Skip to main content

Posts

Showing posts from 2019

Aeon books (エーオン・ブックス)-ローアーイーストサイド

Aeon books (エーオン・ブックス)-ローアーイーストサイド

最近本屋さんが増えています。大きなコーポレートではなく、インディペンデントな本屋さんです。私の住んでいるウィリアムバーグのロリマーには、駅近くから数ブロックの間に、4つも本屋さんがあります。
Desert islandhttp://desertislandcomics.tumblr.com
Quimby’s bookstore NYC https://quimbysnyc.com
Ben’s bookshttps://www.yelp.com/biz/bens-books-brooklyn
High valley bookshttps://www.highvalleybooks.com

ウィリアムバーグのspoonbill & sugartown やノリータのMcNally Jacksonも第2号店をオープンしていますし、今本屋は熱いです。










そしてローアーイーストサイドにも、Aeon Booksという新しい本屋さんがあります。2018年8月にオープンで、文学、アート、哲学、オカルト、音楽など、オーナーのセレクトしたセンスある本が並びます。そこで2/19に、詩人、ライター、出版者で、Wallace Bermanという有名なアーティストを父に持つ、Tosh Bermanの回想録のリリース/リーディングパーティが行われました。モデレーターは、出版者、ライターのRaymond Foye。小さな本屋さんに、何処からか人が集まり満席の中、ToshとRaymondは、Toshの父、子供の頃のエピソードなど(誰が家に来たり、誰かがベビーシッターで、どちらも著名人)など、ほーっと唸る事を、ジョークを交えながら、さらっと話していました。店員さんもお客さんも、食い入るように見入っていて、wallanceさんのエピソードを聞くのが楽しいようで、彼の偉大さを感じたり、終わった後は、本にサインを書いて貰う列が出来ていました。NYは、他にもMcNally Jackson, MoMA PS1 でイベントがあるようです。

















Aeon Booksは不定期に、ブックリリースや音楽イベントをホストしているようで、何かのついででも、ふらっと立ち寄るにも、いい塩梅のお店です。ディスプレイされた本は、ハードカバーが殆どですが、新品と中古どちらもありま…

Nakamura (ナカムラ)-ローアーイーストサイド

Nakamura (ナカムラ)-ローアーイーストサイド
最近立て続けに、ヌードルづいていますが、NYは美味しいヌードルの宝庫です。ショーに行く前や帰りにサクッと寄って食べる事が出来る優秀食。ラーメンが嫌いな人を、聞いたことがありません。


サンヌードルと言う、USラーメン製造会社とパートナーを組んだ、Raman labと言うラーメン・ポップアップがノリータにありました。沢山のシェフが入れ替わりラーメンを作り、いつも行列が出来ていました。そこで良い批評を得たのが、22歳で最初のラーメン屋をオープンして、17年の経歴がある、ナカムラシゲトシさんのラーメンで、2016年にローアーイーストサイドにナカムラをオープンしました。









ラーメンは、鶏ガラ(醤油ベース、チキンブロス)、トリュフ味噌(味噌ベース、ヴィーガン)、トントロ(醤油ベース、ポークブロス)、ゆずだし(塩ベース、チキンブロス)など8種類と、まぜ麺2種類があります。その他、四川チリキュウリ、ゆずチキンウィング、柚子キャベツ、フライドシシトウなどのアパタイザーや、サイドにチャーシューや味玉などもあります。


鶏ガラ

豚トロ



鶏ガラは、味が複雑で、手間暇かけられ、豚トロは、クリーミーで濃いのですが、全くもたれず、最後の一滴まで残らず頂けます。周りを見ると、鶏ガラが人気の様でしたが、ヴィーガンの味噌ベースが、出ている気がしました。やはり野菜ベースが人気なのですね。3年前にオープンしたのに、まだ30分ほど待ちました。平日でこれですから、週末はもっとなのでしょう。そしてお隣には、混ぜ麺専門のNicheもオープンしていますので、こちらも機会があれば是非。ラーメン人気はまだまだ続きます。

Nakamura
172 Delaney stNew York, Ny 10002212-614-1810Mon-Sat: 11:30 am -11:30 pmhttp://www.nakamuranyc.com

Niche http://www.nakamuranyc.com/niche
Yoko Sawai2/20/2019Byhttp://4533studio.nyc/
What’s honeys tuesday:
http://4533studio.nyc/honeystuesday.html

Ramen Mafia (ラーメン・マフィア)ーグリーンポイント

Ramen Mafia (ラーメン・マフィア)ーグリーンポイント

名前を見て、ムーーーと思いますが、グリーンポイントに、2018年8月にオープンしたのがラーメン・マフィア。





Greenpoint ave駅からワンブロックの便利な場所にあります。アメリカン・フラッグが目に入る店内には、”I didn’t choose the ramen life. The ramen life chose me”と掛け軸がかかっています。ラーメンの種類は6種類で、Franklin St Soy フランクリン・ストリート・ソイ(ダック&チキンストック、エッグトリュフオイル、フジポーク、しいたけ、ゆで卵、ネギ、ノリ)は、フュージョンしょうゆ味、Hot n spicy miso tsukune chickenホットアンドスパイシー味噌つくねチキンは、スープが真っ赤でどんなにスパイシーかと思いましたが、それ程でもなく、ちょっと辛めの味噌ラーメンでした。その他、OX white オックス・ホワイト(沖縄シーソルトベース、オックステイル&ボーンマロウ・ストック、タケノコ、ビーフブリスケット、ゆで卵、カリフラワー)、Vegetarian slurp ベジタリアン・スラープ(全粒小麦ヌードル、タケノコ、トマト、ロースト・アーモンド)などがあります。ブラック・メタルラーメン(黒色)、ピギーパーティ(チャーシューメイン)などを特別に作ったり、ジャンキー、冒険系ラーメンで、正統派が好きな人には??かもしれませんが、美味しいものが好き、という情熱は伝わります。







