バーテンダーは、どんなものが好きか聞いてくれ、数ある材料を選び、サラリと一杯作ってくれます。これとこれが合わさるとこういう味になる、と把握していないと出来ない神業でした。












ロングアイランド・シティ、ウィリアムスバーグに行くことがあれば、是非トライしてみて下さい。違うレベルの(化学)ドリンクが楽しめます。


Dutch kills bar

2724 Jackson ave

Lic

718-383-2724

Mon-Sun 5:00 pm - 2:00 am

https://www.dutchkillsbar.com


Fresh kills bar

161 grand st

Brooklyn,NY 11249

718-599-7888

Mon-Thu 5:00 pm - 2:00 am

Fri 5:00 pm - 3:00 am

Sat 2:00 pm - 3:00 am

Sun 2:00 pm - 2:00 am

http://www.freshkillsbar.com


Yoko Sawai 

10/13/2018

http://4533studio.nyc/

Comments