Skip to main content

Cafe rue dix (カフェ・ルー・ディックス)ークラウンハイツ


Cafe rue dix (カフェ・ルー・ディックス)ークラウンハイツ


NYは、地域によって様々な人種が住んでいるので、違う地域に行くと彼らの料理が食べる事が出来、それだけで世界旅行した気分になります。クラウンハイツは、昔はアフリカン・アメリカン、カリビアン・アメリカンなどが住む地域でしたが、最近の開発は、ウィリアムスバーグやグリーンポイントを凌ぐほど盛んで、新しい人々が移り住んでいます。ブルックリン・ミュージアム、ボタニック・ガーデン、プロスペクト・パークなどのランドマークがあり、レイバーディには、かの有名なウエスト・インディアン・カーニバルhttp://wiadcacarnival.orgがあり(人が亡くなる事もニュースになりますが)、ナイトライフが好きなら、ビアガーデンのberg’nhttps://www.bergn.comや、ダンスクラブ/バーのフレンズ・アンド・ラバーズhttp://www.fnlbk.comがあったりと、観光にもアンダーグラウンドにも、使える地域です。







今回は、セネガルーフレンチ料理を出す、カフェ・ルー・ディックスを紹介します。アフリカ大陸の西に位置するセネガルは、昔フランス領だった事もあり、フランス料理の影響も強く受けています。セネガル風スプリング・ロール、オクトパス・サラダ(オクトパスは欠かせません!)、ビーフシチュー、セネガルの代表料理の魚炊き込みご飯を頼んでみましたが、スプリングロールは、ケールに包んでディップし(フレッドのベトナムクレープのアイディアに似てますね)、タコは、大きくモチモチして、弾力バツグンなのですが柔らかく、ビーフシチューは、よく味付けされた肉の味がプレーンのクスクスにあい、セネガルの国民食の魚の炊き込みご飯は、魚の出汁で味付けされたクスクスが大活躍でした。白味魚とスイートポテト、玉ねぎの付け合わせもナイスコンビでした。















ここはカクテルも売りで、カクテルバーとして使えるほど、美味しいカクテルが揃っています。その他は、ビール、ワイン、ハードリカーなど、

お酒がダメな人には、キューカンバー・レモネード、シアントロ・ライムエイドなどのモックテルもあります。


一人でバーに座るのも良し、グループでテーブルでも良し、フレンドリーなサーバーが、セネガル料理について詳しく説明してくれます。アフリカン柄のカーテンも可愛いです。



Cafe rue dix

1451 Bedford ave

Brooklyn, NY 11216

929-234-2543

Mon-Thu 9:00 am - 11:00 pm

Fri-Sat 9:00 am - 12:00 am

Sun 9:00 am - 10:00 pm

https://www.caferuedix.com/



3/17/2019

Yoko Sawai


By

http://4533studio.nyc/


What’s honeys tuesday:


http://4533studio.nyc/honeystuesday.html


Comments