枝豆、ジンジャーチキン・ポット・スティッカーズ、グリルド・タイガーシュリンプ、ししとうペッパーなどの肉食系中心アパタイザーもあります。ラーメンは$14-$19、アパタイザーは$4-$14。






アメリカ人がラーメンを作るとこうなる、と言う見本のようなメニューで、発想が新鮮で、たっぷり楽しめます。こちらもBYOB なので、アルコール類は持ち込みです。

Ramen mafia208 Franklin St Brooklyn,NY 11221347-599-1212Tue-thu 12 pm-2:30pm, 5 pm -10:30 pmFri 12 pm-2:30pm, 5 pm -11pmSat 12 pm -11 pmSun 12 pm -10 pm

Yoko Sa…

Hanon (波音) - ウィリアムバーグ

Hanon (波音)
ウィリアムバーグのロリマー駅を降りてすぐにあったDumontは、2001年にオープンの、みんなに愛されたニューアメリカン・レストランでした。https://forgotten-ny.com/2015/08/dumont-survivor-williamsburg/
その後、デュモント・バーガーhttp://www.dumontburgerbrooklyn.comと裾を分けたり、オーナーが自殺したりと色々あり、2014年から、その場所は空き家のままでした。毎日駅を降りるたび「Dumont」のサインが虚しく残っているのを見て、いつになったら、新しい店舗が入るのかと思っていました。
2月の上旬、その場所にようやくうどん屋さんが入ると聞きました。日本のプロダクションカンパニーのロックンロールジャパンと、世界一薄いコンドームでお馴染みのサガミラバーという、ユニークな2つの会社がオーナーです。彼らは、鎌倉にお店を持ち、NY店は、イーストビレッジの居酒屋、ローアーイーストサイドのDavelleのオーナーの金山雄大さんをリクルートし、NYのうどん大冒険に出ました。



Hanonには、全粒粉(Zenryufun)とグリーン笹打打ち(green Sasauchi)の2種類のうどんがあります。いろんな種類の小麦粉を使い、たけのこ、若い大麦の葉などを加え、緑色になります。うどんは温と冷があり、天ぷら、かき揚げ、鳥キノコ、肉、梅昆布、とろろなどの定番から、サラダ、明太子、ウニなどの変わり種まで、20種類ほどありました。私がオーダーしたきつねうどんは、手作り揚げ豆腐、天かす、ネギ、レモン、グリーンなどが乗っていて、出汁の味は、NY1といっても過言でないくらい、思わず無口になりました。









アぺタイザーには、枝豆、ゴボウの丸太揚げ、キャベツステーキ、豚の角煮、唐揚げ、サラダなど、ハーフの天丼、牛丼など、居酒屋としても使えます。



ドリンクは、まだアルコールはないのですが、ほうじ茶、煎茶、オレンジジュース、ラムネ、ペレグリーノなどのソフトドリンクがあります。






店内は白を基調に、ウッド系のテーブルとイス、現代アートでゆったりした雰囲気、広いバックヤードもあるので夏が楽しみです。カウンターもあるので、1人でふらりと立ち寄るのも良いですし、ウィリアムスバーグに、モダンな日本食レストランが加わったのは、…

Honey’s tuesday vol. 24 2/12/19 Cody Boyse & Dan Catucci DJ: Prince Klassen, Twisty bonbonレポート

Honey’s tuesday vol. 242/12/19Cody Boyse & Dan CatucciDJ: Prince Klassen, Twisty bonbonレポート


2019年第2回のハニーズ・チューズデーは、雪雨に見舞われましたが、沢山の人にお越しいただきました。8時オープンなのですが、それより前に来て、待っている方もいらっしゃいました。





この日は、我が4533studioのたこ焼きイヤリングのオフィシャルデビュー日で、沢山の人に手に取って頂きました。たこ焼き、タコ(赤、ピンク、紫、オレンジ)など、バラエティもありますので、欲しい方は4533nyc@gmail.comまで。$5で、$5イヤリングもあります。希望の方にはネックレスにも出来ます。






オープニングDJは、我らがツイスティボンボンで、60年代、ポップ、ロック、エレクトロ、懐メロ系をミックスし、フロアを温めてくれました。同時にヴィジュアルも、連動しています。



お客様も集まった所で、Cody Boyse(ギター&ハープ) & Dan Catucci(ドラム)のデュオが、マスロック、スペースロック系のインプロヴァイズ音楽を、フロアに響かせ、ハニーズのバックスペースを宇宙空間へと誘います。ミラーボールが周り、スポットライトが照らされ、轟くドラムと、踊るようなギターとハープが、音を紡ぎヒートアップして行きます。オーディエンスは、踊りながら、音楽に聞き入っていました。ハニーズに丁度良いアクトでした。









そして後半は、ソウル、ファンク、ディスコ、シティポップなど7インチのみのDJ: Prince Klassenの登場です。エースホテルやワイスホテル、ブッシュウィックのバーなどでDJする彼の腕前は確かで、音も選曲も、申し分なく、フロアはダンスパーティーに早変わり。ミラーボールとヴィジュアルが、より場を盛り上げてくれました。









フードはいつものたこ焼き、同じ人が6皿も購入してくれたりと、地道に新しいファンを獲得しています。また、笹の葉に包まれたちまきおにぎり、ポークシュウマイ、青菜炒め、柚子大根のルナイヤー・ハーティーボウルも人気でした。


そして、バーでは可愛いハニーズ・バーテンダーのアリソンが大忙しでした。次回の2周年記念のカクテルのサンプルを作ったり、4533studioの、たこ焼きイヤリングのモデルに…